大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • 翻訳者インタビュー
  • 【対談(日本語・English)】『スタンとメイベル』作家:ジェイソン・チャップマン×翻訳者:きたがわ しずえ

【対談(日本語・English)】『スタンとメイベル』作家:ジェイソン・チャップマン×翻訳者:きたがわ しずえ

2018/09/07

連載206回目の9月7日号では、
絵本翻訳家のきたがわしずえさんが、
『スタンとメイベル音楽隊』の作家でNSPCC(英国児童虐待防止協会)に勤務するかたわら、
バタシー・ドッグス&キャッツ・ホームの公式イラストレーターなどなど、
さまざまな活動をしているジェイソン・チャップマンさんをご紹介します。お楽しみ下さい。

<プロフィール>
作家:ジェイソン・チャップマン

ケンブリッジ生まれ、ヨークシャー育ち。
ブラッドフォードとキャンバーウェル美術大学で学ぶ。現在、NSPCC(英国児童虐待防止協会)に勤務するかたわら、バタシー・ドッグス&キャッツ・ホームの公式イラストレーターとしても活躍。
イベント「サンタクロースからの手紙」キャンペーンで、サンタクロース役を務めることもある。彼の描くキャラクターは、教育用DVD やウェブサイトプロモーション用にアニメ化されている。

翻訳者:きたがわ しずえ

東京出身。武蔵野音楽大学卒業後35 年間音楽講師を務める。「絵本の読み聞かせ」、「室内楽と絵本のコラボ」を通し、絵本のもつ豊かな魅力のとりこになる。翻訳をバベル翻訳専門職大学院(USA)で学ぶ。本書のほかにベイリー はくぶつかんに いく』『28DAYS―運命をかえた黒人たち すべては夢のために―』スタンとメイベル音楽隊』『3人の王子(共にバベルプレス)などを翻訳。




きたがわ

チャップマンさんはじめまして。
私は『Stan and Mabel』を翻訳した北川静江と申します。
素敵な絵本を作られたチャップマンさんとお話する機会ができて光栄に思っております。

『Stan and Mabel』に登場するかわいらしいイラストは、チャップマンさんの動物たちに対する深い愛情がつまっていて、そんな心温まる作品を日本の読者に紹介できたことも幸せに思っております。本日は宜しくお願いいたします。

チャップマン

静江さん、スタンとメイベル音楽隊を日本の読者のために翻訳してくださり、ありがとうございます。静江さんとお話をして、質問にお答えできることをうれしく思います。



きたがわ
『Stan and Mabel』の日本読者が増えていくにつれ、質問が私のところに寄せられますが、その中に、プロローグでメイベルがスタンと車に乗って「Faster Mabel,fster」とスタンが言っているセリフのページがありますが、2匹は何処に向かっていこうとしているのですか。というものがありました。スタンとメイベルはどこに向かっているでしょうか。

ちなみに私は、以下のように想像しました。

スタンとメイベルは音楽家として成功しました。
そして、住み続けたアパートからでて、キャンピングカーで暮らしています。
その後、自分たちがどうやって成功したのかを話す為、お話の世界に向かっているのだと・・・
いかがでしょうか。

チャップマン
いい質問ですね。私も実際考えてしまいました!
でも、静江さんは大体合っていますよ。

これはストーリーの中のストーリーなのです。
私は本の表と裏の見返し部分を、何とか面白く使いたいと思っていました。

そこで、最初と最後のページに、単なる柄つきの紙を使うのではなく、スタンとメイベルを絵本のキャラクターを演じる役者とみなし、演技の前後の彼らを鉛筆画で表現してみたのです。最後の部分では、メイベルが自分たちの演技についてザ・ステージ誌の評論を読んでいます(ザ・ステージ誌は、特に舞台演劇についての、イギリスの週間エンタメ新聞・ウェブサイトです)。



きたがわ
絵本の始まりで、高層ビルから動物の鳴き声がきこえていますが、窓からきこえてくる声が説明とは、ちぐはぐです。たとえば、<DUCK>かもの鳴き方が「MOO」であったり、<DONKEY>の鳴き方が「QUACK QUACK」でした。是非、鳴き声が違う理由を教えてください。

チャップマン
私は(そして読者の方も)オープニングのページでのスタンとメイベルの住む場所を誤解しているのです!
もちろん、これはわざとやったことです。

私は、彼らが真ん中のビルの一番上に住んでいるように表現しましたが、そこにはロバのルルが住んでいて、
「イーヨー」と鳴いているのです。次に私は隣のビルに移るのですが、そこにはアヒルのディアドリが住んでいて「ガーガー」と言っているのです。それなら、3番目のビルかな、と思うのですがまた間違いでした。名前のない牛が「モー」と言っているからです。スタンとメイベルは自分たちが本当に住んでいる場所を、大声で私と読者に教えてくれるのです!




詳しくはこちら(Stan and Mabel)







<profile >
Jason Chapman
Born in Cambridge, brought up in Yorkshire, UK.
Following foundation and  Degree studies at Bradford and Camberwell college of arts.
He is a
long term associations with NSPCC(National Society for the Prevention of Cruelty to Children)
and he illustrates for one of their events 'Letters from Santa'.
He also is the official illustrator of the Battersea Dogs & Cats Home.
His characters illustrations are made to animation for Children Educational DVDs
and for websites.


Shizue Kitagawa
Shizue Kitagawa was born in Tokyo.
She worked as a piano instructor for 35 years after graduated from Musashino
Musical college.
Shizue was charmed by the richness of picture books through reading to young children and collaboration of
camber music and the story telling

She attended Babel University(USA) to learn English to Japanese translation.
In addition on to this book, she had translated [Bailey at the museum]
[28 Days
;Black history that changed the world] [Stan and Mabel ]
by the Babel publication.
She now lives in Nerima with her family.

 
Kitagawa
Please to meet you, Mr. Chapman.
My name is Shizue Kitagawa and I translated your book, Stan and Mabel.
It is my great honour to meet the author of this beautiful picture book.

I think the sweet illustrations in Stan and Mabel are the reflection of your deep affection to animals.  I feel so privileged to be able to introduce this heart-warming book to Japanese readers. Today, I am looking forward to hearing your thoughts about this book.

Chapman
Dear Shizue,
Thank you so much for translating Stan and Mabel for Japanese readers. I am delighted to chat with you and answer your questions.



Kitagawa
As the more people read Stan and Mabel in Japan, the more feedback comes to me.  One of questions is to ask you where Mabel and Stan were heading when Stan said, “Faster Mabel, faster,” whilst in the car, which was a scene in the prologue. I wondered where Stan and Mabel were going.

Here is what I thought.
Stan and Mabel were successful musicians. And they had moved out from their dear old apartment and lived in a caravan. They were heading towards a story-telling world in order to tell people how they became successful.... Am I right?

Chapman
This is a very good question which does put me on the spot! But you have more or less got it right  - it’s a story within a story.

I wanted to use the end papers (front and back of the book) in an interesting way so rather than just using a pattern on these opening and closing pages the pencil drawings show Stan and Mabel as picture book actors/characters before and after their performance.

At the end of the book Mabel is reading a review of their performance in The Stage magazine (a British weekly newspaper and website covering the entertainment industry, and particularly theatre)



Kitagawa
At the beginning of the book, you described several noises of animals coming from a big tower block. But the noise and description of the animal do not seem to match. For example, a duck goes, “moo,” and a donkey goes, “quack quack.” I would really like to know why they make mismatched noises.

Chapman
I (or the reader) get their location wrong on the opening page! On purpose of course. I indicate they live at the top of the middle building but Lulu the donkey lives there as she indicates by calling  ‘Eee-oor’. Then I move to the next building but Deirdre Duck lives there and says ‘Quack Quack’. Maybe the third building? Wrong again as an un-named cow goes ‘Moo!’ Stan and Mabel help me/reader out by shouting out where they do live!


Click here for details


記事で紹介された作品】


 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除