大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ニュース
  • 自然を見つめる人の写真誌 「ライフスケープ」Vol.1、2015年1月20日発売

自然を見つめる人の写真誌 「ライフスケープ」Vol.1、2015年1月20日発売

2014/12/03

2014年12月03日 09時 [新聞・出版・放送告知・募集]
株式会社風景写真出版

自然を見つめる人の写真誌 「ライフスケープ」Vol.1、2015年1月20日発売

新雑誌「ライフスケープ」は、動物、昆虫、野鳥、水中、植物などのあらゆる生きものと、それらを取り巻く環境、また自然の一部としての人間の営みなどを、数々の美しい写真と魅力的な文章で紹介する写真誌です。Vol.1では世界で活躍する若手動物写真家・前川貴行氏を大特集。未発表最新作を掲載、人物像にも迫ります。

自然を見つめる人の写真誌
『ライフスケープ』、2015年1月20日創刊!

株式会社風景写真出版は、2015年1月20日(火)に『ライフスケープ』Vol.1(隔月刊『風景写真』臨時増刊号)を発売します。本誌のキャッチフレーズは「自然を見つめる人の写真誌」。動物、昆虫、野鳥、水中、植物などのあらゆる生きものと、それらを取り巻く環境、また自然の一部としての人間の営みなどを、数々の美しい写真と魅力的な文章で紹介します。また、大自然を相手にする自然写真家をはじめ、生きものの生態を研究する科学者、動物や植物を描く画家、さらには料理家、哲学者など、あらゆる分野で自然に関わっている人たちにフォーカスを当て、さまざまな角度から自然の魅力について考えます。
Vol.1では、世界で活躍する若手動物写真家・前川貴行氏を総力特集。前川氏は2012年にボルネオの森にたたずむチンパンジーの写真で「日経ナショナルジオグラフィック写真大賞」を受賞、以来その活躍はTBS「情熱大陸」などテレビ番組でも放映され、注目を集めています。本誌ではそんな前川氏を30ページ超にわたり特集。未発表最新作を数多く掲載し、その人物像にも迫ります。

(Vol.1の主な内容)
巻頭特集=動物写真家・前川貴行の世界/特集=こんなにも小さく美しい自然(写真・佐藤岳彦)/アトリエ訪問=琵琶湖のほとり、今森光彦のアトリエ/研究者インタビュー=無人島の絶滅危惧種を救え!(鳥類研究者・川上和人)/ネイチャースケッチ=動物画家・田中豊美の「自然をうつしだす手」/フォトコンテスト結果発表/ほか、ナチュラリストが多数登場!

(『ライフスケープ』詳細)
【発売日】2015年1月20日(火)(*Vol.1~Vol.3は隔月刊『風景写真』臨時増刊号として発刊)
【発刊サイクル】2015年は上記に続き5月20日(Vol.2)、9月20日(Vol.3)に発刊予定。2016年より季刊化を予定。
【判型】B5判(縦257ミリ×横182ミリ)、総164ページ
【価格】税込1,500円(本体1,389円)
【監修】今森光彦、久保敬親、栗林慧、水越武、中村征夫、吉野信
【発行】風景写真出版、【発売】ブティック社


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社風景写真出版
担当者名:高橋佐智子
TEL:03-3815-3605
Email:sachiko@fukei-shashin.co.jp


提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ
 

ニュース&イベント一覧