大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • 翻訳者インタビュー
  • 【著者×翻訳者対談(日本語・English)】『バッドキャットートップハットでダンス』トレーシー=リー・マクギネス=ケリーさん×呉藤加代子さん

【著者×翻訳者対談(日本語・English)】『バッドキャットートップハットでダンス』トレーシー=リー・マクギネス=ケリーさん×呉藤加代子さん

2019/07/22


 
連載226回目、722日号では、
絵本
『バッドキャット- トップハットでダンス』
著者:トレーシー=リー・マクギネス=ケリーさん×翻訳者:呉藤加代子さん
豪華対談記事を日本語・
Englishでご紹介します。

英語でのご対談、日本語訳もすべて翻訳者 呉藤加代子さんによる、

夢の対談が実現しました❕

Message 画像もクリック❕6月7日号掲載
トレーシー=リー・マクギネス=ケリーさん
  
日本の読者のみなさまへのメッセージ


ぜひ、お楽しみ下さい!



 
呉藤 Q1
絵本を見た時、なんて可愛い猫なんだろうと思いました。
小生意気な表情ですが、蝶ネクタイ姿に英国紳士を意識している感じもします。モデルはいますか?


トレーシー A1
バッドキャットはもともと、魔女猫というアイデアだったの。
コメディーチックな行動をした自分の影といったほんの些細なことでも怖がるような臆病者で、
自分自身もラッキーな、ラッキー黒猫。

それから、とっても楽しくて小生意気な、自由で元気いっぱいの野良猫に進化したの。
思いがけず良い方向に作用した結果ね。

また、誰かがちょっと違うことをすると、人はすぐに違うと判断しがちだけど、
それは間違いだってことの証明にもなって良かったわ。


 


呉藤 Q2

この物語は、どんなところから発想を得て描きあげたのですか? 

トレーシー A2

私はニューヨークで素晴らしい編集者シンディー・イーガンに出会ったの。
ショーでバッドキャットのイラストを見て、そのキャラクターは誰?って尋ねられたのが始まり。
その時点ではまだ物語になっていなくて、今思えばどうやって切り抜けたのかよく覚えていないんだけど、
頭の中にあったバッドキャットのストーリーが溢れ出て、彼女にスラスラ語っていたわ。


シンディはその物語を気に入ってくれて、本2冊の契約をしたの。
作家としての初仕事だったから、文章がより良くなるよう一緒に取り組んでくれた。
絵がストーリーの大半を語るよう、文章はエッセンスだけで最小限にって教えてくれたわ。

バッドキャットは、キャラクターが際立つ野良猫で、飼い慣らされていない大都会の一匹オオカミ。
彼が行動するといつもトラブルに巻き込まれ、すぐに逃げ去るの。{なぜって、トラブルが嫌だから}

彼が行動するといつも良いことが起こって、みんな彼にその場にいて欲しいって思ってしまう。
彼が周りにいるときはいつだって退屈しないし、バッドキャットはつい喜びや幸せをもたらさずには
いられないの。でも長い時間うろちょろすることはないのよ。
それは、速いペースのドタバタ劇的でグルーヴィーなコメディを感じさせる。
まるでチャーリーチャップリンのようにね。

私は鉛筆でスケッチ画を描いてマックでスキャンし、ワコムペンを使ってフォトショップでイラストを描きあげるの。
彩色したたくさんのパーツとラフ絵をコラージュのように組み合わせるのよ。

いつの日か、それがアニメ化されることを心に留めながらね。




呉藤 Q3

物語の舞台は当時暮らしていたニューヨークとのことですが、当時の暮らしぶりはどんな感じでしたか?
また大都会のニューヨークはトレーシーさんにどんな影響を及ぼしました


トレーシー A3

私たちはブルックリンのロフトスタジオに住んでいて、そのエリアには、ニューヨークシティが持つ
魔法のようなパワーを体現するかのようなクリエイターたちがたくさんいたわ。
街はいつも騒ついていて、五感が研ぎ澄まされた。
マンウォッチングは楽しい気晴らしで、色とりどりのキャラクターの宝庫!

どうやってニューヨークで人と出会い、一緒に人生の時を過ごすかということを
バッドキャットの中に投影したの。でも、二度と会うことはないのよ。そこは一時的な場所だから。

両端でろうそくを燃やすしかないし、結局ほんのわずかな平和と静けさを味わうしかないの。
それは、圧倒的に刺激的よ。
私はそこにいたからこそ、バッドキャットと
Big Stinky(ビッグスティンキー=ゴミ箱のような大都市)を
創作することができたと思う。


呉藤 Q4
私は長い独身時代を、白黒の雄猫2匹と過ごしました。なぜ猫を題材にした絵本なのですか?

