大きくする 標準 小さくする

【ブログ】翻訳テクノロジーあれこれ by 小室誠一

進化するOmegaT (1)

投稿日時:2021/11/25(木) 15:26

OmegaTについての紹介記事を「翻訳に役立つソフトウェア活用法」に書いたのは、2010/09/25のことです。

フリーの翻訳メモリソフト「OmegaT」
http://e-trans.d2.r-cms.jp/blog_detail/id=34

当時は、「翻訳メモリソフト」と「翻訳ソフト」を区別していたことが分かります。
翻訳支援ソフトには大きく分けて、対訳データベースによる訳文の再利用をメイン機能とする「翻訳メモリソフト」と、翻訳エンジンを搭載して自動的に訳文を出力する「翻訳ソフト」とがあります。

今では、翻訳支援ツールに機械翻訳を組み込んで利用するのが標準になっています。

OmegaTはその後もアップデートを繰り返し、どんどん進化しています。

筆者もこの十数年、20種類以上の翻訳支援ツールを利用してきましたが、個人が業務で利用するツールとして、OmegaTは素晴らしいツールだと再認識しています。

そこで、「翻訳メモリ+機械翻訳」を十分に活用でき、しかも無料で使用できる翻訳支援ツールのOmegaTを改めて数回に分けて取り上げてみたいと思います。

OmegaTについての詳細は以下のWebサイトをご覧ください。
OmegaT - multiplatform CAT tool
https://sourceforge.net/projects/omegat/

OmegaT、自由に使える翻訳メモリツール
https://omegat.org/ja/

現在、ダウンロードできるバージョンは2種類あります。
通常版:OmegaT 4.3.2
最新版:OmegaT 5.7.0

実務で利用する場合は通常版をダウンロードしてください。これが安定版です。
「通常版」と「最新版」の違いは更新されたマニュアルが配布されているかどうかだけだそうです。
OmegaTは、ボランティアによって開発されているので、最新版のマニュアル更新が遅れたりすることがあるようです。

OmegaT 4.3.2をダウンロードしてインストールしてみましょう。
https://omegat.org/ja/download




Windows版を見ると次の3種類あります。
Windows (JRE付き)
Windows (64-bit, JRE付き)
Windows (JRE無し)

JREというのは、Java Runtime Environment(Java実行環境)のことです。OmegaTはJavaでプログラミングされているので、JREがインストールされていればWindowsでもOS XでもLinuxでも動作します。
JREがすでにインストールされているか分からない場合は、JRE付きを選んでおけば大丈夫でしょう。

無事インストールできたら起動してみましょう。


とりあえず今回はここまで。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

プロフィール

小室誠一
1990年から機械翻訳のユーザーとして活用法の研究を行う。
バベル翻訳大学院で、「翻訳者のためのテキスト処理」「翻訳支援ツール徹底活用」など、ITスキルに関する講座を担当。
 

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】

ブログ一覧

ブログ 7日間のアクセスランキング