大きくする 標準 小さくする

『スタンとメイベル音楽隊』作者のジェイソン・チャップマンさんからのメッセージをご紹介します!

2018/05/07

連載198回目の5月7日号では、4/30から販売開始の絵本『スタンとメイベル音楽隊』作者のジェイソン・チャップマンさんから、素敵なメッセージをいただきましたのでご紹介いたします。お楽しみ下さい。


編集部
ジェイソンさん、こんにちは。今回は『スタンとメイベル音楽隊』(ジェイソン・チャップマン(作・絵)きたがわしずえ(訳)バベルプレス(刊)(Stan and Mabel(原作)))日本で発売されましたが、いまのお気持ちをお聞かせ下さい。
 
ジェイソン

私だけでなく家族全員がジャパニーズカルチャーのとびっきりのファンで、すぐにでも日本に行きたいくらい好きなので『スタンとメイベル音楽隊』が日本での出版が決まり大喜びしています!
 
2015年に有難いことに、日本からの仕事の依頼を受け(Laundryとのコラボレーションで衣類やマーチャンダイズ商品にイラストを提供しました)感謝してもしきれないほどすごく親切にしてもらいました。子どもたちはワンピースとか、NARUTOなど日本アニメのファンで、美しいジブリ作品も大好きです。
 
日本には世界中で最も優れた物語り(ストーリーテリング)や、イラストレーション、アニメーションなどを制作している素晴らしい国です。自分の作品が日本のバベルプレスから出版されることを誇りに思います。日本の皆さんは犬や猫をとても可愛がることをよく知っています。スタンとメーベルも日本で過ごす日々を居心地良く感じていることでしょう。

 
編集部
『スタンとメイベル音楽隊』は動物たちが主人公のかわいらしい作品ですが、どのように作品ができたのでしょうか。また、どのような作品なのか教えてください。
 
ジェイソン
このお話のできるまで…色々とこの本を制作するきっかけになっています。ちょっと前のことですが”My First Classical Book(Genevieve Helsby (著), Jason Chapman (イラスト) 出版社: Naxos Audio Books)” 「初めて出会うクラシック音楽(邦題仮)」という本を手がけてました。そこで楽器の演奏をする動物たちをたくさん描いたので、これが後にスタンとメイベルに登場する楽器を演奏する動物たちになったことは間違いありません。

他にも、英国ロンドン南部にある動物愛護団体の「バタシー・ドッグス&キャッツ」に猫と犬のイラストをここ数年間描いて(いまも続けています!)いて、猫と犬を主人公に選んだのは自然なことなんですよ。外で絵を描くことが好きなので、やはり自然と子どもの絵本を描くときもそうなります。

ずっとこれからも屋外で描きたいって思います。1冊目に出した絵本”Ted, Bo and Diz(Jason Chapman (著, イラスト) 出版社: Little Tiger Press) ”は、アクリル絵の具でキャンバスボードに描いていましたが、時間がかかりすぎて、出版社からの納期に間に合わせれないので、先ほども出てきた「バタシー」で描くスタイルで白黒の鉛筆線画で白い犬とトラ猫のスクーターにのせてキャラクターにしてみました。
住んでいる家の前の道を少し行ったところにある菜の花畑を絵に描いていました。それをフォトショップで取り込んで、先ほどの犬と猫をのせてみたところ、英国テンプラー出版社のアートディレクターの目に留まって、このキャラクターで話を創ってみてはどうだろうかと言われました。


Miroslav Sasekのtravel booksからレイアウトは若干影響されています。物語りを創るとき、聴いている音楽に影響されやすいのですが、今回はロードムービー”Little Miss Sunshine”(リトル・ミス・サンシャイン/2006年)のDevotchka(デボチカ)音楽をよく聞いていました。
 
さて、登場する動物について:あひるのローディは、友だちが所有している猫の飼育所を、時々留守の間に面倒をみることがあります。そこでは鴨とインディアンランナー種のアヒルがとても素敵なんです。そのうち2羽が白で3羽めのローディという名前のが、緑と茶色と灰色のコンビネーション。ローディーは哀れなことに白いのからいつも追いかけられているんです。その動きや姿がおかしくってずっと見ていて飽きないんです。
 
馬のヒューストンは、スタンとメイベルが黄金色をした畑の前に立っている様子が描かれた絵に出会いの場面を創りたくて登場しました。(このテート・ギャラリーに展示された絵と構図が少しにています

http://www.tate.org.uk/art/artworks/blake-the-meeting-or-have-a-nice-day-mr-hockney-t03790馬にはぴったりと思ってヒューストンと名付けました。
 
ボビーとロバータ:ボブとロバータ・スミスというアーティストがいまして、そこから名前をとっています。ウサギの母親と小さな子どもにぴったりだと思いました。
 
牛の群れ:この本の制作中、私は英国のデヴォンというところに引っ越しました。デヴォンには牛が多いんです。大きくって泥に汚れた牛たちが、繊細な美しい楽器を手に演奏するという対比に挑戦して描いてみました。

 
編集部
『スタンとメイル音楽隊』の収益をロンドンのバタシー・ドッグズ&キャッツ ホームへ寄付しているとのことですが、スタンとメイベルは大活躍していますね。
 

ジェイソン
バタシー・ドッグス&キャッツ動物愛護施設はチャリティとして素晴らしいと思います。こちらとの仕事を何年も続けられて幸せに思っています。バタシー・ドッグス&キャッツ動物愛護施設の動物たちからキャラクターが思い描かれたわけですから、絵本の売り上げから少しでも返せたらいいなと思います。
 
編集部
ジェイソンさん、最後に日本の読者に『Stan and Mabel』をどのように読んでほしいか、メッセージをお願いします。


ジェイソン

『スタンとメイベル音楽隊』を読めば冒険心や好奇心が湧き、それから頭の中に音楽が聞こえてくるようになれば思います。楽器を演奏しない人でも、音楽を好きになって、聴く喜びを見つけていろんな新しい世界を体験してもらえたらいいなと思っています。
 
Polly Ives and Ensemble 360(ポリー・アンド・アイヴスとアンサンブル360)のライブ演奏の映像をお楽しみいただけます。また、ポール・リッスマン作曲のジェイソン・チャップマン作『スタンとメイベル音楽隊』という音楽もiTunesで聴くことができます。


https://soundcloud.com/paul-rissmann/01-the-city
iTunes: https://itunes.apple.com/gb/album/stan-and-mabel/1346361773

編集部

次回は、『スタンとメイベル音楽隊』を日本語に翻訳者した、きたがわしずえ(北川静江)さんとの対談インタビューをしたいと思いますので、よろしくおねがしいます。本日はありがとうございました。

ジェイソン
きたがわさんとのインタビューも楽しみにしています。ありがとうございました。

====================================
<Interview>
B.P. 
Nice to talk to you Mr. Jason Chapman. How do you feel now about your book “Stand and Mabel” being published in Japan? 

Jason
 I am absolutely thrilled 'Stan and Mabel' is being released in Japan.My family and I are huge fans of Japan and its culture and hope to visit someday soon! I was honoured to work with some wonderful and inspiring people from Japan in 2015 and I will forever be indebted by their kindness and generosity (I illustrated clothing and merchandise for Laundry/Collaboration). My children are all huge One Piece and Naruto fans and we all adore the beautiful Studio Ghibli movies. 

Japan has produced some of the most memorable storytelling, illustration and animation so I feel very proud to be published by Babel Press.Knowing that the people of Japan are passionate and caring about dogs and cats, I'm sure Stan and Mabel will feel very much at home in Japan. 


B.P.
It’s such a lovely picture book this “Stan and Mabel”, with animals acting as main charactors, and so could you please explain to us about how the story came about and what the book is like? 

Jason 
How 'Stan and Mabel' came about.. A number of factors brought about the creation of the book: Before Stan and Mabel I had just illustrated 'My First Classical Music Book' which included lots of animals playing instruments. This definitely helped me illustrate the numerous animals and their instruments in Stan and Mabel. - I had been producing illustrations of cats and dogs for Battersea Dogs and Cats Home for several years (I still do!) so the choice of a dog and cat was a natural one.

- I enjoyed painting outdoors and I wanted to produce a children's book in a way that felt most natural for
me and in a way that I would be happy to keep on working on further books. My first book, 'Ted, Bo and Diz' was painted in acrylic on board and time consuming and was difficult to fit into the time available by the publisher. It felt more natural and time-efficient for me to draw my characters with line in the 'battersea style' so I drew a pencil sketch of a black and white dog on a bike and a tabby cat on a scooter. 

I had one of my paintings nearby of the fields with rape-seed painted up the road from where I was living. I brought them together in Photoshop and the art director at Templar Publishing loved the image and asked me to work on a story with these characters. The page layout was slightly influenced by the classic 
Miroslav Sasek travel books. Music often influences my stories too and having watched the road movie 'Little Miss Sunshine' around this time, I remember the music of 'Devotchka' being played frequently in the studio. 

Regarding the choice of other animals: Roady the duck - Some friends owned a cattery which my family and I would look after when they went away. They had some geese and lovely Indian-Runner ducks. Two were white and the third, called 'Roady' was the green/brown/grey variety. Poor Roady would spend much of the day running away from the white ones. I was fascinated by their amusing shape and movement.

Houston the horse was added to the picture of Stan and Mabel against the golden fields to create a meeting.
(A bit like 
http://www.tate.org.uk/art/artworks/blake-the-meeting-or-have-a-nice-day-mr-hockney-t03790) Houston seemed like a good name for him.

Bobby and Roberta. I was interested in the name of the artist Bob and Roberta Smith and thought the names would be good for a small rabbit and his Mum.

The herd of cows: I'd moved to Devon during the production of the book and there's lots of cows in Devon. I liked the challenge and visual contrast of getting the large and muddy cows to play the delicate and pristine instruments. 


B.P.
 I understand you are donating a part of the sales of your book “Stan and Mabel”  to a charity for ‘Battersea Dogs & Cats Home’ in London. How is Stan and Mabel doing? 

Jason
Yes, Battersea Dogs and Cats Home is a wonderful charity I've had the pleasure to work with for many years now. As the characters were inspired in part by my work for Battersea Dogs and Cats Home it was fabulous to have them endorse the book and great to give something back through sales of the book.

B.P.
Lastly, Mr. Chapman. Please give your message of how you would like this book to be read to the Japanese readers.

Jason
I would like Stan and Mabel to be read with a sense of adventure, curiosity and music in mind. Whether you can play an instrument or not, discovering and listening to music you love can take you to wonderful new places!

https://soundcloud.com/paul-rissmann/01-the-city
iTuneshttps://itunes.apple.com/gb/album/stan-and-mabel/1346361773

A live performance of Stan and Mabel Performed with Polly Ives and Ensemble 360. Music composed by Paul Rissmann inspired by the book written and illustrated by Jason Chapman https://soundcloud.com/paul-rissmann/01-the-city
iTunes: https://itunes.apple.com/gb/album/stan-and-mabel/1346361773


B.P.
Next time, we plan interview with Ms.Shizue Kitagawa, the Japanese translator of this book, I appreciate your cooperation. Thank you for now.

Jason
 I will be looking forward to the interview with Ms. Shizue Kitagawa. Thank you.

<新刊絵本>

ジャンル:絵本
原書:Stan and Mabel
タイトル:スタンとメイベル 音楽隊
定価:1,500 円+税
著者:ジェイソン・チャップマン(Jason Chapman)
訳者:きたがわ しずえ(北川 静江)
出版社:バベルプレス
判型:(上製)
頁 : 32ページ

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除