トレーシー A4

私は、独立した真の生存者として猫を描くのが好き。
大都会の通りに住むことから、何があってもハツラツとして前向きで生命力にあふれた愛すべき野良猫という
キャラクターを思い描いては、頭の中であれこれ遊んだわ。 彼は、歌ったり詩を書いたりするアート猫。


かっこいい猫よ。

    

呉藤 Q5

わたしは猫好きで、猫のちょっと小生意気な表情や仕草が可愛くて大好き。
とっても生き生きした表現から、トレーシーさんもおそらく猫好きだと思います。


トレーシー A5

そう、猫が大好き。彼らは素晴らしいキャラクターで、人ととても上手くコミュニケーションする。
犬も大好きで、ザベジーという美しい犬を飼っているの。 私は動物と自然が大好きよ。


呉藤 Q6

私は世の中の「楽しいこと」「素晴らしい事・人」を多くの人に伝えたくてライターをしてきました。
トレーシーさんがイラストレーターになった理由は?


トレーシー A6

私は若い頃から、物語やキャラクターがいっぱい描かれた詳細な漫画を創作するのが大好きだった。
それが、不安感を忘れさせてくれるたった一つの方法だったの。
架空の世界を創造することに大きな喜びを感じ、みんなが私の作品を楽しんでくれていると
感じられることがとても幸せよ。
私にとってとても重要なことね。 色もまた、私の仕事に重要な役割を果たしているの。

私は、人々を喜ばせるあなたのように自分の仕事で人々を幸せにしたいし、
世界共通語で世界中の人々に幸せが届くことを望んでいるわ。

たとえ言葉で語らなくても、たとえ理解できなくても、物語を伝えることができるイラストが好きね。


呉藤 Q7

この絵本を完成させるうえで苦労した点はありますか? 

トレーシー A7

最初にそれぞれのシーンを創作しなければならない時、各シーンの絵に継続性を持たせるのが大変。
私は、いつかそれらがアニメになるかもしれないと思って絵を創作しているから。
執筆は、さらに難しいと感じるわ。


呉藤 Q8

どのページが一番お気に入りですか?

トレーシー A8

いろんなキャラクターや建物やモチーフがいっぱい詰まった導入のページBig Stinkyかしら。
数人の 読者が気づいてくれるよう、絵にいろんな仕掛けを散りばめているの。

 私の家族や友人も群衆の中にいるわ。 またバッドキャットの歌づくりにもハマっちゃって、
各シーンをどう締めくくろうか格闘したのが楽しかったわね。


呉藤 Q9

私は日本の地方都市で生まれ育ち、今も暮らしています。
生まれ故郷のマープルはどんな街ですか?
また、今暮らしているマンチェスターの魅力についても教えてください。


トレーシー A9

故郷のマープルは、ピーク地区と呼ばれる美しい国立公園の端にあるの。
豊かな緑が広がっていて、私は丘陵地がお気に入り。
森の中を愛犬ザベジーと一緒に散歩するのが大好きで、私にとっては自然や古代の樹々と
触れ合うことがとっても大切なの。


呉藤 Q10

私はパソコンで仕事をする時はいつもコーヒーを飲んでいます。
英国人は1日に6回、紅茶を飲むと言われますが、仕事中もやはり紅茶ですか? 


トレーシー A10

1日のはじまりはコーヒーだけど、そうね、紅茶は大好きで毎日少なくとも6杯は飲むわ。
紅茶を熱々に保つ特別な磁器カップを持っていて、濃く淹れるのが好きね。


呉藤 Q11

最後に日本の読者にひと言お願いします。 

トレーシー A11

バッドキャットが日本で元気に生きていることが、とても嬉しい。
子供たちからのメッセージや彼らからの絵をぜひ見てみたいわ。
バッドキャットのことをより楽しんでもらえたら嬉しいし、私は新しい冒険にも着手しているの。
いつかアニメにして、さらに生き生きしたバッドキャットをお届けできることを願っているわ。



<著者プロフィール>
トレーシー=リー・マクギネス=ケリー(Tracy-Lee McGuinness-Kelly)
イギリス・マープル出身。大学でイラストを学び、90年代に渡米。
イラストレーターとして数々の有名企業の仕事を手がけて帰国。
ニューヨークで活動中に出版された絵本「Bad Cat」「Bad Cat puts on his top hat」が高い評価を受け、「Bad Cat」は日本語、韓国語、ポルトガル語に翻訳されている。
帰国後は、マンチェスター・マープルにあるヴィクトリア時代の真綿工場をリノベーションしたアトリエで創作活動を続ける。


オフィシャル・ウェブサイト(Official Website)
http://www.teeleedesign.com/home.html


<訳者プロフィール>

呉藤 加代子(ごとう かよこ)
大分県出身。コピーライター。大学卒業後に社会人生活を経て渡英。
広告や雑誌等の仕事に携わるいっぽう、英国のデザイナーやイラストレーターの作品を日本に紹介する活動を続けている。
訳書に絵本『だってたのしくたべたいんだもん!』、
著書に歌集『ミスティー』、猫エッセー『あー腹減った!』など。


 


 




G(呉藤Question)、T(トレーシーAnswer

G1

When I had the book in my hand, I was attracted to the pictures. Bad Cat is
so lovely! He is cheeky, but always wears a bow tie like British gentlemen.
Did you have a model for BC (Bad Cat)?   


