大きくする 標準 小さくする

第五回 今、偉大なる‘翻訳者’、福澤諭吉が生きていれば  ―翻訳、日本語、日本をどう考える

2021/03/08

【特集連載】翻訳の観点から日本語を再考する  

第266号 ALUMNI編集室から

【シリーズ】翻訳の観点から日本語を再考する 第五回
 

 今、偉大なる‘翻訳者’、福澤諭吉が生きていれば
         ― 翻訳、日本語、日本をどう考える









バベル翻訳専門職大学院(USA) 副学長 堀田都茂樹

 
 

「学問のすすめ」 
天は人の上に人を造らず、人の下に人をつくらず、と云えり。
 
人は生まれながら平等であると言われているが、
現実には大きな差がある。それはなぜであろうか。
その理由は、学んだか学ばなかったかによるものである。
学問を身につけ、自分の役割を果たし独立すべき。
自由とわがままは異なる。学問とはその分限を知ることである。
自分の行いを正し、学問を志し、知識を広め、各自の立場に応じて才能と人格を磨き、
外国と対等に付き合い、日本の独立と平和を守ることが急務である。
 
 福澤諭吉の「学問のすすめ」は、明治維新の5年後、1872~76年に書かれています。人口が3500万人の当時、340万部も売れた驚異のベストセラー、今日で言えば、日本の人口が1億2千万人であるとすると、なんと1200万部ということになります。
 
 当時の日本は明治維新を経て、言わば強制的に鎖国を解かれ、本格的なグローバル社会へ突入した、まさに激動期、社会、国家革命を目前にした時です。
 
 この本は、まさに新しい時代を拓く指南書として多くの日本人が貪り読んだ本でした。
 
 従って、「学問のすすめ」は単なる個人の能力至上主義を唱えたものではなく、個人の社会的あり方、役割を説いたもので、個人が自立するなかで国家自体の繁栄が成し遂げられる事を説いています。これが独立自尊。
 
 今という時代の課題を考えると、当時、日本が直面していた難題と不思議と符合すると言われます。
 
・グローバル化の波が押し寄せ、右往左往する主体性を欠く日本
・近隣諸国が謂れなき侵略意図をほのめかし、
・国は長期の財政赤字で破綻寸前
・政府は企業優先、庶民を顧みない
・社会制度の崩壊、遅々として進まない構造改革
 
等々の状況を見ても、当時、福澤が指摘すると同様、今こそ、次の時代への明確な展望を持つべきときに来ていると思います。国に依存せずに、個々が自らできることを自覚するときにあると考えます。
 
そんな時代に福澤諭吉が唱えたのが 「実学のすすめ」 。
 
ここで私は、時代意識を転換する新しい視点として、優れて実践的な学であるべき翻訳、
日本の世界における新たな役割を示唆する「翻訳のすすめ」、いや『日本発信のすすめ』を今こそ皆さんとともに考えていきたいと考えます。
 
世界がボーダレス一つになる中、各々の言語を生かしつつ、情報の共有化を図り、世界を融和、相互発展させるには『 翻訳 』は欠かせない方法論と考えます。日本は‘翻訳立国’と言われて久しいにも係わらず、国家レベルの施策において翻訳の占める位置付けはあまりにも低いとしか言いようがありません。細やかなコミュニケーションスタイルをもつ日本人の特性を持ってすれば、多・双方向翻訳で『翻訳再立国』を果たし、東西、南北の橋渡しとなり、日本と世界との情報格差を無くし、その‘多・双方向翻訳力’を持って世界に貢献するという図式もあながち夢物語ではないと考えます。
 
 そのために、バベルは翻訳大学院を2000年に設立しましたが、翻訳高等教育の在りかたにとどまらず、国家レベルの施策としての『 翻訳ナショナリズムの構築』をめざしたいと思います。
 
 日本は明治維新以来、福沢諭吉をはじめ、西周、中江兆民をはじめ多くの啓蒙家が、西欧の文化、文物を‘和魂洋才’を念頭に急速に取り入れ、日本語を堅持しつつ、国家の近代化を果たしてきました。これは、換言すれば、‘翻訳’を通して日本語で当時の西欧の先進文化、文明を移入してきたと言えます。俗に、‘翻訳立国―日本’と言われる所以です。
 
 六世紀から七世紀にかけて中国文化を移入したときには大和言葉と漢語を組み合わせて翻訳語を創り、明治維新以降は西欧の人文科学、社会科学等のそれまで日本にはなかった抽象概念を翻訳語として生み出してきました。societyが社会、justiceが正義、truthが真理、reasonが理性、その他、良心、主観、体制、構造、弁証法、疎外、実存、危機、等々、これらの翻訳日本語は現在のわたしたちには何の違和感もなくなじんできているのは承知の通りです。
 
 翻って、この‘翻訳’の現代に占める社会的位置は、と考えてみると、不思議なくらい、その存在感が読み取れません。
 
 もちろん、巷では、翻訳書を読み、政府、また企業でも多くの予算を翻訳に割いています。また、ドストエフスキー、トーマス・マンをはじめ、世界中の古典文学を何の不自由もなく親しめる環境があるのも事実です。また、将来を展望しても、ITテクノロジーによる更なるボーダレス化を考えても翻訳は計り知れないビジネスボリュームを抱えています。
 
 一説には、一般企業が年間に外注する翻訳量は金額に換算して、2000億円市場とも言われます。これに、政府関係、出版関係(デジタルを含む)、更にアニメ、マンガといったコンテンツ産業関連を加算すれば、優に、一兆円を越える市場規模になると言われます。
 
 とすると、過去は言うに及ばず、今後、日本のビジネス取引、文化形成における‘翻訳’の役割は、想像以上に大きいと言わざるを得ません。そうした認識をふまえ、現状の日本の‘翻訳’の在るべきかたちを見直し、受信型翻訳から発信型翻訳へシフトし、西と東の融合に大きなきっかけを提示できればと考えます。
 
今、偉大なる翻訳者、福澤諭吉が生きていれば???
かれは豪放磊落にこう言ったかもしれません。
 
『一身独立すれば一家が独立し一国が独立する。一人ひとりがその目で世界を観て、
世界の中で日本の果たすべき役割を考えよ。日本はその深く、細やかなコミュニケーション力をもって世界の融和に果たせる力量を備えているということは誰しも否定しないであろう。まずは大志を抱き一人ひとりが行動してみよう。
やってもみないで事の成否を疑うな!』と。
 
更に、福澤諭吉は、翻訳者はどうあるべきかを問われて、こう言うかもしれません。
 
『行動する翻訳者たれ!!
その目で、その五感で良きものを見極め、それを己の文化に取り込み、更に己の文化を掘り下げこれを世界に伝えよ!そして、東西の半ばに立ち、東西文化、東西文明の融合に尽力せよ!!』と。

 

【シリーズ】「翻訳の観点から日本語を再考する」について読者の皆様から
ご感想やご意見を頂きたくべく、特集を組んでおります。
日本語について想うことお聞かせください。
予定項目、投稿規定は下記の通り、ご参照のうえご検討をお願い申し上げます。

予定項目 
第六回 プレインジャパニーズのすすめ(下記参照サイト)
https://www.babel-edu.jp/honse/200807lc.pdf

【シリーズ】翻訳の観点から日本語を再考する 
第七回 産業日本語を考えるー機械翻訳の視点から(仮題)

【シリーズ】翻訳の観点から日本語を再考する   
第八回 日本語教師が観る日本語観

【シリーズ】翻訳の観点から日本語を再考する
第九回 日本語はどうなる 1.

【シリーズ】翻訳の観点から日本語を再考する
第十回 日本語はどうなる 2.

●投稿規定
・テーマ「翻訳の観点から日本語を再考する」または、日本語について想うこと
タイトルは皆さまご自由におつけください。

・原稿締め切り日(掲載号一週間前・日本時間)
  月後半号掲載分→15日締め切り
  月前半号掲載分→前の月末日締め切り

 例)3月22日(月)掲載分→3月15日(月)
   4月  7日(水)掲載分→3月31日(水)

・ワードデータで文字数の目安は1,000字から2,000字
   文末に個人プロフィールを2,3行必須  

・この投稿には基本的には原稿料はお支払いしませんが、
 ワーキング生には5,000ポイント付与

皆様の貴重な考えを多くの読者と共有させてください。


下記E-Mail宛にWordファイル添付送信願います。
原稿送付先     葛西優子
 ykasai@babel.co.jp
              CC.で 堀田都茂樹  hotta_t@nifty.com