大きくする 標準 小さくする

JTA 世界の翻訳業界 NEWS&EVENTS 

2021/06/07

「JTA  世界の翻訳業界NEWS&EVENTS」  第1回 

毎月最新の「世界の翻訳業界 News & Events」を一般社団法人日本翻訳協会のWebページ「世界の翻訳資格」に掲載しています。今回は、2021年5月24日に掲載した翻訳情報をご案内いたします。
すべての情報は以下のURLよりご覧いただけます。

http://www.jta-net.or.jp/translator_license.html


情報提供:一般社団法人 日本翻訳協会 (Japan Translation Association 略してJTA) 
http://www.jta-net.or.jp/

●世界の翻訳業界EVENTS
●翻訳資格認定協会、機関 News & Events

●NATTI(オーストラリア)
◆翻訳者スポットライト :福野茉穂 <2021年5月24掲載>
オーストリアに在住する翻訳者、福野茉穂さんによる自己紹介及びオーストラリアに引っ越して翻訳者になるまでの経緯や経験についてのスポットライト記事です。
May 3, 2021
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-maho-fukuno/


●ITI(イギリス)
◆【ウェビナー】フリーランスのキャリアで新たな高みを目指す方法 <2021年5月24掲載>
フリーランス経験が既にあり、高品質のエージェント及びクライエントとのやり取りに集中してビジネスをレベルアップしたい翻訳者向けです。
セミナー第1回 目 2022年1月14日
詳細:
https://www.iti.org.uk/discover/iti-training-courses/advancing-your-freelance-translation-career.html


●ATA(アメリカ)
◆調査によると、Google翻訳は、医療翻訳には適していない <2021年5月24掲載>
カリフォルニア州UCLA大学の研究者等の調査によると、Google翻訳は、医療関係の翻訳につき、信頼性に欠けているとのことです。当調査は、緊急診療部の400件の退院指導をGoogle翻訳で英語から七ヶ国語に翻訳したものを各種参考にしました。Google翻訳は、文脈を正確に読み取れないため、例えば、医療薬の名前が認識できず、訳文が全く変わってしまうなどの問題が指摘されています。
April 2, 2021
詳細:
https://www.atanet.org/industry-news/study-finds-google-translate-still-isnt-good-enough-for-medical-instructions/


●世界の翻訳業界 NEWS
●翻訳業界 News & Events

●多言語関連
◆ニューヨーク州上院、言語アクセスを増やす法案を可決 <2021年5月24掲載>
ニューヨーク州上院は、同州政府機関のウェブサイトを州内で最も広く使用されている12の言語に翻訳することを義務付ける法案を同州上院で可決した。ニューヨーク州は、主な家庭言語が英語以外の言語である住民の人口が約560万人と言語的に多様な州の中で最も多い。同州は、COVID-19関連情報を扱うウェブページの翻訳を30日間、他のすべての州政府機関のウェブページの翻訳を90日間で行うこととした。
May 6, 2021
詳細:
https://multilingual.com/new-york-senate-passes-bill-to-increase-language-access/

◆機械翻訳において改善する分野を探る研究 <2021年5月24掲載>
機械翻訳(MT)が日々の生活の中でますます普及するにつれ、翻訳にはコミカルで、時には有害となる大きな間違いもあるようだ。研究チームは、グーグル翻訳およびその他のMTシステムにおいて、異なる文脈で正反対となる複数の意味を持つ単語を含む場合に正確な翻訳を行うのが難しいとする論文を発表した。また、そのような間違いを最小限に抑えるための技術の使い方に関する改善方法にも言及している。
April 27, 2021
詳細:
https://multilingual.com/study-explores-areas-of-improvement-in-machine-translation/


●翻訳全般(言語、リサーチ)
◆言語データセットの適切な価格を定義する方法 <2021年5月24掲載>
データが資産や商品として認識されるにつれて、新しいタイプの商品の交換を促進するオンラインマーケットプレイスの数と人気がますます高まってきている。そのような市場の1つが、最近立ち上げられたTAUSデータマーケットプレイスで言語データの収益化と取得のためのプラットフォームである。この記事では、言語データの市場および価格を設定
するためにデータセットの値を定義する方法について解説する。
May 4, 2021
詳細:https://blog.taus.net/how-to-define-the-right-price-for-a-language-dataset

