大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ニュース
  • 日本最古の歴史書「古事記」の読み聞かせアプリ『誰が作ったの?日本』が、3月31日に2話目を含むバージョンアップデートを実施

日本最古の歴史書「古事記」の読み聞かせアプリ『誰が作ったの?日本』が、3月31日に2話目を含むバージョンアップデートを実施

2015/04/06

2015年04月03日 10時 [教育サービス]
一般社団法人さざれいしジャパン
日本最古の歴史書「古事記」の読み聞かせアプリ『誰が作ったの?日本』が、
3月31日に2話目を含むバージョンアップデートを実施

一般社団法人さざれいしジャパンは、世界初*の試みとして日本最古の歴史書「古事記」の読み聞かせアプリ
『誰が作ったの?日本』を2015年1月より無料配信しています。3月31日、2話目を含むバージョンアップデートを実施しました。

日本古来の神話や歴史・文化・伝統を広く発信する活動を行っている一般社団法人さざれいしジャパン(所在地:大阪府吹田市、理事長:北川隆寿)は、世界初*の試みとして日本最古の歴史書「古事記」の読み聞かせアプリ『誰が作ったの?日本』の配信を2015年1月に開始しました。このたび、2話目を含むバージョンにアップデートをし、3月31日より公開しています。

▼URL http://www.sazareishi.or.jp

■効果音も入って、親子で楽しく「古事記」が学べるアプリ
かわいらしいイラストやわかりやすい文章と読み聞かせ機能で、子どもや親子で楽しみながら「古事記」を読むことができる紙芝居のようなアプリです。画面をタップすると雷や水の音が流れたり、「古事記」に由来する神社や解釈などが表示されるので「古事記」を身近に感じながら内容を理解することができます。

さざれいしジャパンは2015年1月に『誰が作ったの?日本』の無料配信を開始しましたが、3月31日に2話目を含めた最新バージョンのアップデートを実施。今後、上・中・下巻までの全内容も無料で配信していく予定です。また、英語やフランス語訳のアプリを広く世界に向けても配信する予定です。

さざれいしジャパンでは、和のこころと建国の歴史を学ぶことのできる「古事記」をはじめとする神話や歴史に関する情報の発信を通して、日本と日本人のアイデンティティや魅力を広く内外へ伝えていく活動を展開しています。4月からは、初めての方でも「古事記」を楽しく読んで学べる「さざれいしジャパン定期勉強会」もスタートいたします。

*一般社団法人さざれいしジャパン調べ

【『誰が作ったの?日本』について】
iPhone版(iOSアプリ)
カテゴリ: カテゴリ >教育(サブカテゴリ:ブック)
対応機種: iOS7.0以上
価格: 無料 
提供場所: App Store (「こじき」で検索) https://itunes.apple.com/jp/app/shuiga-zuottano-ri-ben/id954968083?mt=8
※「iPhone」は、Apple Inc.の商標または登録商標です。 
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

【さざれいしジャパン定期勉強会について】
タイトル:古事記を読む会
日時:4月11日(土) 午前10時~11時30分 以降、毎月第2土曜日
場所:大阪国際福祉専門学校(大阪市営地下鉄谷町線「夕陽ヶ丘駅」下車、5番出口すぐ)
講師:皇學館大学教授・文学博士・日本宗教学会理事 白山芳太郎先生

【一般社団法人さざれいしジャパンについて】
所在地:大阪府吹田市日の出町9-3 藤本ビル3F
理事長:北川隆寿
設立:2015年1月
URL:http://www.sazareishi.or.jp
活動内容:日本の神話・歴史・文化・伝統に関する情報を日本および世界へ発信


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:一般社団法人さざれいしジャパン
担当者名:深水 志織(ふかみず しおり)
TEL:06-6123-7088
Email:info@sazareishi.or.jp


提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ
 

ニュース&イベント一覧