大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ニュース
  • 「おもてなし」英語を速攻マスター! 日本人ならではの心づかいが伝わる大人の英会話集が発売。

「おもてなし」英語を速攻マスター! 日本人ならではの心づかいが伝わる大人の英会話集が発売。

2014/11/25

2014年11月21日 14時 [新聞・出版・放送製品]
株式会社桐原書店

「おもてなし」英語を速攻マスター! 日本人ならではの心づかいが伝わる大人の英会話集!

もう英語で道を聞かれてもこわくない!英語で楽しくおもてなしをするために役立つ、とっておきの、しかもシンプルなフレーズを満載した英会話集の登場です!

 英語教材として定番の大ベストセラー『フォレスト』『ネクステージ』などの出版を手がける、株式会社桐原書店(本社:東京都新宿区 代表:斉藤 智、以下 桐原書店)は、『「日本大好き!」になってもらいたい心づくしの英会話:出会いから別れまで海外のゲストをもてなす英語表現169』を11月20日に刊行しました。

◆刊行のきっかけは東京五輪招致

 2020年、東京でのオリンピック開催が決定しました。招致に向けて、日本では強力なチームを編成し、日本の素晴らしさについて世界に向けて英語で猛アピールしたのはまだ記憶に新しいところです。中でも、「お・も・て・な・し」は流行語大賞に選ばれるなど、2013年の最注目のキーワードでした。
 この「おもてなし」の心は、日本人の行動やしぐさ、言葉の端々に現れる、独特の価値観とも言えます。そんな日本人ならではの心遣いを英語に乗せて伝えたい、もっと日本のファンを増やしたい、そういった思いから生まれたのが本書です。

◆増え続ける訪日外国人

 2003年にビジット・ジャパン事業(訪日外国人旅行者の増加を目的とした訪日プロモーション事業)が始まって以来、日本を訪れる外国人の数は急速に増加しています。日本政府観光局が11月19日におこなった最新の発表によると、今年1~10月の訪日外国人数は、前年同期比27%増の約1101万人でした。オリンピック開催の2020年には年間2000万人を目指すと言われています。
 そんな増え続ける訪日客を気持ちよくもてなし、積極的にコミュニケーションをとるために必要なのは、やはり「英語力」と言えます。もっとも、そのためには、高度で難解な言い回しや表現は必要ありません。実は、基礎レベルの構文や英単語だけでしっかりとした大人の会話は成立するものなのです。本書では、そういった文例を豊富に集めました。

◆英語で道を聞かれたら今度こそ答えたい!

 外国人から英語で道を聞かれた時、固まってしまったり、うろたえてしまったり、黙って立ち去ってしまったり、という経験を持つ人は少なくないでしょう。本書を読めば、そんなときの便利なフレーズを簡単にマスターできるようになります。実は、道案内の単語というのはごくシンプルなものだからです。
 本書では、このほかにも、「外国人と楽しく食事ができるようになる」「日本のことをうまく説明できるようになる」など、具体的なシーンを想定したリアルなダイアローグが満載で、とても実践的なつくりとなっています。
 本書は、特に、英語でのボランティアに興味を持つ大人の女性をメインの読者層に据え、装丁も和風で女性らしいものに仕上げました。

※書籍の詳細についてはこちらでご覧いただけます。http://www.kirihara.co.jp/detail/9784342000973.html


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社桐原書店
担当者名:柴田 亜矢子
TEL:03-5302-7020
Email:press-japan@kirihara.co.jp


提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ
 

ニュース&イベント一覧