◆メモQ翻訳技術 <2021年5月24掲載>
メモQは、2004年から翻訳業界にプレミアムソリューションを提供しているテクノロジープロバイダーである。約15年間、メモQは、世界中の企業、翻訳会社、フリーランス翻訳者を支援するための多様な開発と共にイノベーションの提供に専念してきた。メモQサーバー/メモQクラウドは、多くの企業および翻訳会社が選択した翻訳管理システムであり、その中核は、翻訳プロジェクトを管理するための高度な生産性ツールである。
詳細:https://slator.com/directory/memoq-translation-technologies/

◆プロガイド:翻訳価格と調達 <2021年5月24掲載>
単語あたりレートは依然として翻訳価格の重要な指標であるが、プロガイドは、最初に、単語あたりのレートに影響を与える多くの要因の分析を行う。加えて、現行の単語あたりの価格モデルの概要を図解で説明し、単語あたりの基準価格はひろく顧客も認めているものであるが、それは翻訳価格の一つの要素に過ぎないことを協調する。さらに、価格設定における翻訳メモリ(TM)の役割を検討し、TM割引の業界標準アプリケーションを提示する。
March 19, 2021
詳細:
https://slator.com/data-research/pro-guide-translation-pricing-and-procurement/

◆2021年翻訳レートと料金 <2021年5月24掲載>
翻訳業務の特性の中でも、料金はプロバイダ間の直接的な比較を可能にする唯一のものである。
したがって、料金は言語サービスプロバイダおよびそのクライアントにとって長年の話題であった。
顧客が最良のディールを求める一方で、LSPは、競争力と収益性を高めるために努力している。
このレポートは、バイヤーとサプライヤー間の情報の不均衡をなくすように努め、お互いが可能な限り効率的に交渉できるようにするものである。
March 16, 2021
詳細:https://insights.csa-research.com/reportaction/305013216/Marketing

◆パンデミックは、如何にLPSに急速な変化をもたらしたのか。 <2021年5月24掲載>
言語サービスは、本質的にeビジネスで、自宅から作業への切り替えは簡単そうに見える。
しかし、それはハードウェアとネットワーキングへの新たな投資、クラウドへの迅速な移動等を必要とし、リモート作業用にまだセットアップされていない人にとっては、ITとセキュリティ環境を強化する必要に迫られる事態となった。
パンデミックは、使用する技術とプロセスに急速な変化を引き起こしたのである。
May 3, 2021
詳細:https://insights.csa-research.com/reportaction/305013279/Toc


==================================
●●セミナーのご案内●●

*ZOOM(オンライン)で受講できます。                           
==================================          
==================================
        ●ZOOM オンラインセミナー●
==================================
 
    ☆「機械翻訳に適した日本語表現をめざして」セミナー☆
 
       ― 機械翻訳で変わるもの変わらないもの ―

日本語の文法研究のトピックから選んだ表現について、機械翻訳を通してそれがどのように現れるか、また翻訳ソフトによる解釈の差異などを観察する。また日本語マニュアルの英訳と英語のマニュアルの日本語訳を機械翻訳で行い比較し、「日英」「英日」を繰り返して変わらないループが起こる状態を作りだす。そしてそれを通して翻訳で誤解の生まれにくい表現について考察する。

●セミナー目次
1.「食費を 最大限に/最小限に おさえる。」
2.「~は」を巡って(「何を食べるの/作るの/描くの、・・・。」)
 「僕はハンバーガーだ。」)
3. 「~が」を巡って(「あそこにイチゴが売っているよ。」)
4. 日本語マニュアルの英訳と英語マニュアルの日本語訳の相違点。
5. 翻訳がループ担った状態の日本語と英語。
6. 翻訳しやすい表現に向けて。 


●講師:猪塚 元(いのづか はじめ)
上智大学外国語学部ロシア語学科卒業、
同大学大学院言語学研究科 博士前期課程修了 文学修士
日本語教育能力検定試験 合格 
東邦大学等で講師  大学院では音声学の研究室に所属し10年ほど日本
各地で方言のフィールドワークに従事
大学院終了語、辞書出版社で露和・和露、英和・英英などの辞書の編纂
また情報処理振興事業協会でコンピュータ用日本語辞書のプロジェクトに
従事。

 著書
(共著:猪塚恵美子)『日本語の音声入門 全面改訂版』2003バベルプレス
(共著:猪塚恵美子)『日本語音声学の仕組み』2003研究社
(共著:井口厚夫他)『Japanese Now(英文)』1993荒竹出版
『キクタン ロシア語 入門編』2014アルク
(共著 原ダリア)『キクタン ロシア語 会話編』2017アルク
(共著 原ダリア)『キクタン ロシア語 初級編』2019アルク

・実施日:     2021年7月1日(木)15時~17時(日本時間) 
・申込締切 :2021年6月25日(金)(日本時間)

◆セミナーの詳細・お申込みはこちらまで↓

http://www.jta-net.or.jp/seminar_20210701.html
==================================
==================================
    ☆「同時通訳法による翻訳方法論」セミナー☆
 
       ― 順送り訳による訳文改善の方法 ―

一般に同時通訳は、時間的制約から原文の情報順に口頭で訳出してゆきます。
実は、原文の情報提示順を踏襲した訳出をすることが、翻訳においても原文に
忠実な訳出の実現へとつながります。
本講座では、「順送り訳」に焦点を当てて同時通訳法を翻訳に応用することで
翻訳の質の向上を目指します。

<セミナー目次(内容)>
1.順行訳と逆行訳
2.簡単な同時通訳の練習
3.順送り訳による翻訳の試み

●講師:河原 清志(かわはら きよし)
   ・拓殖大学外国語学部教授
 ・東京外国語大学大学院通訳コース講師
 ・元日本通訳翻訳学会会長、高野山真言宗僧侶・伝法阿闍梨。
 ・専門は通訳翻訳研究、言語学、スピリチュアルケア論。
 ・著書に、『翻訳等価再考―翻訳の言語・社会・思想』
  (晃洋書房、単著)、 『英語通訳への道』(大修館、共著)、
  『よくわかる翻訳通訳学』(ミネルヴァ書房、共著)その他。

・実施日:     2021年8月27日(金)15時~17時(日本時間)
・申込締切 :2021年8月23日(月)(日本時間)

◆セミナーの詳細・お申込みはこちらまで↓

http://www.jta-net.or.jp/seminar_20210827.html
==================================
==================================
●●翻訳試験のご案内●●

*試験は全てインターネット受験ですからご自宅での受験となります。

-----------------------------------------------------------------------

実施日:2021年6月19日(土)(日本時間)
締 切:2021年6月15日(火)(日本時間)
1.「出版翻訳能力検定試験」

1) 第29回 一般教養書(ビジネス関連)翻訳能力検定試験   
2) 第29回 一般教養書(サイエンス関連)翻訳能力検定試験
詳細・お申込は、当協会ホームページから 

http://www.jta-net.or.jp/about_publication_exam.html

2.ビジネス翻訳能力検定試験
1) 第42回 医学・薬学翻訳能力検定試験(英日・日英)
2) 第42回 特許翻訳能力検定試験(英日・日英)
詳細・お申込は、当協会ホームページから 

http://www.jta-net.or.jp/about_business_exam-2.html
=================================
=================================

情報提供 : 一般社団法人 日本翻訳協会 (Japan Translation Association 略してJTA)
 
●一般社団法人 日本翻訳協会●
http://www.jta-net.or.jp/
・設立:1986年10月
・Mission:「翻訳に対する社会の認識を高めること及び翻訳に関する技術及び知識を増進することによって翻訳の水準を高めること並びに翻訳者を支援してその自立を促進することを通じて、世界の文化交流及び産業経済の発展に寄与することを目的とする。」
=================================