T1

Bad Cat was originally an idea of a witches cat, a scaredy cat frightened by the slightest thing even his own shadow comedically out of character. also a lucky black cat that is lucky himself.

Then he evolved into a free spirited stray cat with a fun, cheeky and spontaneous character. serendipitously a catalyst for good.
Also the idea people who are too quick to judge someone who is different
and it’s great to prove them wrong.



G2

What was the inspiration for the story and the illustration?

T2

I met a fantastic editor Cindy Eagan in New York who on seeing an illustration of Bad Cat at the New York licensing show asked me who the character was? At this point it was not written down I don’t know how I did it but I was able to tell her the story of Bad Cat off the top of my head it was all in there bursting to get out!

Cindy the editor loved it enough to offer me a two book contract. She worked closely with me on developing the writing as I was a first time author, she taught me how to boil down the words to their absolute minimum to get the essence of the story as the pictures did most of the story telling already.

Bad Cat is a character that is street wise, his own person, not domesticated in 
any way, a loner in a big city, his spontaneous actions always  at first get him in to trouble then when he has ran away [because he really does not want any trouble ]
some good has always come from his actions and the people who judged him don’t want him to go .Never a dull moment when he is around he cannot help causing joy and happiness. but never hangs around long enough to find out.
It has a fast paced slapstick  groovy comedy feel about it too. 
Bad Cat also reminds me a little bit of Charlie Chaplin.

I made the sketches in pencil ,then scan them in to my mac and build the illustrations in photoshop drawing with a wacom pen, I scan lots of painted textures and doodles and combine them in a collage style.
I always keep in my mind that one day it will be animated.


G3

I understand this story's stage was New York where you lived there sometime ago. How were you going on with your work and daily life? 

How did a big city like New York give special influence to you?


T3

We lived in a loft studio in Brooklyn the area was full of creative people who I feel are responsible for the magic that exists in New York City. The city is buzzing and is a feast for the senses. people watching is an amazing pastime in the city so many colourful characters!

This reflects in Bad Cat also how you can meet a person in new york and have the time of your life with them and you will never see them again. It is a transient place.

You cannot help but burn the candle at both ends and eventually you must have some peace and quiet. it can be overwhelmingly stimulating.

I absorbed so much when i was there that helped me create Bad Cat and the Big Stinky.



G4

Why did you create picture books about cat? I lived with two lovely cats which had black and white hair when I was single. 

T4

I love the way cats are very independent real survivors so I played with the idea of a lovable stray cat a character who from living in street of a big city has become very resilient and maintains a positive and hopeful outlook. He’s an art cat he sings and writes poetry.

A cool cat.


G5
I imagine that
you love cats. because you illustrated BC that were so lively. I love cats. They are little bit cheeky but that is so lovely! 

T5

Yes I love cats they have amazing characters and communicate so well with humans. 
 I also love dogs I have a beautiful dog called Zebedee. I’m a lover of animals and nature.


G6

How have you been motivated to become an illustrator? A writer as myself, I would like to spread and share about lots of ‘delightful things’, ‘wonderful things’, and ‘wonderful people’ in the world.

T6

I have always from a very young age loved to create detailed cartoon like pictures full of stories and characters it was my way to forget my worries. I find great pleasure in creating imaginary worlds. It makes me very happy when people enjoy and are entertained by my work this is of great importance to me. Colour plays an important role in my work also.

I want my work like yourself  to delight people make them happy and I want it to reach people all over the world in a kind of universal language.

I like the illustrations to tell the story even if the words were not there
or cannot be understood.


G7

Which part of the pictures did you have tough time with?

T7

I guess just right at the beginning when you have to create the scene and make sure the pictures have continuation. i create my pictures in a way that one day they will be animated. 
The writing is what I find more challenging.


G8

Which pages or parts are your most favourite ones in this book?

T8

I am very happy with the first pages of the Big Stinky with all of the characters and buildings and activity. I hide lots of things in my pictures that some of the readers pick up on. My family and friends are in the crowd too. I also loved creating Bad Cats songs and how the conclude each scene.

G9

I’ve lived in a local city of Japan since I was born. And I have heard you have born in the countryside Marple in the UK. Could you tell me the charm of your hometown, and Manchester where you live at a moment ?

T9

My hometown of Marple is on the edge of a beautiful national park called the peak district, it is so green and I love the rolling hills.

I love to walk my dog Zebedee too in the woods. It is very important to me to be close to nature and ancient trees.


G10

I drink coffee whenever I work on PC. And I know the British drink tea six times a day. Are you also drinking tea while you are working?

T10

I start my day off with a coffee but yes i am a big fan of tea and I drink at least 6 cups a day. I have a special porcelain cup that keeps my tea piping hot and I like it quite strong.

G11

Could you give some messages to the Japanese readers?

T11

I am extremely happy that Bad Cat is alive and well in Japan, I would love to get some messages from the children or some drawings by them. 

I hope that you are enjoying getting to know Bad Cat I am working on some new adventures and one day wish to animate him and bring him even more to life.

 
 


Tracy's Message 〈click here↓〉
Clic
 

                                         



記事で紹介された作品】

 
 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付: