大きくする 標準 小さくする

源氏物語と「竹河」  ― 川村清夫

2020/03/07

第183回  源氏物語と「竹河」



川村清夫
バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー

  

 
 「竹河」の帖は、髭黒大将の遺族の後日譚である。髭黒大将は後で太政大臣に昇進して他界した。彼の未亡人である玉鬘は、大君と中君という2人の娘の嫁ぎ先に迷っていた。大君は、薫や、夕霧の五男である蔵人少将から求婚されていた。特に蔵人少将は3月に玉鬘邸を訪問して、姉妹の兄弟の左近中将たちがいない間に、彼女たちが咲き誇る桜の木を賭けて碁を打つ姿をのぞき見するのである。

 蔵人少将が大君と中君の姿をのぞく場面を、大島本原文、渋谷栄一の現代語訳、ウェイリーとサイデンステッカーの順に見てみよう。

(大島本原文)中将など立ちたまひてのち、君たちは、打ちさしたまへる碁打ちたまふ。昔より争ひたまふ桜を賭物にて、
「三番に、数一つ勝ちたまはむ方には、なほ花を寄せてむ」
と、戯れ交はし聞こえたまふ。暗うなれば、端近うて打ち果てたまふ。御簾巻き上げて、人びと皆挑み念じきこゆ。折しも例の少将、侍従の君の御曹司に来たりけるを、うち連れて出でたまひにければ、おほかた人少ななるに、廊の戸の開きたるに、やをら寄りてのぞきけり。
かう、うれしき折を見つけたるは、仏などの現れたまへらむに参りあひたらむ心地するも、はかなき心になむ。夕霧の霞の紛れは、さやかならねど、つくづくと見れば、桜色のあやめも、それと見分きつ。げに、散りなむ後の形見にも見まほしく、匂ひ多く見えたまふを、いとど異ざまになりたまひなむこと、わびしく思ひまさらる。若き人びとのうちとけたる姿ども、夕映えをかしう見ゆ。

(渋谷現代語訳)中将などがお立ちになった後、姫君たちは、途中で打ち止めていらした碁を打ちになる。昔からお争いになる桜を賭物として、
「三番勝負で、一つ勝ち越しになった方に、やはり花を譲りましょう」
と、ふざけて申し合いなさる。暗くなったので、端近くで打ち終えなさる。御簾を巻き上げて、女房たちが皆競い合ってお祈り申し上げる。ちょうどその時、いつもの蔵人少将が、藤侍従の君の部屋に来ていたのだが、兄弟連れ立ってお出になったので、だいたいが人が少ない上に、廊の戸が開いていたので、静かに近寄って覗き込んだ。
このように、嬉しい機会を見つけたのは、仏などが姿を現しなさった時に出会ったような気がするのも、あわれな恋心というものである。夕暮の霞に隠れて、はっきりとはしないが、よくよく見ると、桜色の色目も、はっきりそれと分かった。なるほど、花の散った後の形見として見たく、美しさがいっぱいお見えなのを、ますますよそに嫁ぎなさることを、侘しく思いがまさる。若い女房たちのうちとけている姿姿が、夕日に映えて美しく見える。

(ウェイリー英訳)
When Sakon no Chujo went away his sisters resumed their game of draughts. It was to be the best out of three, and the winner, they laughingly decided, should have the cherry-tree for her own. As it was getting dark they moved the board as close as possible to the window, and their respective waiting-women, raising the blinds, gathered round, each bent on the victory of her own side. 
Presently, as usual, Kurodo no Shosho arrived and went straight to Jiju’s room; but Jiju had gone out with his brothers. There seemed indeed to be no one about, and as the door of the corridor leading to the women’s apartments was ajar, Kurodo stepped lightly towards it and looked in. he was dumbfounded at his own good fortune. His heart stood still as it might have done if Buddha himself had suddenly risen up in front of him. It was misty as well as late, but soon among the mass of dark figures he distinguished the sharp contrasts of a “cherry” dress. Yes, that surely was she. He gazed and gazed, that he might at least have something to remember “when the flowers were fallen.” He saw her clearly now; but her beauty filled him only with a greater sadness. Better now than ever before he knew how much it was that he was doomed to lose. 
The young girls in attendance, who were for the most part very lightly and negligently clad, presented a charming spectacle in the evening light. 


(サイデンステッカー英訳)
When their brothers had left, the ladies turned again to the Go board. They now made the disputed cherry tree their stakes. 
“Best two of three,” said someone. 
They came out to the veranda as evening approached. The blinds were raised and each of them had an ardent cheering section. Yugiri’s son the lieutenant had come again to visit the youngest son of the house. The latter was off with his brothers, however, and his rooms were quiet. Finding an open gallery door, the lieutenant peered cautiously inside. An enchanting sight greeted him, like a revelation of the Blessed One himself (and it was rather sad that he should be so dazzled). An evening mist somewhat obscured the scene, but he thought that she in the red-lined robe of white, the “cherry” as it is called, must be the one who so interested him. Lovely, vivacious- she would be “a memento when they have fallen.” He must not let another man have her. The young attendants were also very beautiful in the evening light. 


 碁をウェイリーは
draughts(チェッカー)と訳したが、違うゲームだ。サイデンステッカーはGoと正しく訳した。サイデンステッカーは蔵人少将をlieutenant(中尉)と訳したが、誤訳だ。少将とは五位相当の近衛府の少将で、朝廷の高官なのだ。また仏をウェイリーはBuddhaと正しく訳したが、サイデンステッカーはBlessed Oneと訳した。これでは意味がわからない。

 蔵人少将は夢中だったが、玉鬘は大君を冷泉院の妃に、中君を尚侍にしたのである。

 


川村 清夫(かわむら・すがお)
上智大学文学部卒業後、上智大学大学院にて文学修士号を取得。
さらに米国インディアナ大学大学院にてPh.D(歴史学)を取得 する。
専攻は近代東欧史。
チェコ・ドイツ民族問題、ハプスブルク帝国の連邦化運動、パン・スラヴ主義を研究する。

株式会社バベル勤務、常磐大学国際学部非 常勤講師、湘南工科大学総合文化教育センター非常勤講師を経て、現在バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー。
著書は、「オーストリア・ボヘミア和協:幻のハプスブルク帝国改造構想」(中央公論事業出版、2005年)、「プラハとモスクワのスラヴ会議」(中央公論 事業出版、2008年)、The Bohemian State-Law and the Bohemian Ausgleich(中央公論事業出版、2010年)、「ターフェとバデーニの言語令:ハプスブルク帝国とチェコ・ドイツ民族問題」(中央公論事業出版、 2012年)。  

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

記事一覧