大きくする 標準 小さくする

記事一覧

記事トップ

次へ>>

翻訳者の作業内容が変化している?[【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一]

投稿日時:2017/10/12(木) 11:45

オンラインのクラウド型翻訳サービス(例えば、「スピード翻訳」や「トランスマート」)がWeb上で利用できるCATツールを導入しました。しかも、翻訳メモリ機能だけでなくMTが統合されています。いよいよ新しい時代の幕開けとなりました。

ここで、これまでの流れをまとめておきましょう。

最近の翻訳を取り巻く環境はインターネットなどのIT技術の進化に伴い大きく変化し、翻訳の仕事も、短期間に大量の文書を高品質で翻訳することを求められるようになっています。

従来の人間による翻訳は、翻訳支援ツールや翻訳フロー管理ツールなどの力を借りて、最大限まで生産性を高めていますが、「情報爆発」とさえ言われる状況を打開するには不十分です。

そこで今、多くの企業が期待を寄せているのが「機械翻訳+ポストエディット」です。2010年頃から徐々に生産フローに組み込まれてきましたが、2016年11月のGoogleによるニューロ機械翻訳の発表により、翻訳業界には大変動の波が押し寄せています。訳文の流暢性が極めて高く、これまでの機械翻訳の出力結果とは全く違うという評判です。しかも、人間が手を加えなくても、良質な対訳データさえ与えれば、勝手に学習して自ら機能を向上させるようになっています。まだ、訳抜けや誤訳などが発生しますが、数年の内にはかなり改善されることでしょう。

翻訳業務を行うには、しっかりした翻訳力が必要なのは言うまでもありませんが、これからの翻訳ニーズを十分に満たすためには、従来の翻訳スキルだけでは不十分です。翻訳支援ツールを当たり前に使いこなせることが求められるようになるはずです。

翻訳テクノロジーを最も取り入れているのは「ローカライズ」と言われる翻訳生産の一形態です。もともとは、ソフトウエアの現地化に伴う翻訳がメインでしたが、現在では、企業活動のほとんどが電子データによるものとなり、それらの多くがWeb上でやり取りされるようになっています。原文の形式(レイアウト)をそのまま保持して翻訳するのは「ローカライズ翻訳」の得意分野ですが、今ではその手法を、IT系のマニュアルやヘルプだけでなく、Webサイトの翻訳などに応用しています。つまり、ビジネス関連などへジャンルが拡大しているのです。

今後、機械翻訳の機能が急速に向上し、それにつれて機械翻訳の出力結果をチェック・修正する「ポストエディット」の仕事が増加するのは間違いありません。2017年4月にはポストエディットの国際規格(ISO 18587)が発行され、これまで曖昧だった職業としての「ポストエディター」が確立されました。

さて、現状では機械翻訳はどのように利用されているのでしょうか。一例をあげてみます。

翻訳会社のプロジェクトマネージャ(PM)がプロジェクトを作成する際に、既存の翻訳メモリ(TM)を使ってマッチした訳文を一括で貼り込む「一括翻訳」を行います。これも「自動翻訳」の一種です。この時、指定したマッチ率より低いものは、空欄になってしまいますが、ここに機械翻訳の出力結果を自動的に取得します。
翻訳者は、事前に翻訳メモリと機械翻訳の訳文が貼り込まれた状態のファイルを使って翻訳を完成させます。

したがって、この場合、翻訳者の仕事は以下のようになります。

●100%マッチの訳文 ― プルーフリーディング
●ファジーマッチ(部分一致)の訳文 ― リバイズ(バイリンガルチェック)
●機械翻訳の出力結果 ― ポストエディット
●訳文全体の専門チェック ― レビュー

このように、機械翻訳はCATツールを使ったワークフローに組み込まれて利用されており。今後、この傾向は変わることはないでしょう。
翻訳者にとってCATツールの操作スキルと、訳文作成に関するマルチなスキルが必要になってきています。

みんなの自動翻訳をMemsourceで使ってみる(2)[【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一]

