大きくする 標準 小さくする

吉祥寺ハロウィンフェスタ特集!

2015/10/26

吉祥寺ハロウィンフェスタ特集!

 
このコーナーでは、これまでたくさんの新人翻訳家にスポットをあて、
どんな方がバベルの翻訳ワークショップからデビューしているのかをご紹介し、
インタビューによって翻訳出版の動機や、その背景も探ってきました。

連載137回目の10月25日号では、

10月27・28日に吉祥寺で行われる吉祥寺ハロウィンフェスタに合わせまして、
27日に、なんとお住まいのスイスから中継で読み聞かせをしていただく
佐々木本恵さんのインタビューをお届けいたします!

 
 編集部:
佐々木さん、この度はよろしくお願いいたします。

佐々木:
よろしくお願いします。

編集部:
まず初めに最近の活動についてお聞かせください。
 
佐々木:
残念ながら2011年に「ハロウィンを探せ」を共訳して以来、翻訳の方からは遠ざかっています。
専業主婦をしていますが、子供が14歳になり少し自分の時間も大切にしようと思い、ピアノを始めたり、英語の勉強もまた少し始めました。
 
編集部:
とても活動的なんですね。
そして10月27日には、吉祥寺ハロウィンフェスタでの読み聞かせイベントで、
スイスと日本をつないでのよみきかせを行いますね!
 
佐々木:
今回、読み聞かせの話をいただいて、うれしい気持ちと不安とが入り混じって凄くドキドキしています。
とにかく、読み聞かせ当日は集まってくださった方々と楽しい時間を共有できたらいいなー、ともうそれだけです。
 
編集部:
今回読み聞かせしていただくのは、佐々木さんが翻訳された『あかちゃん ちゅっ』という絵本です。
『あかちゃん ちゅっ』を出版された時の思いをお聞かせ願えますか?
 
佐々木: 
出版の理由はまず、イラストがとても魅力的だったことです。
絵本というのは内容も大切なのですが、やはりイラストが素敵じゃないといけないと思うんです。
この絵本のイラストレーターの方はとてもアメリカで人気があり、何冊もイラストを手掛けています。
そんな素敵なイラストに指さししながらご両親が小さなお子さんに優しく読み聞かせをしてくれたらいいなー、と思いました。
 
出版当時、丁度お子さんたちに関する悲しいニュースが出てきていて、この絵本を通してお母さんたちが赤ちゃんを産んだ時の感動や生まれてきてくれてありがとう、とい感謝の気持ちがまたよみがえってきたらいいなぁという気持ちもありました。
 
編集部:
本当に、絵本を通してそうした気持ちを思い出したり、改めて思いを強めてもらえたらうれしいですね。
 
本の内容も少し教えていただけますか?
 
佐々木: 
この絵本はこの地球(ほし)に生を受けた赤ちゃんへの愛の詩です。
生まれてから一歳になるまでの成長を綴っています。
 
編集部:
壮大なストーリーですね!
 
実際に翻訳をした感想はいかがでしたか?
 
佐々木:
バベルの絵本の原書紹介を見たとき、「絵本くらい簡単に訳せるだろう」と高をくくっていました。楽観していました。
それが訳し始めて苦しみました。
 
というのも、この絵本は文章よりも単語の羅列が多く、私には却って訳しずらかったんです。
詩になっているということを踏まえ、読んだ時に調子よく読めるようにしないとと思いましたし、作者の方が多分お孫さんに言っている、辞書にはない言葉もあったんです。
 
言葉選びに何日も費やしました。布団に入ってから、こんなのはどうか、と突然思いつき起きてメモったりもしましたし、原書に私の訳を張り付けて、全体を眺めてみたりもしました。
でも、訳のほうにOKが出てゲラが出来てきたときは、いっぱしの翻訳家になった気分でウキウキ心が躍ったのを覚えてきます。
 
編集部:
まさに産みの苦しみですね...
そうしてできた本を手に取った時のお気持ちはいかがでしたか?
 
佐々木: 
とにかく、嬉しい!の一言でした。
バベルプレスさんがとっても素敵に作ってくれ、紙の質も(ごめんなさい)原書よりも良くって、感謝の一言でした。
 
編集部:
そんなに喜んでいただけると我々も嬉しいです!
 
さて、ハロウィンといえば、先ほどお話に出ましたが、佐々木さんは『名探偵ネコ ルオー ハロウィンを探せ』の翻訳もなさっていますね。
 
ぜひこちらのタイトルもご紹介ください!
 
佐々木:
この本はまさに今の時期にタイムリーな話です。ジュニア向けのミステリー小説で、どんどん読み進んでいける内容になっています。
ハロウィンを目前に町から突然ネコたちがいなくなってしまうという事件が起こります。それは町に伝わる幽霊屋敷の話と関係があるのか、ずっと昔に起こった事件との関係などを主人公のアレックスとヤスミン、それからアレックスの飼いネコで名探偵のルオーが事件解決に挑みます。
 
編集部:
聞きながらワクワクしてきます。
この機会に、多くの方に読んでいただきたいですね!
 
最後に、これからの抱負や翻訳してみたい作品のことなどをお聞かせくだい。
 
佐々木: 
名探偵ルオーの話はシリーズものになっているので、他のも訳してみたいなというのと、何作もドラマ化された人気作家のD佐々木nielle Steel のロマンチックな恋愛ものも訳してみたいです。
それから、前に私がバベルのブログで紹介したことがあるのですが、スイスの絵本作家が書いた絵本もドイツ語なのですが訳してみたいです。

編集部:
スイスの絵本なんて素敵ですね!
ぜひそうした「訳したい!」というお気持ちを大切にしてくださればと思います。

本日はありがとうございました!

佐々木:
ありがとうございました。



<PR>
      『あかちゃん ちゅっ』 

babies-250x230.jpg
 訳:佐々木もとえ
 原書名:Everywhere Babies
 著:スーザン・メイヤーズ
  絵:マーラ・フレイジー



『名探偵猫ルオー ハロウィンを探せ』 
(期間限定10/31まで/半額)『名探偵ネコ ルオー~ハロウィンを探せ!』 著者:マーシャ・フリーマン 訳者:栗山理栄、佐々木本恵、永江美奈子、野崎七菜子、宮原満、望月むつみ 監訳:宮本寿代 
著者:マーシャ・フリーマン 
訳者:栗山理栄、佐々木本恵、永江美奈子、野崎七菜子、宮原満、望月むつみ 
監訳:宮本寿代 


バベルeGaia
ショップでは『いっしょなら』や『あのね…』など、
他の絵本作品もご購入いただけます~♪

ご購入はこちらから

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

メールアドレス:必須

メールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

削除