大きくする 標準 小さくする

特許庁と情報通信研究機構が自動翻訳の精度向上に向けて協力

2014/08/25

特許庁と情報通信研究機構が自動翻訳の精度向上に向けて協力

 
                   情報提供 : Books and Rights Marketplace


2014.08.06   特許庁と情報通信研究機構が自動翻訳の精度向上に向けて協力
  
特許庁 (JPO) と独立行政法人情報通信研究機構 (NICT) は、多言語の特許文献を日本語へ自動翻訳する必要性が高まっていることを受け、自動翻訳の精度向上に向けて協力することに合意した、と発表しました。特許庁が原語文献を収集し、それをもとにNICTが自動翻訳の精度向上策を検討するということです。
 経済産業省のニュースリリースによると、この合意に至った背景には、従来から件数が多かった欧米の特許出願に加え、近年には中国や韓国を始めとする非欧州諸国からの出願増加が著しく、外国語特許文献の調査の必要性がますます増大していることがあるようです。外国語特許文献を人手で翻訳して調査するにはコスト面で限界があり、今後こうした調査するための環境を整備していくにあたり、高精度な機械翻訳の活用が不可欠だということです。
 対象は、英語や中国語、韓国語に加え、特許出願件数の多いドイツ語やフランス語、ロシア語、ASEAN言語で、特に急がれるタイ語やベトナム語、インドネシア語については、原語文献の収集方法を今年度中に調査し、機械翻訳の精度向上策は来年度に検討を進めるということです。英語の特許文献については、検索分類(キー)の多元化など高度な検索システムの導入や翻訳の不備についての情報共有など、翻訳品質の向上を検証します。
 こうした協力は、民間の特許文献機械翻訳サービスの高品質化や特許審査の効率化などが期待されます。また特許庁は、NICTとの協力関係だけではなく他の研究機関や民間企業との間でも同様の協力の可能性を検討しているということで、外国語特許文献の調査環境はさらに整備されていくものと思われます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000086-mycomj-sci
http://www.meti.go.jp/press/2014/07/20140728002/20140728002.html
 
http://www.bookandright.com/news_event.php?reg_type=news_event&rid=514
 
 
2014.08.06  JPO and NICT collaborate to improve the accuracy of automated translation
 
 The Japan Patent Office (JPO) and National Institute of Information and Communications Technology (NICT) announced that they have agreed to collaborate to improve the accuracy of automated translation systems in response to an increased need for automated translation of foreign patent documents. JPO will collect applications in the original language, and NICT will review them and discuss the ways of improving the accuracy of automated translations.
 According to a news release by the Ministry of Economy, Trade and Industry, many patent applications from western countries have been filed so far, and the numbers of patent applications from non-western countries, including China and South Korea, have significantly increased. As for the background of the agreement, those increased patent applications raise the research needs of foreign patent documents.
There is a limit on the translator costs for the research of those foreign patent documents. In order to develop the research environment, JPO and NICT believe that the use of a high-accuracy automated translation system would be essential.
 The targeted languages are German, French, Russian and ASEAN languages that have a high number of patent applications, as well as Chinese and Korean. Collecting applications in Thai, Vietnamese and Indonesian, which are also in line, will be researched this financial year, and improving the accuracy of automated translation systems will be discussed during the next financial year. They will examine the possibility of translation quality improvement for English patent documents through high-level search systems and sharing information about translation errors.
 The collaboration would be expected to lead high-quality translation services by private sectors and efficient patent examinations. JPO is addressing the potential for the same kind of collaborations with other research institutes and private companies as well as NICT, and the research environment for foreign patent documents will be further developed.
 

http://www.nict.go.jp/en/
 
http://www.bookandright.com/news_event.php?reg_type=news_event&rid=514
 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

【連載】BRM NEWS

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】