大きくする 標準 小さくする

第13回 カナダの書籍事情 - クリーバー海老原章子

2019/10/23


世界の出版事情 ― 各国のバベル出版リサーチャーより

第13回 カナダの書籍事情
-カナダの国技って何?






       
             クリーバー 海老原章子
(翻訳者、バベル翻訳専門職大学院修了)

  
 今、日本ではワールドカップラグビーだけでなくワールドカップバレーボールも盛り上がっていますね。他にもさまざまなスポーツで日本人選手の活躍が目立つようになり、そんな頑張るアスリートたち、多くの人に夢と勇気を与えてくれます。

 ところでカナダの国技は何か、ご存じですか?ひとつはアイスホッケー。これは容易に想像がつくのではないでしょうか。そしてもうひとつは、ラクロスです。先端にネットのついたスティックとボールを使うスポーツ、ラクロスの起源は現在のカナダ周辺の北米先住民族にあります。当時の先住民族が使用していたボールは木製で、スティックには鹿の筋や筋肉で編んだネットが張られていたそうです。神聖な競技であるラクロス。そのため選手は顔や体にペインティングを施していたと言われています。カナダでは、現在でも中学・高校・大学や社会人レベルで幅広くプレーされています。

 今回はカナダの国技、アイスホッケーとラクロスに触れた書籍をいくつかご紹介したいと思いま
す。


     
   
 The Warriors (2004)
    
ジョセフ・ブルチャック著

        邦訳無し
        題名(仮):『ウォーリアーズ』

       

        





作品について:
米国ワシントン州に引っ越してきた
12歳のジェイク。ラクロスチームのスタープレーヤーでありながらチームに馴染めないと感じています。そんな中、コーチが銃に打たれ入院してしまいます。チームのみんなは、先住民が信じるというラクロスのもつ治癒力をジェイクから感じていきます。そしてジェイクと他のチームメイトの間には違いがないことに気づきはじめます。

著者について:

1942年、ニューヨーク州生まれのジョセフ・ブルチャックは、アベナキ・インディアンの血を引く。アメリカ先住民の伝承を題材にした小説や絵本などを60
作以上手がけ、ボストン・グローブ・オナー賞など多くの賞を受賞する世界的に著名な作家。アメリカ全土とヨーロッパ各地で、先住民の説話を語るパフォーマンスを続けてきたことでも有名です。



   
 CUJO (2019)
   
カースティー・マクレラン・デイ 及び
          カーティス・ ジョセフ著

           邦訳無し
           題名(仮):『クジョ』

         


 





作品について:
世界のアイスホッケーファンの間で「クジョ」と呼ばれ親しまれるカーティス・ジョセフ。カナダのオンタリオ州出身のカーティスがスケートを始めたのは、だいぶ遅くなってからですが、
NHL 入りを果たし、セントルイス・ブルース、エドモントン・オイラーズ、トロント・メープルリーフス、デトロイト・レッドウィングス、アリゾナ・コヨーテズとカルガリー・フレームスで18シーズンをプレーしました。これだけのキャリアをもちながらスタンレーカップでの優勝経験がない、NHL のスーパースターとしては異例の経歴の持ち主。しかし、カナダをオリンピック金メダルに導いた立役者として人気があります。ゴールテンダーとして、そしてプライベートでのクジョの素顔が明らかになる、アイスホッケーファンであれば必読の一冊。

著者について:
カーティス・ジョセフ

NHLでゴールテンダーとして18シーズンを活躍。2002年のオリンピックではカナダ代表チームを金メダルに導きました。現在は、カリフォルニア・ハリケーンズのゴールテンダーのコンサルタントに従事しています。

カースティ・マクレラン・デイ
カナダのレジャイナ生まれのカーティスは、アイスホッケーに関する著書を多数手がける世界的に広く知られる作家。本書『クジョ』以外にも、カナダのスタープレーヤー、ウェイン・グレツキーの伝記「
99: Stories of the Game」も手がけています。現在は、アルバータ州カルガリー在住。


 
   
Who is Wayne Gretzky (2015)
       ゲイル・ハーマン著

       邦訳無し
       題名(仮): 『ウェイン・グレツキーってどんな人?』









作品について:
カナダのオンタリオ州、ブラントフォード出身のウェイン・グレツキーは、多くのアイスホッケーファンから「アイスホッケーの神様」「史上最も優れたホッケー選手」と認められる元プロアイスホッケー選手。愛称は「
The Great One」。本書は子供向けに読みやすくしたカナダが誇るアスリート、ウェイン・グレツキーのバイオグラフィー。


著者について:
ゲイル・ハーマン
Who Was Davy Crockett?』や『Who Was Jackie Robinson?』など、子供向けにバイオグラフィーやノンフィクションを多数手がけています。現在は米国マサチューセッツ州ニュートン在住。

 

【プロフィール】
クリーバー海老原 章子
バベル翻訳大学院法律翻訳修了。結婚後は夫の仕事の関係でマレーシア、トロント、アラブ首長国連邦に居住。現在は、カナダBC州のナナイモに一家5人暮らし。これまでに担当した書籍翻訳は3冊。フリーランスとして翻訳のお仕事をしています。





 

記事一覧