大きくする 標準 小さくする

源氏物語と「梅が枝」ー 川村清夫

2019/06/07

第165回  源氏物語と「梅が枝」

川村清夫: バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー


 
 光源氏は、文化的には流行に流されない、保守的な趣味の持ち主であった。彼は織物に関しても、「錦、綾なども、なほ古きものこそなつかしうこまやかにはありけれ」(錦、綾なども、やはり古い物が好ましく上品であった)と言っている。彼は、明石の君との間にもうけた娘である明石の姫君を東宮妃として入内させる準備を進めていた。他方、光源氏の子息である夕霧は、内大臣の娘である雲居の雁と恋愛関係にあったが、なかなか身を固めなかった。そこで光源氏は、自分の恋愛経験を話しながら、結婚を勧めるのであった。では光源氏の台詞を、大島本原文、渋谷栄一の現代語訳、ウェイリーとサイデンステッカーの英訳の順に見てみよう。

(大島本原文)
「つれづれとものすれば、思ふところあるにやと、世人も推し量るらむを、宿世の引く方にて、なほなほしきありありてなびく、いと尻びに、人悪ろきことぞや。」

「いみじう思ひのぼれど、心にしもかなはず、限りのあるものから、好き好きしき心つかはるな。いはけくより、宮の内に生ひ出でて、身を心にまかせず、所狭く、いささかの事のあやまりもあらば、軽々しきそしりをや負はむと、つつしみだに、なほ好き好きしき咎を負ひて、世にはしたなめられき。位浅く、何となき身のほど、うちとけ、心のままなる振る舞ひなどものせらるな。心おのづからおごりぬれば、思ひしづむべきくさはひなき時、女のことにてなむ、かしこき人、昔も乱るる例ありける。」

(渋谷現代語訳)
「所在なく独身でいると、何か考えがあるのかと、世間の人も推量するであろうから、運命の導くままに、平凡な身分の女との結婚に結局落ち着くことになるのは、たいそう尻すぼまりで、みっともないことだ。」

「ひどく高望みしても、思うようにならず、限界があることから、浮気心を起こされるな。幼い時から宮中で成人して、思い通りに動けず、窮屈に、ちょっとした過ちもあったら、軽率の非難を受けようかと、慎重にしていたのでさえ、それでもやはり好色がましい非難を受けて、世間から非難されたものだ。位階が低く、気楽な身分だからと、油断して、思いのままの行動などなさるな。心が自然と思いあがってしまうと、好色心を抑える妻子がいない時、女性関係のことで、賢明な人が、昔も失敗した例があったのだ。」


(ウェイリー英訳)

“But what I wanted to say to you now was this: your present unsettled way of living is doing your reputation a great deal of harm. Naturally everyone assumes that a previous attachment of some kind is holding you back, and the impression most people are likely to get is that you have got tied up with someone so lowborn or discreditable that you cannot possibly introduce her into your family. I know that this idea is the opposite of the truth; indeed no one could possibly accuse you of aiming too low. But it is now perfectly clear that you cannot get what you want Under such circumstances the only thing to do is to take what one can get, and make the best of it…”

“I myself had just the same sort of trouble at your age. But things were even worse; for in the Palace one is hedged round by all kinds of rules and restrictions. All eyes were upon me, and I knew that the slightest indication on my part would be eagerly seized upon and exploited by those who stood to gain by my undoing. In consequence of this I was always extremely careful… Yes. In spite of all my precautions I did once get into trouble, and it even looked at one time as though I had ruined myself for good and all. I was still low in rank then and had not particularly distinguished myself in any way. I felt that I was free to do as I chose, and that if things went wrong I had not much to lose. As a matter of fact it is just at such a moment in life that one makes the most far-reaching and irreparable mistakes, for it is then that passion is at its strongest, while the checks and restraints, that in middle age inevitably protect us against the wilder forms of folly, have not yet come into play. To suggest that you need advice on this subject is in no way derogatory to your intelligence; for in their relations with women people who show the utmost good sense in other matters seem constantly to get into the most inextricable mess.”

(サイデンステッカー英訳)

“People think there is something odd about you because you are not married, and if in the end it seems to have been your fate to disappoint us, well, we can only say that you once showed promise. Do please always be on guard against the possibility that you are throwing yourself away because your ambitions have proven unreal.”

“I grew up at court and had little freedom. I was very cautious, because the smallest mistake could make me seem reckless and giddy. Even so, people said that I showed promiscuous tendencies. It would be a mistake for you to think that because you are still relatively obscure you can do as you please. The finest of men - it was true long ago and it is still true today - can disgrace themselves because they do not have wives to keep them from temptation.”


 ウェイリー訳が冗漫なのに対して、サイデンステッカー訳は簡潔である。しかし「なほなほしきありてなびく」をウェイリーは
tied up with someone so lowborn or discreditableと的確に訳しているが、サイデンステッカーの訳は意味がわからない。「位浅く、何となき身のほど」をサイデンステッカーはyou are still relatively obscureと正確に訳しているが、ウェイリーは光源氏のことだと勘違いしている。I felt that I was free to do as I choseからin middle age inevitably protect us against the wilder forms of folly, have not yet come into playまでは、原文にないウェイリーの創作である。この光源氏の恋愛体験談は、「帚木」の帖の冒頭にある光源氏の紹介と内容が一致する。

 夕霧と雲居の雁は、次の「藤の裏葉」の帖で、晴れて結婚するのである。


 


川村 清夫(かわむら・すがお)
上智大学文学部卒業後、上智大学大学院にて文学修士号を取得。
さらに米国インディアナ大学大学院にてPh.D(歴史学)を取得 する。
専攻は近代東欧史。
チェコ・ドイツ民族問題、ハプスブルク帝国の連邦化運動、パン・スラヴ主義を研究する。

株式会社バベル勤務、常磐大学国際学部非 常勤講師、湘南工科大学総合文化教育センター非常勤講師を経て、現在バベル翻訳大学院アソシエイト・プロフェッサー。
著書は、「オーストリア・ボヘミア和協:幻のハプスブルク帝国改造構想」(中央公論事業出版、2005年)、「プラハとモスクワのスラヴ会議」(中央公論 事業出版、2008年)、The Bohemian State-Law and the Bohemian Ausgleich(中央公論事業出版、2010年)、「ターフェとバデーニの言語令:ハプスブルク帝国とチェコ・ドイツ民族問題」(中央公論事業出版、 2012年)。
  

 

編集部宛メールフォーム

お名前:必須

Eメールアドレス:必須

Eメールアドレス(確認用):必須
(確認の為、同じものをもう一度入力してください)

記事タイトル:必須


メッセージ:必須

ファイル添付:

記事一覧