大きくする 標準 小さくする

源氏物語と「総角」(あげまき)  ― 川村清夫

2020/04/22

第186回  源氏物語と「総角」(あげまき)



川村清夫
バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー

  


 宇治の大君は、父の八の宮の遺言に従って、結婚せず宇治で生涯を送る決心をしており、薫の求愛を拒んでいた。薫は中君を匂宮に紹介すると、薫と違って恋愛に積極的な匂宮は、たちまち中君と契りを結んでしまった。十一月になって大君は病気になり、薫は見舞いに駆け付け、修行僧たちに加持祈祷させながら、自らも大君の看病をした。看病のかいもなく、大君は中君のことを心配しながら、「見ている前で物が隠れてゆくように」(見るままにもの隠れゆくやうに)この世を去って、薫は悲嘆にくれるのである。

 それでは死の床の大君と薫の最後の会話と、大君の死に嘆き悲しむ薫の独白を、大島本原文、渋谷栄一の現代語訳、ウェイリーとサイデンステッカーの英訳の順に見てみよう。

(大島本原文)「かく、はかなかりけるものを、思い隈なきやうに思されたりつるもかひなければ、このとまりたまはむ人を、同じこと思ひきこえたまへと、ほのめかしきこえしに、違へたまはざらましかば、うしろやすからましと、これのみなむ恨めしきふしにて、とまりぬべうおぼえはべる」とのたまへば、
「かくいみじう、もの思ふべき身にやありけむ。いかにも、いかにも、異ざまにこの世を思ひかかづらふ方のはべらざりつれば、御おもむけに従ひきこえずなりにし、今なむ、悔しく心苦しうもおぼゆる。されども、うしろめたくな思ひきこえたまひそ」…
「世の中をことさらに厭ひ離れね、と勧めたまふ仏などの、いとかくいみじきものは思はせたまふにやあらむ。見るままにもの隠れゆくやうにて消え果てたまひぬるは、いみじきわざかな」

(渋谷現代語訳)「このように、はかなかったものを、思いやりがないようにお思いなさったのも効がないので、このお残りになる人を、同じようにお思い申し上げてくださいと、それとなく申し上げましたが、その通りにしてくださったら、どんなに安心して死ねたろうにと、この点だけ恨めしいことで、執着が残りそうに思われます」とおっしゃるので、
「このようにひどく、物思いをする身の上なのでしょうか。何としても、かんとしても、他の人には執着することがございませんでしたので、ご意向にお従い申し上げずになってしまいました。今になって、悔しくいたわしく思われます。けれども、ご心配申し上げなさいますな」…
「世の中を特に厭い離れなさい、とお勧めになる仏などが、とてもこのようにひどい目にお遭わせになるのだろうか。見ている前で物が隠れてゆくようにして、お亡くなりになったのは、何と悲しいことであろうか」

(ウェイリー英訳)
“It was partly,” she said, “because I felt I would not live long that I wanted you to take Kozeri instead of me. In this way I was giving, I felt, not less but more than you asked. If you had listened to me then, with what happy tranquility might I now be going to my death! For there is no other reason that could make me loath to die.” “You asked what was impossible,” he protested. “I had never cared for anyone but you, and indeed could never have brought to you this store of garnered feeling had not fate locked my heart for so long. What I did for Kozeri cannot be undone; but I still believe that you have not the slightest grounds for anxiety on her account.”… 
But, as though the gods had determined this time once and for all to wrest his thoughts from the shackles of earthly desire, at each prayer that he uttered he saw her shrink and fade. 

(サイデンステッカー英訳)
“I am sorry that I have been so out of things. I may have seemed rude in not doing as you have wished. I must die, apparently, and my one hope has been that you might think of her as you have thought of me. I have hinted as much, and had persuaded myself that I could go in peace if you would respect this one wish. My one unsatisfied wish, still trying me to the world.” 
“There are people who walk under clouds of their own, and I seem to be one of them. No one else, absolutely no one else, has stirred a spark of love in me, and so I have not been able to follow your wishes. I am sorry now; but please do not worry about your sister.”

Was it to push a man towards renunciation of the world that the Blessed One sent such afflictions? She seemed to be vanishing, fading away like a flower. 

 ウェイリー訳では大君を総角(
Agemaki)、中君を小芹(Kozeri)と呼んでいる。大君の最後の台詞にある「このとまりたまはむ人を、同じこと思ひきこえたまへと、ほのめかしきこえしに、違へたまはざらましかば、うしろやすからまし」をウェイリーはI wanted you to take Kozeri instead of me. In this way I was giving, I felt, not less but more than you asked. If you had listened to me then, with what happy tranquility might I now be going to my death、サイデンステッカーはmy one hope has been that you might think of her as you have thought of me. I have hinted as much, and have persuaded myself that I could go in peace if you would respect this my wishと訳している。薫の台詞にある「いかにも、異ざまにこの世を思ひかかづらふ方のはべらざりつれば、御おもむけに従ひきこえずなりにし」を、ウェイリーはI had never cared for anyone but you, and indeed could never have brought to you this store of garnered feeling had not fate locked my heart for so long、サイデンステッカーはNo one else, absolutely no one else, has stirred a spark of love in me, and so I have not been able to follow your wishesと訳している。大君の最期を看取った薫の独白にある「見るままにもの隠れゆくやうに」をウェイリーはhe saw her to shrink and fade、サイデンステッカーはshe seemed to be vanishing, fading away like a flowerと訳している。

 中君は匂宮に引き取られて、匂宮の長男を産むことになるのである。

 


川村 清夫(かわむら・すがお)

上智大学文学部卒業後、上智大学大学院にて文学修士号を取得。
さらに米国インディアナ大学大学院にてPh.D(歴史学)を取得 する。
専攻は近代東欧史。
チェコ・ドイツ民族問題、ハプスブルク帝国の連邦化運動、パン・スラヴ主義を研究する。

株式会社バベル勤務、常磐大学国際学部非 常勤講師、湘南工科大学総合文化教育センター非常勤講師を経て、現在バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー。
著書は、「オーストリア・ボヘミア和協:幻のハプスブルク帝国改造構想」(中央公論事業出版、2005年)、「プラハとモスクワのスラヴ会議」(中央公論 事業出版、2008年)、The Bohemian State-Law and the Bohemian Ausgleich(中央公論事業出版、2010年)、「ターフェとバデーニの言語令:ハプスブルク帝国とチェコ・ドイツ民族問題」(中央公論事業出版、 2012年)。  

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

記事一覧