大きくする 標準 小さくする

<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法

第5回 まだまだ使える「Wordfast Classic」

投稿日時:2013/07/25(木) 14:00


 
第5回 まだまだ使える「Wordfast Classic」
 
小室 誠一  翻訳システムテクノロジスト
(バベル翻訳大学院eトランステクノロジー研究所)
 
   
 
今回紹介するWordfast Classicは、Microsoft Wordをインターフェースとした、昔ながらの翻訳メモリ(TM)エンジンです。ライセンス未登録の状態で最大110 KBの翻訳メモリ、または約500 TU(翻訳ユニット)まで作業することができるので、小さな案件なら十分に使えます。
Wordfast の最新版のWordfast Proは、独自のインターフェースをもった統合型翻訳支援ツールになりました。確かに高機能で大きなプロジェクトにも対応できますが、Wordで翻訳することの多い人で、ちょっと翻訳メモリツールを使ってみたい人にはWordfast Classicのほうが手ごろなツールと言えるでしょう。Word2007や2010にも対応しています。
 
Wordfast Classicは以下のページから無料でダウンロードできます。ついでにマニュアルもダウンロードしておきましょう。
 
■Wordfast Classicをインストールする
 
Wordfast ClassicはWordアドインのテンプレートファイル(Wordfast.dot)です。
これをWordに組み込めばインストール完了です。
 
Word2007で見てみましょう。
 
Officeボタンをクリックしてメニューの一番下にある「Wordのオプション」をクリックします(図1)。
 
(図1) 
 
Word2010なら、「ファイル」→「オプション」です(図2)。
 
(図2) 
 
「Wordのオプション」画面が開いたら「アドイン」をクリック(図3)。
 
(図3) 
 
アドインの画面が開いたら一番下の管理で「Wordアドイン」を選択し「設定」ボタンをクリックします(図4)。
 
(図4) 
 
「テンプレートとアドイン」画面が開いたら「追加」ボタンをクリックして「Wordfast.dot」を選択します。使用するテンプレートの一覧にファイル名が表示されたらチェックを入れて「OK」をクリックします(図5)。
 
(図5) 
 
これでインストールが完了です。
 
リボンの上のクイックアクセスツールバーにアイコンが追加されます(図6)。
 
(図6) 
 
これならリボンを非表示にしても大丈夫なので、画面を広く使えます(図7)。
 
(図7) 
 
 
■Wordfast Classicを使ってみる
 
さっそく使ってみましょう。
 
最初に翻訳メモリを作成します。
メニューの一番左の設定アイコンをクリックするか、Ctrl+Alt+Wキーを押してしてください(図8)。
 
(図8) 
 
設定画面が開いたら「TM」タブ→「Create New TM」をクリックし、メッセージに従って翻訳メモリを作成します(図9)。
 
(図9) 
 
翻訳したい原文をWordで開いたらメニューの下向き矢印ボタン(Start Translation/Next segmant)をクリックすればセグメントが開いて訳文を入力できるようになります(図10)。
 
(図10) 
 
訳文を入力したら同じように下向き矢印ボタンをクリックして翻訳を進めて行きます(図11)。
 
(図11) 
 
Copy Sourceボタンをクリックすれば原文が訳文セグメントにコピーされるので、製品名を原文のまま残すときに便利です(図12)。
 
(図12) 
 
翻訳が完了したらEnd Translationボタンをクリックします(図13)。
 
(図13) 
 
このように原文と訳文が対になったものをバイリンガルファイルと言います。
 
このバイリンガルファイルから原文を削除して訳文だけのファイルを作成するのがClean Upです。
Quick Clean-upボタンをクリックすれば訳文だけのファイルが出来上がります(図14)。 
 
(図14) 
 
このように原文のレイアウトを保持したまま翻訳することができます。
 
この他、Wordfastには翻訳メモリツールとして基本的な機能が十分に備わっています。
最後に、Analyse機能を紹介しておきます。
設定画面を開いてTools→Analyseをクリックすると、(図15)のような分析結果画面が表示されます。セグメント数、ワード数、文字数が繰り返し率とともに集計されます。
 
 
(図15) 
 
使用方法はマニュアルに詳しく書かれているので、色々な機能を試してみましょう。
Wordの上書き翻訳には必須のツールと言えるでしょう。
 
 

コメント


wordfastデモ版で勉強中のの初心者です。大変参考になりました。ありがとうございます。
質問ですが、TMの有効性は理解できましたが、完全一致以外(部分一致)の場合の翻訳は、部分的に一致するものと理解しておりますが、部分一致翻訳が機能しませんでした。どうしてでしょうか?ご教示頂ければ幸いです。

Posted by wordfast初心者 at 2014/02/20 10:02:53+09 PASS:

原文を比較して同じ部分が全体の何パーセントあるか(確か70%だったと思います)調べて、それ以上ならファジーマッチとして、訳文を取得してくれます。
注意しなくてはならないのは、翻訳メモリの訳文をそのまま取得するということです。異なる部分をハイライトしてくれないので、自分で判断する必要があります。
「部分一致翻訳が機能しませんでした」というのは、単に70%以上マッチしなかったのではないかと思います。

Posted by 小室 誠一 at 2014/02/25 10:54:59+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
b2a27474170f07ddccdb7c6a81a7ddbb.png?1511402057
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

プロフィール

小室誠一
1990年から機械翻訳のユーザーとして活用法の研究を行う。
バベル翻訳大学院で、翻訳者のためのテキスト処理など、ITスキルに関する講座を担当。
また、フリーの翻訳者として毎日CATツールを使うのが嬉しくてたまらない。
ブルーグラス、バードウオッチング、俳句をこよなく愛しているが、最近は孫と遊ぶのに夢中。

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】

ブログ一覧