大きくする 標準 小さくする

■翻訳に役立つソフトウェア活用法

第11回 辞書ソフトの定番「Personal Dictionary」

投稿日時:2011/01/25(火) 14:00rss

 第11回 辞書ソフトの定番「Personal Dictionary」
 
小室 誠一  翻訳システムテクノロジスト
(バイリンガルサービス事業 マネージャー、株式会社 バベル)
 
この連載では、翻訳ソフトや翻訳メモリソフトに限らず、翻訳業務の効率化に役立つソフトウェアを取り上げて、その活用法を紹介します。

 


 
第11回は、辞書ソフトの定番ともいえる「Personal Dictionary」(シェアウェア、試用制限無し)を取り上げます。
 
翻訳作業効率化のポイントは、なんといっても用語管理でしょう。Excelなどを使わなくても、一括登録や追加削除などの編集機能がついた、PDIC(Personal Dictionary)があれば十分です。長年、翻訳者の間で愛用されてきたPDICのUnicode版もすっかり安定しています。
 
「Personal Dictionary」は以下のWEBページからダウンロードできます。
http://homepage3.nifty.com/TaN/
 
最新版は「PDIC/Unicode Ver.5.4.23」です。(2011年1月20日現在)
http://homepage3.nifty.com/TaN/unicode/
 
Unicode版になってから、辞書の設定方法が分かりにくいという声をよく聞くので、今回は、辞書設定を詳しく見てまいりましょう。実例として、PDIC用のフリー辞書「理工系英和辞書」をダウンロードして設定します。
 
理工系英和辞書「ele」は以下のページからダウンロードできます。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/edu/se166644.html
 
 
<辞書設定方法>

 
ダウンロードした「理工系英和辞書」ELE300.ZIPを解凍すると、「ele.txt」というテキストファイルが現れます。テキストエディタで開いてみると以下のように上下対訳形式になっています(図1)。
これが「PDICテキスト」という辞書ソース形式です。これを一括インポートするわけです。つまり、手持ちの用語集もテキストエディタなどを使ってこの形式にすれば、簡単に一括登録できてしまうのです。
 
(図1)
  
 
(1)新規辞書の作成

 
最初に空の辞書を新規作成します。
「File」メニューから「辞書設定」をクリックしてください(図2)。
 
(図2)
 
「辞書設定」ダイアログが開いたら「辞書ファイルの追加・作成」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします(図3)。
 
(図3)
 
続いて「1 新しい空の辞書の作成」にチェックを入れて「次へ」をクリックします(図4)。
 
(図4)
 
作成する辞書の種類を指定します。「1 通常の辞書」にチェックを入れて「次へ」をクリックします(図5)。
 
(図5)
 
辞書ファイル名を分かりやすいものに変更します。ここでは「理工系英和辞書.dic」としておきます。作成場所はデフォルトのままで結構です。入力したら「次へ」をクリック(図6)。
 
(図6)
 
さらに、辞書グループ名を入力します。ここでは辞書名と同じ「理工系英和辞書」としました。入力が済んだら「次へ」をクリックします(図7)。
 
(図7)
 
「次へ」をクリック(図8)。
 
(図8
 
これでやっと完了です。「完了」ボタンをクリックして「辞書設定」ダイアログを閉じます(図9)。
 
 (図9)
 
 
(2)辞書のインポート

 
「File」メニューから「辞書設定<詳細>」をクリックします(図10)。
 
(図10)
 
「辞書設定」ダイアログが開きます。先ほど作成した「理工系英和辞書」が辞書グループの一覧に表示されており、その中で使用されている辞書が、右側の使用辞書一覧に表示されています。まだ空っぽなので、登録単語数が「0」になっています
「理工系英和辞書.dic」を選択して右クリックするとプルダウンが表示されるので、「辞書のマージ」をクリックします(図11)。
 
(図11)
 
「辞書のマージ設定」ダイアログが開いたら、「変換元ファイル形式」を「PDICテキスト形式」にして、「参照」ボタンをクリックし、辞書ソースファイル「ele.txt」を指定します。設定が済んだら「OK」をクリックします(図12)。
 
(図12)
 
変換が完了すると「変換結果」ウインドウが表示され、登録数などが表示されます。4673語が登録されたのが分かります。確認したら「OK」をクリックして閉じます(図13)。
 
(図13)
 
 
(3)辞書検索

 
「WORD」の欄に見出しを入力すると検索結果が表示されます。デフォルトではインクリメンタルサーチになっているので、1文字入力するごとにすぐに検索されます(図14)。ここでは「a」と入力しただけで、aで始まる語句が表示されています。
 
(図14)
 
任意の見出しをダブルクリックすると「辞書編集:修正」ウインドウが開いて、見出し語や訳語を修正したり、用例を追加したりできます(図15)。
  
 (図15)


 
今回はPDICの辞書設定方法を詳しく説明しました。一見面倒に思われるかもしれませんが、慣れれば簡単に追加できます。表示方法や検索設定など、詳細な設定をするには「Tools」メニューの「設定」をクリックします。「自動検索」の「ポップアップ」機能や、「履歴単語検索」機能、さらには「全文検索」機能など充実した機能が盛りだくさんです。ぜひ活用してください。

コメント


1.親切な解説有り難うございます。お陰様で、理工系英和辞書がPdicで使え るようになりました。
2.Wikipedia日英京都関連対訳コーパスは、どのように設定すれば、使えま すか? 上記の辞書設定とはどこを変えるのでしょうか?
 変換元ファイル形式を,PDICテキストにすると、文字化けするので、PDIC
形式にして、マージすると、変換合計単語数437,939が登録されますが、
 検索できません。 右クリックして、和英辞書作成を選択しても、同じで  す。
 ご多忙中、恐れ入りますが、もし可能でしたら、ご教示おねがいいたしま  す。
 

Posted by 開田 進 at 2014/06/25 09:00:58+09 PASS:

DLMarketで無料ダウンロードできる「Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス(PDIC/Unicode形式)」のことでしょうか。
このファイルは既に、PDIC形式の辞書ファイルになっているので、変換する必要はありません。
「既存辞書の追加」でこのファイルを指定して追加するだけで使えるはずですが。実際にやってみると、対訳ファイルなので「辞書」とはちょっと違う作りになっているようです。

Posted by 小室 誠一 at 2014/08/07 11:36:52+09 PASS:

ちなみに「Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス(PDIC/Unicode形式)」のダウンロードは以下のページから。
http://www.dlmarket.jp/products/detail/187874#

Posted by 小室 誠一 at 2014/08/07 11:38:10+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
14b99b80ac07f351540f8e71e0d4d903.png?1469426837
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: