大きくする 標準 小さくする

■翻訳に役立つソフトウェア活用法

【試用レポート】『PC-Transer 翻訳スタジオ V19』

投稿日時:2011/11/24(木) 13:43rss

 
<試用レポート>「PC-Transer 翻訳スタジオ V19」
 
翻訳メモリ機能が大幅に強化され、さらに訳文品質が向上

  

小室 誠一  翻訳システムテクノロジスト
(バイリンガルサービス事業 マネージャー、株式会社 バベル)

 



今回は、株式会社クロスランゲージより、10月7日に発売されたPC-Transer 翻訳スタジオの最新バージョンV19の試用レポートをお届けします。

◆製品紹介ページ
http://www.crosslanguage.co.jp/products/pc-transer_v19/


 
PC-Transerはほぼ毎年バージョンアップされ、今年でV19となりました。インターフェースが大幅に変更され「翻訳スタジオ」の名前が付いたのはV12からです。すでに成熟の域に達したソフトといえるでしょう。

ここまで来ると、新機能を付加する余地も少なくなってきますが、今回はなんと、翻訳メモリ機能を拡張するという、記念すべきバージョンアップとなりました。外見上は目立ちませんが、翻訳メモリを活用する有効なツールとなったことは間違いありません。

強力な辞書機能を有するルールベースの機械翻訳エンジンと、高性能の翻訳メモリ機能をシームレスに連動させることで、翻訳作業の効率を大幅に向上できることは、これまでにも十分に説明してきましたが、翻訳メモリ機能の拡張により、さらにきめの細かい訳文のコントロールが可能になりました。

今回は、この翻訳メモリ機能と、英文ワードカウント機能を取り上げます。
それ以外は、前バージョンとそれほど変わりはありませんので、併せて以下の記事もお読みください。
総合的翻訳支援ソフト「PC-Transer 翻訳スタジオ2011」
 
 
<翻訳メモリの拡張>
 
それでは、実際にどこがどのように変わったのか見てみましょう。

「翻訳設定」の「訳文生成方法」に項目が追加されています(図1)。
 
(図1)

この中で、新たに追加されたのは以下の3つです。

「自動文型一致文検索」
「部分完全一致文検索」
「部分文型一致文検索」


従来のバージョンでも「文型一致文検索」はPC-Transerならではの機能でしたが、これが拡張されて、自動的に変動要素をタグ付けして検索するのが「自動文型一致文検索」です。

翻訳メモリというのは基本的にセグメント(通常はセンテンス)ごとに検索するために、ビジネス文書などはほとんど完全一致せず、翻訳メモリの恩恵に浴することができませんでした。 「部分完全一致文検索」では、フレーズが部分的に一致すればその部分が採用され、残りは機械翻訳されて訳文が生成されます。

さらに、フレーズに変動要素のタグ付けをして翻訳メモリ登録することで、「部分文型一致文検索」にマッチすると、変動部分に機械翻訳で訳文が挿入されたフレーズが採用され、あとは「部分完全一致検索」と同様に訳文が生成されます。


●実例

「自動文型一致文検索」(図2)

ここでは、以下の対訳を翻訳メモリに登録します。

The pages of this magazine are all mixed up.
この雑誌はページが前後している。

文番号6は、機械翻訳で出力しています。
文番号7は、上記翻訳メモリを使って、完全マッチしたところです。訳文の文字がすべてグリーンになっています。
文番号8と9「自動文型一致文検索」がマッチしています。訳文の青文字がマッチした部分、黒い文字は機械翻訳出力です。

この翻訳メモリをエクスポートしてみると、以下のような文型メモリが自動的に生成されていました。

The pages of this <$1> are all mixed up.
この<$1>はページが前後している。

(図2)


「部分完全一致文検索」(図3)

文番号13、14、15は以下のフレーズ翻訳メモリにマッチしています。文字がグリーンになっている部分が完全マッチしています。黒文字の部分は機械翻訳の出力文です。

I don't want you to get lost,
迷うといけないので、


(図3)


「部分文型一致文検索」(図4)

文番号19と20は以下の、部分文型メモリにマッチしています。

If your payment in full is nor received by <$1>
<$1>までに全額お支払いいただけない場合、

by以下の「tomorrow」「one week prior to the course」が機械翻訳の訳文に置き換わり、残りの部分の機械翻訳訳文と合体して、全体の訳文が出力されています。


(図4)

*機械翻訳出力の部分(黒文字)が不自然な場合は、ユーザー辞書登録で訳語を変更することができます。

 
●部分一致翻訳メモリ登録の注意

翻訳メモリ登録画面が少し変わりました。

部分一致文検索用の翻訳メモリを登録する場合、「文節」「位置」「品詞」を設定しないと検索されないことがあります。

例えば、文番号13、14、15で使用した以下の翻訳メモリは、(図5)のように指定しました。

I don't want you to get lost,
迷うといけないので、

(図5)

 

<英文ワードカウント>

翻訳する文書の分量を調べるには英文ワード数をカウントするのが一番です。
ワードカウントをするソフトはたくさんありますが、やはり別のソフトを起動せずにカウントできるようになったのは便利です。

「ツール」→「英文ワードカウント」をクリックします(図6)。


(図6)

「英文ワードカウント」は翻訳エディタ上のワードカウントを行うのではなく、カウント画面にファイルを追加して実行します(図7)。

(図7)


カウントできるファイル形式は、PC-Transerの形式以外に、HTML、Word、PDF、RTF、TMXなど主なものはほとんどあります。
特に、TMXのワードカウントはなかなか便利です。
ファイルの文字エンコードや英文が対訳のどちら側にあるか指定できます。
 


 
PC-Transerの最大の特徴は、ユーザー辞書や翻訳メモリをカスタマイズして翻訳品質をコントロールできる自由度が高いことです。
デフォルトでも十分使えるようになっていますが、アイディアと工夫次第で何倍もの威力を発揮してくれます。
みなさんも、ご自分のニーズに合わせて使いこなしていただきたいと思います。



 

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
5e49367ef9789d2cd1a02c563077a9bf.png?1469521053
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: