大きくする 標準 小さくする

『方丈記』と鴨長明の悟り ― 川村清夫

2021/07/22

第216回 『方丈記』と鴨長明の悟り


川村清夫
バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー


      

  
  鴨長明は下鴨神社の禰宜にも河合神社の禰宜にもなれず、京都市伏見区醍醐の日野山に庵を建てて隠棲した。庵は
丈(メートル)四方、高さ7尺(2.1メートル)に満たなかった。庵の真ん中に囲炉裏を作り、北には阿弥陀如来と普賢菩薩の絵を掛け、その前に法華経を置いた。東の端にわらびを敷いて寝床にした。西南には黒い皮の籠を3つ置いて、和歌、音楽、往生要集などの抜き書きを入れて、脇には琴と琵琶を立てかけた。

 簡素な生活を送った鴨長明は『方丈記』で悟りの境地を書き記したが、心の迷いも正直に付け足している。原文、夏目漱石、南方熊楠とディキンスによる英訳の順に見てみよう。

(原文)夫(それ)三界は只心一つなり。心若(もし)やすからずば、象馬七珍もよしなく、宮殿楼閣ものぞみなし。今さびしきすまひ、ひとま(一間)のいほり(庵)、みづからこれを愛す。おのづからみやこにいでて、身の乞匈(こつがい)となれる事をは(恥)づといへども、かへりてここにをる時は、他の俗塵には(馳)することをあはれむ。

(夏目英訳)
The three worlds consist of only one mind. Treasures, horses, oxen, palaces, towers, what are they, if the mind is uneasy? I enjoy the peace of mind in this lonely place, in this small cottage. In town I might be ashamed to become a beggar; settled here, however, I pity those who toil and moil in the dusty highway of the world. 

(南方、ディキンス英訳)
Now the three realms of existence  past, present and future  depend on the soul only. If the soul is still at ease, of what profit are cattle and horses and the seven treasures? Palaces and mansions and stately towers give no pleasure. On the other hand, in this solitary cabin I know the fullest joy. When I chance to go to City-Royal I may feel some shame on account of my beggarly appearance, yet when I come back to my hut I feel nothing but pity for the men who squirm amid the dusts of the common world. 

 南方とディキンスは「三界」を
pastpresentfutureだと、「みやこ」もCity-Royalと丁寧に翻訳している。しかし「象」を夏目はoxen、南方とディキンスはcattleと、誤訳している。

(原文)抑(そもそも)一期の月かげかたぶ(傾)きて、余算の山のは(端)にちかし。たちまちに三途のやみにむかはむとす。なにのわざをかかこたむとする。仏のをし(教)へ給ふおもむきは、事にふれて執心なかれとなり。今草庵をあいするも咎とす。閑寂に着するも、さはりなるべし。いかが要なきたのしみをのべて、あたら時をす(過)ぐさむ。

(夏目英訳)
The lunar course of my life is fast declining and is getting every moment nearer to the peak of death. If the time comes when I make a sudden start for the darkness of ‘the three ways’, of what use would it be to trouble my mind with earthly cares? Buddha teaches us to love no earthly things. To love this mossy hut is still a sin: tried tranquillity is certainly an obstruction to salvation. Woe to them who indulge in useless pleasures to while away time. 

(南方、ディキンス英訳)
To resume, my life is now like the declining moon approaching the edge of the hill which is to hide it. Ere long I must face the three realms of darkness. What deeds in the past shall I have to plead for there? What the Buddha has taught to men is this ― thou shalt not cleave to any of the things of this world. So ‘tis a sin even to grow fond of this straw-thatched cabin, and to find happiness in this life of peace is a hindrance to salvation. Why, then, should I let the days be filled with the vanity of exultation in an empty joy? 

 仏教では現世への執着を否定するが、鴨長明は草庵での閑寂な生活に愛着を感じている。

(原文)しづかなるあか月(暁)、この理(ことわり)をおもひつづけて、みづから心にと(問)ひていはく、「よ(世)をのがれて、山林にまじはるは心ををさめて道をおこなはむとなり。しかるを汝姿は聖人に似て、心はにご(濁)りにしめり。すみかはすなはち浄名居士のあとをけがせりといへども、たもつところはわづかに周利槃特が行にだに及ばず。若(もし)、これ貧賤の報(むくひ)のみづからなやますか、はた又妄心のいたりて狂せるか」そのとき、心更にこた(答)ふることなし。只かたはらに舌根をやとひて不請(ふしゃう)の阿弥陀仏両三遍申て、やみぬ。

(夏目英訳)
One still morning after those reflections, I began to ask myself: “The object of escaping from the world and of living among woods and mountains is nothing but to tranquillize your mind and to practice your principles. But your mind is soaked in impurity, though your appearance resembles a sage. Your conduct even falls short of Shuri-bandoku’s though your hut is like that of Jiomio-Koji. Is it the effect of poverty or is it the influence of some impure thought? No answer did I give to this question but twice or thrice repeated involuntary prayers. 

(南方、ディキンス英訳)
In the peace of daybreak I once meditated upon this doctrine, and this is the question I asked myself. ”You have fled from the world to live the life of a recluse amid the wild woods and hills, thus to bring peace to your soul and walk in the way of Buddha. You have the appearance of a saint, but your soul is full of turbidities. Your cabin is a slur on the memory of the habitation of Jomyo Koji; in virtue you are below even Shuri Handoku. Is your degradation the result of your poverty and mean condition, your inheritance from a previous existence, or have your trains of thought destroyed your mind?”  What answer could my soul give? None. I could but move my tongue as it were mechanically, and twice or thrice repeat involuntarily the Buddha’s holy name. I could do no more. 

 隠棲生活の動機が不純でないか自ら問うたが答えられず、念仏を2、3回して止めてしまう、鴨長明は楽天的な性格である。浄名居士は
Vimala-kirti、周利槃特はCuda-panthakaである。末尾の「やみぬ」は、南方とディキンスがI could do no moreと、丁寧に翻訳して締めくくっている。

 『方丈記』は、貴族が没落、武士が権力を握った、鎌倉時代初期の随筆の傑作である。


川村 清夫(かわむら・すがお)

上智大学文学部卒業後、上智大学大学院にて文学修士号を取得。
さらに米国インディアナ大学大学院にてPh.D(歴史学)を取得 する。
専攻は近代東欧史。
チェコ・ドイツ民族問題、ハプスブルク帝国の連邦化運動、パン・スラヴ主義を研究する。

株式会社バベル勤務、常磐大学国際学部非 常勤講師、湘南工科大学総合文化教育センター非常勤講師を経て、現在バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー。
著書は、「オーストリア・ボヘミア和協:幻のハプスブルク帝国改造構想」(中央公論事業出版、2005年)、「プラハとモスクワのスラヴ会議」(中央公論 事業出版、2008年)、The Bohemian State-Law and the Bohemian Ausgleich(中央公論事業出版、2010年)、「ターフェとバデーニの言語令:ハプスブルク帝国とチェコ・ドイツ民族問題」(中央公論事業出版、 2012年)。  

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付: