大きくする 標準 小さくする

<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法

第12回 クリップボード監視ソフトなら「クリップアウト2000」

投稿日時:2013/11/10(日) 14:30


 
第12回 クリップボード監視ソフトなら「クリップアウト2000」
 
小室 誠一  翻訳システムテクノロジスト
(バベル翻訳大学院eトランステクノロジー研究所)
 
   
 
今回も、筆者が愛用しているフリーのユーティリティソフトを紹介します。
翻訳や文書作成にコピー&ペーストは付き物です。この機能では、「コピー」を行うと前のデータと置き換わってしまいます。できるだけコピーの操作を減らして、ペーストを効率的に行う場合に役立つのがクリップボード管理ソフトです。
 
■クリップボードを有効活用できる「クリップアウト2000」
 
クリップボード監視ソフトの主な機能は、コピーしたデータを保持することと、そのデータを再利用してペーストすることです。
 
今回紹介するクリップアウト2000はWindows XP対応のソフトですが、Windows 7でも問題なく動作します。
 
クリップアウト2000は以下のページからダウンロードできます。
http://homepage1.nifty.com/chappy/lib/libcp20.htm
 
ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストール先を指定して「OK」をクリックするとファイルが解凍されます。
解凍されたフォルダを開いてdClipOut.exe をダブルクリックするとクリップアウト2000が起動します(図1)。
 
(図1)
 
このソフトは常駐型なので、画面を閉じても終了せず、クリップボードを監視し続けます。
 
画面を開くには、タスクバーのアイコンをダブルクリックします(図2)。
 
(図2)
 
文章を作成していて、コピーすると「クリップテキスト」に貼り付きます。
次々にコピーしても前のデータは残ります。
データは最大500個まで保持されます。
 
上記の3つの文を1文ずつ範囲選択して、「Ctrl+C」でコピーしてみました(図3)。
 
(図3)
 
このように、最後にコピーしたデータが一番上になっています。
データを選択してダブルクリックするとペーストすることができます(図4)。
このコピー履歴は、テキスト形式で保存できます。
 
(図4)
 

画像にも対応しています。「クリップグラフィック」タブをクリックするとコピーした画像の一覧が表示されます(図5)。
この画像もテキストと同じようにWordなどにペーストできます。
画像はビットマップ(BMP)形式で保存できます。
 
(図5)
 
カスタムテキスト機能を使えば、あらかじめ登録しておいた文字をペーストできます(図6)。
 
(図6)
 
カスタムテキストはユーザが自由に編集できます(図7)。
 
(図7)
 
オプション設定で動作方法をこまかく設定できます。
たとえば、履歴の追加方法を変更すれば古い順にすることもできます(図8)。
 
(図8)
 
 
■クリップアウト2000の活用方法
 
対訳ファイルから手作業で用語を抽出するときに、抽出したい文字列を範囲選択して「Ctrl+C」を押すだけで「クリップテキスト」に格納されるので便利です。
この時、「履歴の追加方法」を「最後に追加する」に変更しておけば、見出し→訳語の順番になります。

 

抽出が終わったら「クリップテキスト」の文字をすべて選択して「名前を付けてファイルに保存」します(図10)。
 
(図10)
 
保存したテキストファイルを秀丸エディタで開いて、英語と日本語の間にタブを入れた形式に置換します(図11)。
 
検索:([a-zA-Z].*)\n
置換:\1\t
正規表現にチェックを入れる
 
(図11)
 

タブ区切りの形式になったら、すべて選択してコピーします(図12)。
 
(図12)
 

Excelにペーストして罫線などを入れれば簡易用語集の出来上がりです(図13)。
 
(図13)
 

みなさんもいろいろな活用法を工夫してみましょう。

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
e6e0cf6260982839c5d505d2bf3ac3ab.png?1511237478
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

プロフィール

小室誠一
1990年から機械翻訳のユーザーとして活用法の研究を行う。
バベル翻訳大学院で、翻訳者のためのテキスト処理など、ITスキルに関する講座を担当。
また、フリーの翻訳者として毎日CATツールを使うのが嬉しくてたまらない。
ブルーグラス、バードウオッチング、俳句をこよなく愛しているが、最近は孫と遊ぶのに夢中。

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】

ブログ一覧