大きくする 標準 小さくする

『グルテンフリーで健康生活』の翻訳者、佐藤薫さん

2014/12/10

12月10日号に登場の新人翻訳家は ―  佐藤 薫(さとう かおり)さん。


毎月多くの翻訳書が出版され、新人翻訳家も多数誕生しています、これまでの出版経験を持つプロ翻訳家ばかりでなく、多様なチャンスを積極的に活用すること で、自己表現できる機会がひろがってきていることを感じます。編集部では、これらの新人翻訳家にスポットをあて、どんな方がデビューしているのかをご紹介し、インタビューによって翻訳出版の動機や、その背景も探っていきます。

連載116回目の12月10日号では、『グルテンフリーで健康生活』の翻訳者、佐藤薫さんをご紹介します。

 
 
編集部:
はじめにプロフィールと最近の活動についてお聞かせください。
 

佐藤:
はい。佐藤薫と申します。大学卒業後、銀行で企画・広報の仕事に携わっていました。新聞社に対する広報を担当し、英字新聞の経済欄の原稿制作に関わりました。銀行退職後はボランティアで国際交流をし、たくさんの留学生の人達と出会いました。留学生と話すことで日本文化を見つめ直すという貴重な体験をしました。現在高校一年生の娘の母でもあります。
 

編集部:
 銀行で英語を使う部署でお仕事をされ、更に原稿制作など編集作業に携わっていらしたのですね。まるで、将来、佐藤さんが出版翻訳にかかわるとの暗示だったのでは? と思うようなキャリアですね~!(笑) その後はボランティアの国際交流なども経験されたということは、英語を使う機会は多かったのですね。
 
さて、そのような経歴の佐藤さんが、翻訳を学び、翻訳家を目指そうと思ったきっかけはどんなことでしょうか。
 

佐藤:
娘が小さい頃、毎晩絵本の読み聞かせをし、日々絵本の奥深さに感動していました。気がつくと図書館や本屋さんで色んな絵本を手に取っていました。そういった中で輸入絵本を翻訳し、日本の子供たちにも広めたいと思うようになったのです。実際に絵本の翻訳をしたことがありますが難しいですね。言葉選びにかなりの試行錯誤をかさねました。大変ではありましたが楽しくもありました。この時に翻訳についてきちんと学び、翻訳家を目指したいと思ったのです。
 

編集部:
 仰る通り、絵本は奥が深いですよね。翻訳をするうえでも、適切な言葉を選ぶことはなかなか手ごわいですし。そうした試行錯誤を経るからこそ達成感も大きく、新しい道が開け、「もっとやってみたい」「続けていきたい」と思うようになるのでしょうね。何にでも言えることかもしれませんが、そういった点も翻訳の魅力の一つかもしれません。
 
さて、絵本の読み聞かせを通じて翻訳家を目指したいと思うようになられた佐藤さんですが、今回『グルテンフリーで健康生活』を出版されたのは、どのような理由や思いがあったのでしょうか。
 

佐藤:
先ほど子育ての中で絵本に興味を持ったというお話をしましたが、子育てを通して食べ物と健康についても深く考えるようになりました。娘は小さい頃食物アレルギー(乳製品)で病院に通い、3年ほど食事療法を続けました。さいわい娘のアレルギーは改善しましたが、食べ物と健康については常に心に留めています。
 

編集部:
 そうだったんですか。お嬢様のアレルギーが治って良かったですね。3年間の食事療法、大変だったとお察しします。実は私も3年ほど前から、弊社のあるスタッフに借りた本をきっかけに、食品の添加物に注意するようになりました。商品を手に取ると裏面の材料シールを念入りにチェックしています(笑)。最近は化粧品やシャンプーの成分にも注意して、なるべくカタカナ語が入った物質を避け、自然なものを選ぶようにしているんです。
 

佐藤:
ここ数年はグルテン(小麦に含まれるタンパク質)が問題になっています。この本を翻訳することで私自身がグルテンについて学び、出版することで日本のみなさんにグルテンフリーについて広く知ってもらいたいと思ったからです。
 

編集部:
 欧米では以前から問題になっていたようですが、最近になって日本でも「グルテンフリー」という言葉を聞くようになりましたね。アマゾンで検索すると、「グルテンフリー」に関連する本が何冊かヒットしますから、少しづつですが関心が高まってきているのかもしれません。ちなみに、サンドウィッチで有名なアメリカの某ファストフードチェーンでは、グルテンフリーのサンドを提供している店舗もあるそうですよ。このように、日本でも健康に気を配ったメニューが増えると良いですね。
 
では、本の内容をご紹介いただき、翻訳された感想、楽しかったこと、苦労したことをお聞かせください。
 

佐藤:
グルテンは体内で消化するのが難しく、それがきっかけで身体の炎症を引き起こすことがあります。胃腸障害・アレルギー・頭痛・睡眠障害・その他の多くの病気で悩んでいる方が、グルテンフリーの食事に切り替えることで症状が抑えられることもあります。本の中ではグルテンフリーの食事を簡単に実践する方法や美味しいレシピも紹介しているので、ぜひ作っていただきたいと思います。私も実際に作ってみましたが、どれも美味しいですよ。
 

編集部:
グルテンが体に悪影響を及ぼすことがあるとは聞いていましたが、具体的にそのような症状がみられるのですね。私はパンが大好きなので、完全にやめることは難しいですが、少しづつ量を減らしたり、代替えになる素材、例えば米粉やそば粉などを混ぜて使ったりするなど、工夫をしていきたいと思います。また、本に載っているレシピが美味しそうですよね~。料理の写真がカラーでないのは残念ですが、そこはご愛嬌。ブルーベリーマフィンなどは、そのビジュアルにノックアウトされました~(笑)! 佐藤さんの、健康的な手作り料理が食べられるご家族がうらやましい限りです~。
 

佐藤:
この本は医学的な専門用語が多いので、言葉の理解には時間がかかりました。また内容を正確に伝えるために色々と調べました。一人で翻訳をして悩むこともあり、そういった時は共訳者の方々と意見を交換して解決をしました。チームワークで本を完成させていくことが何て楽しいんだろう、としみじみ感じました。
 

編集部:
 ノンフィクション翻訳ならではのご苦労があったのですね。仲間がいると意見交換や質問ができますので、悩みが解消され、チームとしての絆が深まると思います。結果として、結束力が高まり、より良い作品が生まれてきますので、そういう意味で共訳ワークショップはとても有効だと思います。
 
お嬢様へのお気持ちから翻訳出版を決められた佐藤さん。様々な想いを経て、完成した本を手に取った時のお気持ちはいかがでしたか。
 

佐藤:
とにかく嬉しかったです。それと同時に自分の名前を見て気恥ずかしい思いがしました。おそるおそる家族に見せたら感動していました。(笑)
 

編集部:
ご家族も感動されていたのですね! そのようなお話を伺うと、こちらも嬉しいです。ありがとうございます。
 

佐藤:
この本には、翻訳をした時のたくさんの思いがぎゅっと詰まっています。ページをめくるたびに色々なことを思い返しました。先生や編集の方のおかげで、とても良い本に仕上がっていて感謝しております。
 

編集部:
気に入っていただけて光栄です。DTP編集に至るまでにお時間がかかり、皆様にはご心配をおかけしておりましたが、足かけ2年、晴れて完成となり、こちらもほっとしております。小説などの読みものと違い写真が多い本なので、編集では特にレイアウトに時間を割いていたようです。また、画像データをまとめる際には翻訳者の皆様にご協力いただき、非常に助かりました。文字通り、皆さんで作り上げた作品になりましたね。こちらこそ、ありがとうございました!
 
では、最後になりますが、これからの抱負や翻訳してみたい作品のことなどをお聞かせくだい。
 

佐藤:
次回も実生活と深くかかわりのある健康関連の本を翻訳したいと思います。また、絵本の翻訳にもチャレンジしたいと思っています。そのためにも英語力はもちろん、日本語力も鍛えなければならないなあ、と痛感しています。今はたくさんの書物を読み、気に入った表現を書き留めるようにしています。
 

編集部:
最近、よく電車で「添加物の危険性」について書かれた書籍の広告を見かけます。弊社では『メディカル ヨガ ~ヨガの処方箋~』という本の売れ行きが好調ですし、それだけ色々な角度から健康に気を配っている方が増えてきたのでしょう。海外には、まだまだ日本に知られていない健康法や健康に関する実態調査などがあると思いますので、佐藤さんの今後に期待したいと思います。また、絵本翻訳にもご興味がおありとのことですが、弊社では近年、絵本の制作や翻訳出版に重きを置いておりますので、気に入った作品がありましたら、是非ご一報ください~(笑)。それまでは日々の継続に努め、ますます翻訳力を磨いていただきたいと思います。
 
近い将来、佐藤さんの翻訳本を弊社で紹介できますことを願っております。本日はどうもありがとうございました。

 

<PR>
 

『グルテンフリーで健康生活』(Amazon オンデマンド) 

著者:カレン・ラッセル

訳者:佐藤薫 深川恵

監訳者:宮本寿代

 

「グルテンフリー・ダイエット」をご存知ですか? 

もとは、グルテンにアレルギーを持つ人たちがグルテンを避けることを目的として始めた食事療法です。それが次第に、健康志向の人たちのあいだでも話題になり始め、今や新しい食事習慣として注目を浴びています。アメリカではすでに「グルテンフリー」が広まりつつあり、有名セレブたちのなかにも、関心を寄せ、実践している人たちがいるそうです。

グルテンというのは小麦や大麦などの穀物から作られるたんぱく質の一種です。グルテンフリーということは、パンも、パスタも食べられない……? 

いえいえ、ご心配なく! 「グルテンフリー」のパン、パスタ、それにデザートまでちゃんとあるのです。この本では、「グルテンとは何か」、「グルテンフリーとは何か」といったお話にとどまらず、さまざまなレシピも紹介しています。簡単に作れるようなものです。本書は、我慢しなくてはならないことがたくさん書いてあるようなダイエット本ではありません。

グルテンアレルギーをお持ちの方、ダイエットに興味のある方はもちろん、健康に関心がある方、料理が好きな方など、たくさんの人たちに気軽に手に取ってもらえる一冊だと思います。

 

 

Amazon (アマゾン) で、『グルテンフリーで健康生活』(バベルプレス)がご注文いただけます!

                  ↓

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%A7%E5%81%A5%E5%BA%B7%E7%94%9F%E6%B4%BB-%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB/dp/4894495104

 

『5セント玉に導かれて』(上・下巻)、『モンタナに吹く風』(上・下巻)、新訳『星の王子さま』など、

バベルのオンラインワークショップでの作品が、アマゾンでご購入いただけます~♪

 

 

絵本の読み聞かせも開催中!https://www.youtube.com/watch?v=V6edgWyHL-c

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付: