大きくする 標準 小さくする

源氏物語と「浮舟」 ― 川村清夫

2020/06/22

第190回  源氏物語と「浮舟



川村清夫
バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー

  

  薫は浮舟を宇治の故八の宮の山荘に囲っていたのだが、めったに訪れることがない。匂宮は浮舟の居所を突き止めて、ある夜に薫を装って浮舟の部屋に押し入って、浮舟と契りを結んでしまった。薫は匂宮と浮舟の関係を知ると、浮舟が心変わりをしたと誤解して、彼女をなじる手紙を送りつける。浮舟は薫と匂宮との三角関係に苦しみ、宇治川への入水を決意する。浮舟は入水する前に、侍女たちが事情を知らないうちに、母である中将の君からの手紙に、別れの返事を書くのである。

 それでは浮舟が中将の君に別れの返事を書く場面を、明融臨模本の原文、渋谷栄一の現代語訳、ウェイリーとサイデンステッカーの英訳の順に見てみよう。

(明融臨模本原文)寺へ人遣りたるほど、返り事書く。言はまほしきこと多かれど、つつましくて、ただ、

「後にまたあひ見むことを思はなむ
この世の夢に心惑はで」

誦経の鐘の風につけて聞こえ来るを、つくづくと聞き臥したまふ。

「鐘の音の絶ゆる響きに音を添へて
わが世尽きぬと君に伝へよ」

巻数持て来たるに書きつけて、
「今宵は、え帰るまじ」
と言へば、物の枝に結ひつけて置きつ。乳母、
「あやしく、心ばしりのするかな。夢も騒がし、とのたまはせたりつ。宿直人、よくさぶらへ」
と言はするを、苦しと聞き臥したまへり。

(渋谷現代語訳)寺へ使者をやった間に、返事を書く。言いたいことはたくさんあるが、気がひけて、ただ、

「来世で再びお会いすることを思いましょう
この世の夢に迷わないで」

誦経の鐘の音が風に乗って聞こえて来るのを、つくづくと聞き臥していらっしゃる。

「鐘の音が絶えて行く響きに、泣き声を添えて
わたしの命も終わったと母上に伝えてください」

僧の所から持って来た手紙に書き加えて、
「今夜は、帰ることはできまい」
と言うので、何かの枝に結び付けておいた。乳母が、
「妙に、胸騒ぎがすることだわ。夢見が悪い、とおっしゃった。宿直人、十分注意するように」
などと言わせるのを、苦しいと聞きながら臥していらっしゃった。

(ウェイリー英訳) 
While the messenger was going to the temple, she sat down to answer the letter. There was much that she would have liked to say. But no, silence was best. 
“Not here, but in a place by the world’s dreams and omens undefiled, doubt not that we shall meet!”
The service had begun. Listening intently she could hear where she lay, now soft, now loud, as the wind rose and died, the tolling of the templebell. Presently the man come back, bringing with him the kwanju, upon the margin of which she wrote. “Be this your message, that with the last dim echoes of the tolling bell my sorrow reached its close.” “It’s too late for me to go back now,” the man said, and keeping the kwanju she tied it to a spray of green leaves. “Something is going to happen, I know that,” said Nurse, coming in. “You should hear the way my heart’s beating! And then these bad dreams your mother has had
” and she bustled off to see to it that the night-watchmen were all at their posts.

(サイデンステッカー英訳) With the letter were offerings of cloth and a request to the abbot that sutras be read. How sad, thought the girl, that her mother should go to such trouble when it was already too late. She composed her answer while the messenger was off at the monastery. Thought there was a great deal that she would have liked to say, she set down only this poem: 

“We shall think of meeting in another world 
And not confuse ourselves with dreams of this.” 

She lay listening to the monastery bells as they rang an accompaniment to the sutras, and wrote down another poem, this one at the end of the list that had come back from the monastery of the sutras to be read: 

“Join my sobs to the fading toll of the bell, 
To let her know that the end of my life has come.” 

The messenger had decided not to return that night. She tied her last poem to a tree in the garden. 
“Here I am having palpitations,” said Nurse. “and she says she’s been having bad dreams. Tell the guards to be extra careful.”


 浮舟の和歌を、ウェイリーはひねった翻訳をして失敗しているのに対し、サイデンステッカーは素直な翻訳をして成功している。最初の和歌「後にまたあひ見むことを思はなむ、この世の夢に心惑はで」を、ウェイリーは
Not here, but in a place by the world’s dreams and omens undefiled, doubt not that we shall meet!と訳したが誤訳である。サイデンステッカーはWe shall think of meeting in another world. And not confuse ourselves with dreams of this.と、素直で正確な翻訳である。第二の和歌「鐘の音の絶ゆる響きに音を添へて、わが世尽きぬと君に伝へよ」を、ウェイリーはBe this your message, that with the last dim echoes of the tolling bell my sorrow reached its close.と訳したが不正確である。サイデンステッカーはJoin my sobs to the fading toll of the bell, To let her know that the end of my life has come.と、素直で正確な翻訳である。

 巻数(かんじゅ)とは、僧侶が依頼主の要望に応えて読誦した経典の題目、巻数、読誦の回数を記した目録のことである。渋谷は「僧の所から持ってきた手紙」、ウェイリーは
kwanjuと表記しただけで、わかりにくい。サイデンステッカーはthe list that had come back from the monastery of the sutras to be readと、丁寧に翻訳している。

 浮舟は宇治川に入水しようとしたができず、川辺に放心状態でいたところを、比叡山延暦寺の横川の僧都に命を助けられるのである。

 


川村 清夫(かわむら・すがお)

上智大学文学部卒業後、上智大学大学院にて文学修士号を取得。
さらに米国インディアナ大学大学院にてPh.D(歴史学)を取得 する。
専攻は近代東欧史。
チェコ・ドイツ民族問題、ハプスブルク帝国の連邦化運動、パン・スラヴ主義を研究する。

株式会社バベル勤務、常磐大学国際学部非 常勤講師、湘南工科大学総合文化教育センター非常勤講師を経て、現在バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー。
著書は、「オーストリア・ボヘミア和協:幻のハプスブルク帝国改造構想」(中央公論事業出版、2005年)、「プラハとモスクワのスラヴ会議」(中央公論 事業出版、2008年)、The Bohemian State-Law and the Bohemian Ausgleich(中央公論事業出版、2010年)、「ターフェとバデーニの言語令:ハプスブルク帝国とチェコ・ドイツ民族問題」(中央公論事業出版、 2012年)。  

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付: