大きくする 標準 小さくする

癒しの本特集!

2017/06/22

今回は癒しの本を特集!


 このコーナーでは、これまでたくさんの翻訳者にスポットを当て、 
インタビューによって翻訳出版の動機や、その背景も探ってきました。

 連載177回目(6月22日号)では、6月21日の国際ヨガの日にあわせて、
ヨガと癒しにフォーカスして書籍をご紹介。
その翻訳者の皆さんのインタビューをお読みいただきます!

 

まずは、ヨガを医療の視点から見つめながら、本格的にヨガの勉強もできる大著『メディカルヨガ』をご紹介!
心と体が整うことは、まさに癒しですね!

 『メディカルヨガ ヨガの処方箋』 
著者:Timothy Mccall  
訳者:板谷いさ子、尾松恭子、角岡博子、クレアリー寛子、小林幸子、城内良江、高津啓子、中村美也子、中山利野、松本駒子 監訳:中原尚美  
監修:岡部朋子

インドのナレンドラ・モディ首相の提案を受けて、国連は2014年12月11日に“6月21日を「国際ヨガの日」とする”と定めました。

 日本でも今年の「国際ヨガの日」に合わせて、各地で様々な企画が催されるようです。
ヨガがますます身近なものになっていく感じがしますね!

私たちの生活にも浸透しつつあるヨガですが、その効果は計り知れないものがあります。
バベルでは『メディカルヨガ』という書籍を翻訳し、ヨガの持つ力をさらに探求しています。

 著者のティモシー・マッコールはYoga Journal米国版の医療編集者を務めるヨガ・インストラクターにして、内科専門医。
米国医師会雑誌Journal of American Medical Association をはじめとする医学雑誌に多数執筆し、北米で大人気の雑誌Yoga Journal の医療編集者という実績を持つ人物です。

 そんなティモシー氏が統合医療としてのヨガの力を紐解く大著が『メディカルヨガ』(原題:Yoga As Medicine)なのです。

ヨガの基本用語の解説はもちろん、科学的に裏づけのあるヨガの効果、
喘息、腰痛、糖尿病、頭痛などのそれぞれの症状に対してヨガができることや学術的研究による立証、ヨガマスターの先生の言葉などを紹介。
理論と実践、そして科学的根拠を包括した大充実の内容です!!

翻訳者の皆さんはどんな思いで本書の翻訳をなさったのでしょうか?
翻訳を手がけた翻訳者の皆さんのインタビューをお読みください!
城内 良江さん
板谷いさ子さん
尾松 恭子さん
中山 利野さん
高津 啓子​さん

 
本書のご購入はこちらから→『メディカルヨガ ヨガの処方箋』 



最近では大人も絵本を楽しむようになってきました。
子供のために書かれた本でも、読むとじんわり心にしみる作品がたくさんあります。

そんな癒しを与えてくれる絵本から、親子の深い愛情が感じられる『ぜ~んぶ…』をご紹介します!


 
『ぜーんぶ…』 
エマ・ドッド 文・絵  
にいむら まさこ 訳

 ある日、お母さんコアラは、赤ちゃんコアラのちびコアちゃんに、
 ある思いを投げかけます。

 「かあさんが一番すきなのは、ちびコアちゃんのどんなとこ?」

 笑った顔、不安になった顔、泣いた顔、愛くるしい顔と、
 いろんな表情を見せるちびコアちゃん。

 そんなちびコアちゃんに、
 お母さんコアラは素直な気持ちを伝えていきます。

 お母さんコアラにぴったりくっついて安心して眠りにつくちびコアちゃん。
 穏やかな表情に包まれたお母さんコアラが、
 最後に導き出した我が子への思いとは…。


新村雅子さんのインタビューはこちら!



心も体も食べるものから。
健やかな生活で毎日が癒しに♪

『グルテンフリーで健康生活』
著 者  カレン・ラッセル
訳 者  佐藤薫、深川恵
監 訳  宮本寿代


「グルテンフリー・ダイエット」をご存知ですか?

 もとは、グルテンにアレルギーを持つ人たちがグルテンを避けることを目的として始めた食事療法です。
それが次第に、健康志向の人たちのあいだでも話題になり始め、今や新しい食事習慣として注目を浴びています。

 アメリカではすでに「グルテンフリー」が広まりつつあり、有名セレブたちのなかにも、関心を寄せ、実践している人たちがいるそうです。
グルテンというのは小麦や大麦などの穀物から作られるたんぱく質の一種です。グルテンフリーということは、パンも、パスタも食べられない……? 

いえいえ、ご心配なく! 
「グルテンフリー」のパン、パスタ、それにデザートまでちゃんとあるんです。
この本では、「グルテンとは何か」、「グルテンフリーとは何か」といったお話にとどまらず、さまざまなレシピも紹介しています。

 本書は、我慢しなくてはならないことがたくさん書いてあるようなダイエット本ではありません。
グルテンアレルギーをお持ちの方、ダイエットに興味のある方はもちろん、健康に関心がある方、料理が好きな方など、たくさんの人たちに気軽に手に取ってもらえる一冊です。

こちらのタイトルを翻訳したお二人のインタビューはコチラ!

深川 恵 (ふかがわ めぐみ) さん
佐藤 薫(さとう かおり)
さん


『冬眠式プラスハチミツダイエット』 
著者 マイク・マッキネス/スチュワート・マッキネス/マギー・スタンフィールド
翻訳 住田文子、芳賀靖史、吉田晶子
監訳 中島順


いつでも、どこでも、極上のダイエットをたた一杯のはちみつを舐めるだけで味わえる!健康的に美しくダイエットの秘訣!

 眠っている間にスリムに変身する、そんな夢を見て翌朝目が覚めたら、きっと「ああ、いい夢だった。これが正夢だったらいいのに!」と思うでしょう。 冬眠ダイエットなら、''運動をしなくても''健康的な食事を基本''にして、スプーン一杯のハチミツを寝る前に食べるだけで、無理せずにダイエットを成功させることができます。

 運動しているときより、眠っている間のほうか、ずっと脂肪が燃焼するって知ってましたか?そして、なぜ、「決め手はスプーン一杯のハチミツ」なのか?





ご自身でも冬眠式プラスハチミツダイエットを実践し、効果を感じられた芳賀さんのインタビューをお楽しみください!
芳賀 靖史(はが やすふみ)さん



バベルeGaiaショップでは『メディカル・ヨガ』や『グルテンフリーで健康生活』の他、
ヨガ、美容・健康関連作品もご購入いただけます~♪ 
ご購入はこちらから


編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除