投稿日時:2017/08/24(木) 17:42

「みんなの自動翻訳@TtexTra」を「Memsource」に組み込んだら早速試してみましょう。(組み込み方は「みんなの自動翻訳をMemsourceで使ってみる(1)」で説明しました)。

<プロジェクトを作成する>

Memsourceでの作業の第一歩は、プロジェクトを作成することです。
プロジェクトの名称を決め、原文言語、訳文言語を指定します。
プロジェクトなので「納期」、「ステータス」、「購入番号」などの設定項目がありますが、特に入力する必要はありません。「ステータス」は「新規作成」で結構です。
 
さて、その下の「設定」にリスト表示されている項目は初期値が設定されていますので、必要に応じて変更すれば良いでしょう。

今回は、みんなの自動翻訳を試すのが目的なので、少なくとも「機械翻訳」の「プロジェクトMT」で前回設定した「みんなの自動翻訳NMT」を選択する必要があります。
「作成」をクリックしてプロジェクトを作成します。
 

「MT翻訳テスト」プロジェクトの画面に変わります。
 

ここでは、「翻訳メモリ」と「用語ベース」を選択しますが、既存のものがなければ「新規作成」します。

作成は簡単です。「新規作成」ボタンをクリックして「翻訳メモリ新規作成」画面を開いたら、名称を入力して、原文言語と訳文言語を指定し、「作成」ボタンをクリックするだけです。
 

用語ベースも同様に新規作成」ボタンをクリックして、「用語ベースの新規作成」画面が開いたら、言語を指定して、「作成」ボタンをクリックします。

 

これで大枠の設定ができたので、「Jobs」を「新規作成」します。

<原文を追加する>

「新規ジョブ」画面が開いたら、ここで原文を追加します。これがジョブの作成となります。
原文の「ファイル選択」を行い、訳文言語を確認し「作成」ボタンをクリックします。
ちなみに、「翻訳者に通達」はワークフロー機能なので、チェックを入れません。
 

参考までに、「ファイルインポートの設定」を見ておきましょう。
ここでは対応するファイルをどのようにインポートするかを設定できます。
例えば、Wordのコメントをインポートしたり、PowerPointのノートをインポートしたりして翻訳できます。

 

<対訳エディタを使う>

ダッシュボードの「Jobs」に設定したファイル名が表示されたらジョブの新規作成は成功です。早速、ファイル名をクリックして開いてみましょう。
 
対訳エディタが開きます。右のウインドウにMTの訳文が表示されるので、ダブルクリックすると、「Target ja-jp」のセルにMTの訳文が挿入されます。
 


「MT評価のジレンマ」と修正して「Ctrl+Enter」で確定します。確定すると、ステータスにチェックが入り、即座に翻訳メモリに保存されます。
右側のウインドウには修正して保存した翻訳メモリの訳文とMTの訳文が表示されます。
 

最後まで、MTの訳文を挿入してみました。
画面の下部にはプレビューが表示されます。カーソルのあるセグメントと同期しているので対応関係が分かりやすいですね。
題名以外手を入れていませんが、みんなの自動翻訳の品質はいかがでしょうか。
 

みなさんも色々な文章で試してみてください。
「ちょっと修正してみようかな」と思われるレベルの訳文なら十分に利用できるということです。これまでは、正直言って「修正する気にならない」という意見が多かったようですが。

みんなの自動翻訳をMemsourceで使ってみる(1)[【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一]

投稿日時:2017/08/03(木) 15:02

機械翻訳の使い方は色々ありますが、翻訳者が訳文作成の補助として使用するならCATツールに組み込むのが一般的です。翻訳業界もすでにその方向に進んでいます。
機械翻訳がニューロネットワークベースになって、従来の統計ベース機械翻訳の品質を上回るようになれば、「機械翻訳+後編集=翻訳」が本格的に実現することになります。
これまでは、機械翻訳の品質が悪いため、後編集するより最初から翻訳したほうが早いし品質も良くなると感じる翻訳者が大半たったため、「機械翻訳+後編集=翻訳」はほとんど普及しませんでした。
ニューロ機械翻訳は後編集する気になるような品質の訳文を提供してくれるでしょうか。
すでに、ニューロ機械翻訳の問題点が明らかになっています。そして、それらの問題点を克服しようと、すごい勢いで研究が推進されています。ここ、数年の内に、大いに改善されるのは間違いないでしょう。
みなさんも、今の内から、ニューロ機械翻訳に触れて、その進歩を観測していきましょう。
お金をかけずに、最先端の国産機械翻訳を体験するには、NICTが開発している「みんなの自動翻訳@TtexTra」を利用するのが最適です。

「みんなの自動翻訳@TtexTra」をクラウドベースのCATツール「Memsource」に組み込んで、後編集の練習をしてみましょう。

どちらも無料で利用できますが、アカウントの作成は必要です。早速登録しましょう。

みんなの自動翻訳@TtexTra
https://mt-auto-minhon-mlt.ucri.jgn-x.jp/

Memsource
https://cloud.memsource.com/

<機械翻訳エンジンの設定>

Memsourceのサイトにアクセスしてログインします。
画面の右上の方に、歯車のアイコンがあります。これをクリックすると「セットアップ」画面になります。
下の方にスクロールすると、「インテグレーション」のカテゴリの中に「機械翻訳エンジン」があるので、これをクリックします。
 

デフォルトでMicrosoft with Feedbackが設定されています。もちろん、このエンジンを使用することもできますが、ここは初志貫徹で、「みんなの自動翻訳@TtexTra」を追加します。
[作成]をクリックしましょう。


「機械翻訳エンジンを作成」画面が開きます。といっても、Memsourceで機械翻訳エンジンそのものを作成できるわけではありません。一瞬喜んだ人は気の毒ですが、あくまでもAPIを組み込むだけです。
それにしても、ずいぶん多くの機械翻訳を選択できますね。
ここは、ここは初志貫徹で、「NICT」(みんなの自動翻訳@TtexTra)を選択して[作成]をクリックします。

 

さて、設定項目は以下のようになります。
 

ここで、「みんなの自動翻訳@TtexTra」のサイトにアクセスしてログインします。

トップページの中ほどに「Web API」へのリンクがあるのでクリックします。
 

「Web API一覧」ページが表示されたら「自動翻訳リクエスト」の[一覧]をクリックします。

 

APIの一覧が表示されたら、「汎用NMT 【英語 - 日本語】」の[URL]ボタンをクリックします。お好みによって別のAPIを試しても結構ですが、ここでは説明の例としてこれを選んでいます。
 

APIの設定情報が表示されます。
必要なのは、「リクエストURL」「API key」「API secret」の値だけです。あとは、Memsourceに設定されています。
 


ここで、Memsourceの設定画面に戻って、必要な情報を入力します。
「種類」はすでに「NICT」になっています。
「名称」は任意です。ここでは、「みんなの自動翻訳NMT」としました。
「ユーザー名」はみんなの自動翻訳に登録したユーザー名を入力します。
「エンジン」はリクエストURLの最後の部分、「generalN_en_ja/」を入力。
「キー」は「API Key」の値をコピー&ペーストします。(手入力だとほとんど間違えます)。
「シークレット」は「API secret」の値をコピー&ペーストします。
「URL」は空欄で大丈夫です。
入力できたら[保存]をクリックします。
 
一覧に表示されて、ステータスが青くなれば成功です。ステータスが赤い場合はどこかが間違っていますのでやり直しです。
 

設定ができたら早速使ってみましょう。
使い方が分からない方は、次回の投稿を首を長くしてお待ちください。

Microsoftの「Try & Compare」ページ[【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一]

投稿日時:2017/07/21(金) 17:30

マイクロソフトも昨年(2016年)11月15日に、ニューロ機械翻訳を公開しています。
「Try & Compare」ページでは、ニューロ機械翻訳と統計機械翻訳を比較できます。
https://translator.microsoft.com/neural

試しに、巻頭言から拝借して訳文を出力してみましょう。

<原文>
2017年も半年が過ぎ、はやくも、8月を迎えます。瞬く間に年の後半に入りますね。

<訳文①>
Six months, early, celebrates August 2017. It quickly enters the second half of the year.

<訳文②>
In 2017, half a year passed, and early August. The second half of the year is in the blink of an instant.

訳文①と訳文②ではどちらが分かりやすいでしょうか。
また、どちらがニューロ機械翻訳でしょうか。

<答え>
訳文①統計機械翻訳
訳文②ニューロ機械翻訳

みなさんも試してみましょう。

音声翻訳アプリVoiceTraがニューラル機械翻訳で精度アップ[【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一]

投稿日時:2017/07/13(木) 17:00

音声翻訳アプリVoiceTraを試した人も多いかと思います。
これまでは対訳コーパスに基づく統計翻訳(SMT)を採用し、大きな成果を上げてきましたが、今回は話題のニューラル機械翻訳(NMT)を取り入れてさらに精度がアップしたとのことです。
話し言葉は書き言葉と違って、文法的に破格な場合が多いので、昔ながらのルールベース翻訳(RBMT)では良い結果が出なかったのですが、SMT、NMTと技術が躍進して、いよいよ実用段階に入ってきたようです。あとは、ハードウエアやアプリの使い勝手の向上がカギとなりそうです。

プレスリリース
http://www.nict.go.jp/press/2017/06/28-1.html

以下、コピペです。
VoiceTra(ボイストラ)
話しかけると外国語に翻訳する音声翻訳アプリ。見やすい画面で簡単に操作でき、翻訳結果が正しいかどうかも確認できる。翻訳できる言語は31言語(中国語、ポルトガル語の方言を含む)。うち、21言語が音声で入力可能、16言語が音声出力可能。ダウンロード、利用は無料。
http://voicetra.nict.go.jp/index.html 

次へ>>

<< 2017年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

テーマ一覧

最新記事一覧

【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 翻訳者の作業内容が変化している?  2017/10/12(木) 11:45
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 みんなの自動翻訳をMemsourceで使ってみる(2)  2017/08/24(木) 17:42
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 みんなの自動翻訳をMemsourceで使ってみる(1)  2017/08/03(木) 15:02
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 Microsoftの「Try & Compare」ページ  2017/07/21(金) 17:30
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 音声翻訳アプリVoiceTraがニューラル機械翻訳で精度アップ  2017/07/13(木) 17:00
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 Googleがニューラル機械翻訳の作り方を公開  2017/07/13(木) 16:46
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 「MTフェア2017」参加レポート(3)  2017/07/06(木) 15:33
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 「MTフェア2017」参加レポート(2)  2017/07/06(木) 14:34
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 「MTフェア2017」参加レポート(1)  2017/07/06(木) 09:50
【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一 ブログをはじめました  2017/06/29(木) 14:05
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第15回 総合的翻訳支援ソフト「PC-Transer 翻訳スタジオ V21」  2013/12/25(水) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第14回 テキスト解析ソフト「Analyze Assist」  2013/12/10(火) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第13回 テキストファイル比較ソフト「WinMerge」  2013/11/25(月) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第12回 クリップボード監視ソフトなら「クリップアウト2000」  2013/11/10(日) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第11回 便利なユーティリティソフト「PathText」と「WinShot」  2013/10/25(金) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第10回 バイナリ文書対応のGrep検索が便利な「VxEditor」  2013/10/10(木) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第9回 翻訳作業に便利なテキストエディタ「Apsaly」  2013/09/25(水) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第8回 翻訳ユーティリティの定番「Okapi Rainbow」  2013/09/10(火) 14:30
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第7回 校正・推敲支援ツール「Tomarigi」  2013/08/25(日) 14:00
<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法 第6回 翻訳者のためのHTMLエディタ 「TagAssist」  2013/08/10(土) 14:00