大きくする 標準 小さくする

翻訳者の中山利野さんから、翻訳を終えてのメッセージ!

2017/01/25

現在翻訳が進められている『The Yoga Face』。

The Yoga Face”は、女優・ライターでありヨガインストラクターでもあるアネリス・ハーゲンが、
ヨガやリラクゼーションの知識を集大成して開発した画期的な若返りプログラムです。

NY発日本初上陸となります!!


このプログラムを書籍化した『The Yoga Face』。

今回翻訳を担当された中山利野さんから翻訳を終えてのメッセージをいただきました!

顔ヨガから大きな学びを得たという中山さんが受け取ったこの本のテーマとは?

 


 このたび『顔ヨガ(the Yoga Face)』の翻訳に参加させていただきました。バベルブレスの共訳に参加したのは2回目になります。

 前回はアメリカの医学博士ティモシー・マッコール氏著の『メディカル ヨガ―ヨガの処方箋』です。
更年期障害のさまざまな症状に悩まされていた私は、自分の症状を少しでも和らげたいとヨガを始めたちょうどその頃、この本のことを知り、その内容に大変興味を持ち、翻訳に参加させてもらいました。この本との出会いでヨガを深く知り、その効果を確信し、以来ずっとヨガを続けてきました。
そのおかげか、更年期の諸症状はおさまり、風邪を引いたり、寝込んだりすることはあっても、おおむね元気に過ごしております。今、この本は私にとって健康のお守りのようになっています。
 
 ヨガを始めて10年ほどになりますが、私は体調の管理のことだけを考えてヨガを行ってきたので、ヨガを顔の若返りと結びつけて考えることはありませんでした。
そんな折り、ふとアネリス・ハーゲンさんというヨガのインストラクターの方が、顔ヨガに焦点を当てた本を出版されたことを知りました。私自身がヨガを行うことで肌が元気になったような気がしていましたから、その内容をとても知りたくなりました。
 
ヨガで体調がよくなり、おまけに顔まで若返るなんて夢のよう!
 
 早速共訳参加を決めました。顔ヨガについては日本でもいろいろ紹介され、認知度も上がっていますが、この本の翻訳を進めていくとともにその内容の濃さに驚きました。顔の筋肉を動かすだけにとどまらず、ヨガのポーズが顔のどの部分に効果があるのか細かく説明してくれています。それを知ることでポーズをしながら顔も意識することができるようになりました。
 
 顔の皮膚や筋肉や骨は顔だけ独立してあるわけではなく、体とつながり、脳とつながり、全体の一部として存在しているのです。顔を若々しく保つためには体も心も若々しく保たなければなりません。この本はそのことに気づかせてくれました。
今の自分の状態を知り、それに適した顔や体のヨガエクササイズや呼吸法を行い、心の平安を保つために瞑想や声を出すトレーニングを行う、その上食べるものや食べ方にも気をつけ、自分の肌に必要な栄養を与えることにまで言及しています。

 若さを保つための秘訣が満載なのです。
どのエクササイズもそれほど難しいものではなく、簡単にできてしかも効果はすぐに現れます。もちろんできないものや自分には合わないと思うものもありますが、あまりこだわらずに楽しくできそうなものだけを選んで行っていいのだと思います。その選択肢がたくさん載っているので、どれか自分に合うものが見つかるはずです。
 
 人の体の状態はさまざまです。年齢も違えば、生活環境もいろいろです。
私自身子どものころからあまり丈夫ではなく、健康に自信のあるほうではありません。だからこそ自分の体の状態に合わせてエクササイズを続ける必要があるのだと思っています。
人と比べるのではなく、「自分を知り、自分を認め、自分をいたわる」ことが何より生き生きと元気に暮らす大事な秘訣ではないでしょうか?

 生き生きと元気であれば必然的に顔も明るく生き生きと若々しくなってくるはずです。この本を読み終わると著者はそのことを伝えたいのだと実感します。この本の簡単なエクササイズ、楽しそうなエクササイズからすぐに始めてみませんか?
 未病を治す、つまりしみやしわは出てくる前に対処する、体や心は不調になる前に癒す、という観点からもお勧めです。
 
 いくつになってからでも遅くはないと思います。日々の積み重ねが驚きの嬉しい変化となって現れることを期待して、気づいた今から始めてみよう、と思っています。
この本は『メディカルヨガ―ヨガの処方箋』とともに、これからずっと私に寄り添ってくれる大事な本となるでしょう。




 『The Yoga Face』の予約販売受付中です
Facebookでも情報を公開していますのでチェックしてみてください!
https://www.facebook.com/The-Yoga-Face-165051960591691/



 
 

『メディカルヨガ ヨガの処方箋』 (発売中)

著者:Timothy Mccall                              
訳者:板谷いさ子、尾松恭子、角岡博子、クレアリー寛子、小林幸子、
       城内良江、高津啓子、中村美也子、中山利野、松本駒子   
監訳:中原尚美       
監修:岡部朋子                        

 著者のティモシー・マッコール氏はYoga Journal米国版の医療編集者を務めるヨガ・インストラクターにして、内科専門医。
米国医師会雑誌Journal of American Medical Association をはじめとする医学雑誌に多数執筆し、北米で大人気の雑誌Yoga Journal の医療編集者という実績を持つ人物です。

 そんなティモシー氏が統合医療としてのヨガの力を紐解く大著が『メディカルヨガ』(原題:Yoga As Medicine)なのです。

ヨガの基本用語の解説はもちろん、科学的に裏づけのあるヨガの効果、
喘息、腰痛、糖尿病、頭痛などのそれぞれの症状に対してヨガができることや学術的研究による立証、ヨガマスターの先生の言葉などを紹介。

理論と実践、そして科学的根拠を包括した大充実の内容です!!



☆顔ヨガ体験会のお知らせ☆
編集にご協力いただいた顔ヨガインストラクターの吉瀧智さんを講師に迎え、
無料で顔ヨガのレッスンがうけられる体験会「福顔ヨガ」も開催します!!

詳しい内容とお申込みはこちらからどうぞ!!