大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • 翻訳者インタビュー
  • 【著者インタビュー(日本語・English)】バイリンガル絵本『いのちはかぜのように』ショーナ・イネスさん 日本の読者の皆様へのメッセージ

【著者インタビュー(日本語・English)】バイリンガル絵本『いのちはかぜのように』ショーナ・イネスさん 日本の読者の皆様へのメッセージ

2018/08/22

連載205回目の8月22日号では、
バイリンガル絵本『いのちはかぜのように(life is Like the wind)』(バベルプレス刊)が日本で発売されたので、
著者のショーナ・イネスさんから日本読者へ向けてメッセージを頂きました。お楽しみ下さい。

<プロフィール>
ショーナ・イネス(Shona Innes)
:オーストラリア在住の臨床心理学者で犯罪心理学士。トラブルを抱えた子どもたちや若者の支援に力を入れており、その手助けとなる絵本を発表。本書のシリーズに『Friendship is like a SeeSaw』『The Internet is like a Puddle』(いずれも未翻訳)などがある。


Q1.「Big Hug Books」シリーズの中の『いのちは かぜのように』を、日本で出版されたことについてどう思いますか。




A1.「Big Hug Books」シリーズが日本で出版され、とても嬉しいです。子どもたちが悲しみに出会い、どう対処したらよいかわからないとき、対処するお手伝いをするために私が使った言葉が、世界中の家族に広まっていくのを知り、まだビックリしています。畏敬の念さえ感じます。


Q2.この絵本がどのように創作されたのか、その背景にあるお話を聞かせてください。特にこの本は、親しい人の死をどのように扱うかをテーマにしています。どのようにこのテーマに出会い、絵本にすることになったのですか。




A2.私は臨床心理学者で、深刻な悩みを抱える多くの若者たちと働いています。そこで子どもたちを診るときには、これまで話し合ってきたことを思い出すお手伝いをするために、たいてい手紙を使って、そのセッションを振り返ります。子どもたちは、自分たちの人生において大切な人たちとなら、手紙を分かち合えるのです。ある日、一人の出版社の方が、私の手紙のことを偶然知り、それらを子どもの絵本にすることができるだろうかと尋ねられたのがきっかけです。

『いのちは かぜのように』は、最初は、多くの問題を抱える一人の小さな子どものために書かれました。その子を悩ませていたことの一つは、おばあちゃんが死んでしまって、もう決して会うことができないということを知ったことでした。彼は分からないことだらけで聞きたいことが沢山ありましたが、聞くといつでもお母さんは悲しそうになり、彼を慰める言葉を見つけて、質問に答えてあげることが困難なようでした。

私たちは、生と死、そして悲しみと喪失についてセッションで話し合いました。それから、セッションで私が言ったことを彼や彼のお母さんに思い出してもらうために、彼に手紙を送りました。彼と私はセッションの間、絵を何枚か描きました。そこにイリス(「Big Hug Booksシリーズ」のイラストレーター)が描き加えた絵を見たのですが、それらはすごくシンプルで、あまりにも完璧だったので、とても感動しました。



Q3.どんな状況や場所で、誰に、この本を読んでもらいたいですか。また、大切な家族の誰かを失った子どもにこの本を読んであげるとき、大人が気を付けた方が良いことがありますか。



A3.『いのちは かぜのように』(そして全ての「Big Hug Booksシリーズ」)は、静かな居心地の良い場所で、子どもと、子どもが信頼できる優しい大人との間で共有して下されば幸いです。子どもと大人は、絵本を読んだり、絵を眺めたりしながら、お互いの意見や経験を共有することができるのです。また、強い感情を受け入れ、コントロールできるように、提案させて頂いた活動を行うことも良いでしょう。

多くの大人は、子どもが動揺する話題を避けようとします。『いのちは かぜのように』と出会った多くの大人たちは私に、自分たちの家族の中でいちばん幼い子に対して、年齢に相応しい対応で話せる手助けとなった、と言ってくれます。多くの大人たちは、子どもが抱えている複雑で感情的な話題の質問に答えられないかもしれない、と心配しているのです。

もし子どもの年齢に相応しい答えが思いつかない場合は、子どもに、誰かもっとよく分かる人のところに、一緒に答えを探しに行けるかもしれない、と言うことができます。もし子どもが何の質問も反応もしないようなら、大人は、それも大丈夫だと考えることができます。

「Big Hug Booksシリーズ」は、「問題を抱えること」について、話すきっかけとなる絵本です。臨床心理学士として、私は、本は専門的な治療の代替として見られるべきではないとお伝えしておきます。小さな子どもが、お腹が空いる訳でも、眠い訳でも、遊んでいる訳でもないのに、普段の状態とは異なり、情緒不安定な状態が長引いているようでしたら、医師やカウンセラーなどに相談することが大切です。



Q4.この本に特別に反応された、一人の読者の方について、分かち合うことができますか。



A4.子どもを亡くした一人の女性が近づいて来たとき、私は言葉では言い表せないほど心を打たれました。毎年、メルボルン(オーストラリア)にある王立子ども病院では、子どもを亡くした家族のための、特別な礼拝がもたれています。

その両親は、『いのちは かぜのように』を、その特別礼拝で使う為の許可を求めて来られました。病院のスタッフとボランティアの方々は、礼拝の中で、物語とイメージを分かち合い、特別な小さな風車を作って、出席者全員に渡して下さいました。



Q5.ショーナさんの最近のニュースと、現在取り組まれている活動は何ですか。



A5.私は現在も、臨床心理学者して働いており、毎日、子ども達の為のものを書き続けています。それに、ちょうど刑務所のリハビリテーションプログラムの仕事を終えたところです。最年少の受刑者に何が必要なのかの情報を提供して、刑務所のスタッフのお手伝いをしています。また、たいてい毎週地元のラジオに出演しています。若い人たちと、その家族が影響を受ける話題について話しているのです。私の仕事は、すごく多岐に渡っています!

私はいつも新しいプロジェクトを探していて、今度は少し年長の子どもとその家族についてのシリーズ本を手掛けたいと思っています。心の健康や犯罪者を知ることで、オンライン世界において、子どもたちが安全に過ごせるよう手助けをしたり、世界のどこかで大災害が起きたと聞いた時には対処し、日々の人間関係を管理構築するといった、やるべき仕事が沢山あります。


ショーナさん、ありがとうございました。

(翻訳:河野志保)


Shona Talks........3 Steps to get the most out of a Big Hug book


Q1. Your Big Hug book "Life is Like the Wind" is now released in Japan, how do you feel? 



A1.I am delighted that the Big Hug books have been released in Japan!  It still amazes me to know that the words I have used to help one little person to manage something have spread to help families across the World.  I’m a little awestruck at times.


Q2. Could you please tell us some background stories of how this picture book was created? Especially this book's takes on the theme of how to handle your close person's "death", how did you first come across this theme to have it created into picture book?



A2.I am a Clinical and Forensic Psychologist and I work with lots of young people who have troubles that are bothering them deeply.  When I see a young child in my practice, I usually follow up our session with a letter to help remind them what we talked about.  They can share the letters with the people who are important in their lives.  One day, a publisher happened across some of my letters and asked if they could make them into children’s books.

 “Life is Like the Wind” was initially written for a little boy who had many problems.  One of the things that
was bothering him was knowing that he had a grandmother who had passed away and he had never met her.  He had lots of questions, but every time he asked his mother, she would get sad and she found it difficult to find the words to comfort him and help him to answer his questions.  We talked about life and death and grief and loss in our session and then I sent him a letter to remind him (and his mother) about the things I had said in our session.  He and I had done some drawings in our sessions, but when I saw the drawings that Irisz (the illustrator of the Big Hugs) added, they were so simple and so perfect, I was very moved.


Q3. In what situations or places and by whom would you like the book to be read? Is there anything an adult should be careful when reading this book to a child who has lost his/her precious family member? 



A3.I like to imagine that “Life is Like the Wind” (and all of the Big Hug Books) are shared between a child and a trusted, gentle adult in a quiet, cosy space.  The child and adult can share their ideas and experiences as they read and look at the pictures together. They can even decide whether they might try some of the activities suggested together to help them sit with, or manage, any strong feelings. 

Many adults avoid talking about uncomfortable feelings with children and many adults have told me that “Life is Like the Wind” helped them to talk more in age-appropriate ways to their youngest family members.  I think many adults worry that they may not be able to answer the questions that children have about topics that might be complicated and emotional.  

If it ever happens that an adult cannot think of an answer that will be age-appropriate, they can tell the child that they might go looking for answers together from someone else that may know more.  If a child has no questions or no reactions, adults can know that is okay, too. 

The Big Hug Books are a way of starting conversations about troubling subjects.  As a clinical psychologist, I can say that a book should never be seen as a replacement for professional treatment.  At any time, if a young child is upset for longer than usual, not as hungry, not sleeping, not playing, or not their usual selves, it would be important that they seek some professional help.



Q4.  Could you share a story of one of the readers who reacted to this book in a special way?



A4.I was especially moved when I was approached by a parent who had lost her child.  Every year, the Royal Children’s Hospital in Melbourne (Australia) have a special service for all of the families who have lost a child.  The parent sought my permission to use “Life is Like the Wind’ as the focus for the special service.  The hospital staff and volunteers shared the story and the images in the service and made special little pinwheels to give to all those who attended.


Q5. Please tell us about your updated news, what kind of activities are you working on right now? 



A5.I am still working as a Clinical and Forensic Psychologist, so I continue to write for young people every day.  I have also just finished working on a rehabilitation program for prisons.  I’ve been helping prison staff to provide what is needed for their youngest inmates.  I speak on a local radio most weeks.  I speak about issues that affect young people and their families. My work life is very diverse!

I am always looking for new projects and I would like to do a series of books for slightly older children and their families.  Knowing mental health issues and offenders as I do, there is much work to be done in the space of helping children to be safe in the online world, coping when we hear of major catastrophes across the globe, and managing day to day relationships. 


Thank you very much



Shona Talks........3 Steps to get the most out of a Big Hug book

(translator:Shiho Kawano)

記事で紹介された作品】





 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除