大きくする 標準 小さくする

<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法

第4回 Chromeブラウザで動く翻訳支援ツール「Isometry」

投稿日時:2013/07/10(水) 14:00


 
第4回 Chromeブラウザで動く翻訳支援ツール「Isometry」
 
小室 誠一  翻訳システムテクノロジスト
(バベル翻訳大学院eトランステクノロジー研究所)
 
   
 
翻訳作業に必要な機能を一まとめにした翻訳支援ツールは数多くありますが、今回はGoogle Chromeブラウザのアドインとして軽快に動くIsometry (アイソメトリー)を紹介します。
 
Isometryの特徴は、翻訳メモリの部分一致検索を重視していること、セグメンテーションがセンテンス単位ではなく、段落(改行)単位であること、Chromeで動くクラウド型であることなど、従来の翻訳支援ツールとは一味違っています。
また、翻訳文書が20個、ツール(翻訳メモリ、用語集など)が5個までは無料で利用できます。月額980円で翻訳文書が2000個、ツールが100個まで使用できるようになります。
 
■Isometryをインストールする
 
Isometry はChromeのアドオンソフトです。
通常のソフトとインストール方法が違いますので、ちょっと詳しく見て行きましょう。
 
その前に、Chromeはインストールされているでしょうか?
なければ直ちにインストールしましょう。
http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/
 
それではIsometry のWEBページにアクセスしましょう。
http://www.isometry-trans.com/ja/
 
Isometry のWEBページが開いたら「Chrome ウェブストアへ」をクリックします(図1)。
 
(図1)
 
Chrome ウェブストアのIsometry3のページが開くので、「CHROMEに追加」をクリックします(図2)。
 
(図2)
 
「新しいアプリの確認」画面が開いたら「追加」ボタンをクリックします(図3)。
 
(図3)
 
Chromeの画面にIsometry3のアイコンが追加されたら完了です(図4)。
 
(図4)
 
このアイコンをクリックするとログインを求められますので「Googleアカウントでログイン」をクリックして先に進みます(図5)。
 
(図5)
 

Googleアカウントへのアクセス権限のリクエスト画面が開いたら、使用するアカウントを選択して「許可する」ボタンをクリックします(図6)。
 
(図6)
 
インストール完了です。
ちょっと面倒くさそうですが、メッセージに従って進めていけばすぐに終わります。
 

■Isometryを使ってみる
 
さっそく使ってみましょう。
サンプルが用意されているので、「新規翻訳」の下にある「サンプルをインポートする」をクリックしてみます(図7)。
 
(図7)
 
日本語 >> 英語のサンプルをインポートします(図8)。
 
(図8)
 
これがサンプル文書を開いたワークベンチの画面です(図9)。
 
(図9)
 
ここでは左右対訳になっていますが、上下対訳に変更することもできます。
訳文側のセルをクリックすると訳文が入力できます。
「Tab」キーで次の段落に移動します。
コメントを入力したり、原文を訳文にコピーしたり、用例集の100%一致文を挿入したり、Google翻訳の訳文を挿入したりできます。
また、用例集とのマッチ率を計算する「統計情報」機能も当然付いています。
 
操作自体は、おもな翻訳支援ツールと同様なので、すぐに使いこなせるようになるでしょう。
 
■対応するファイル形式
 
読み込める原文ファイルは、テキスト形式、HTML、マイクロソフトWord 2007と2010、Excel 2007と2010です。
 
このような翻訳支援ソフトでマイクロソフトWord 2007以降のファイルを扱う際に問題になるのが、マークアップの処理です。とにかく異常なほどにタグがついてしまい、翻訳する気力が失せてしまった経験のある方も多いでしょう。
Isometryでは、デフォルトで「シンプルなマークアップ」がされるようになっています。これは段落の最初のフォントがマークアップされ、途中のフォントは無視されます。オリジナルと異なってしまうものの、作業しやすくなります。
 
用例集、用語集、辞書を一まとめにしたのが「ツール」です。
「ツールを作成」画面から作成できます(図10)
読み込めるファイル形式は、タブ区切りテキストとTMXです。TMXは翻訳メモリの互換形式なので、他の翻訳支援ツールで作成した翻訳メモリもそのまま利用できます。
PDIC(Personal Dictionary)のXMLファイルも使用できます。
 
(図10)
 
この他、WEBアプリケーションなので、どこからでもIsometryにログインすれば、同じ作業環境で翻訳できます。また、友人を招待して文書を共有できるので、共訳作業もスムーズに行えます。
 

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
7af136b7fa324d0431aceaed759d2a8b.png?1511237504
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

プロフィール

小室誠一
1990年から機械翻訳のユーザーとして活用法の研究を行う。
バベル翻訳大学院で、翻訳者のためのテキスト処理など、ITスキルに関する講座を担当。
また、フリーの翻訳者として毎日CATツールを使うのが嬉しくてたまらない。
ブルーグラス、バードウオッチング、俳句をこよなく愛しているが、最近は孫と遊ぶのに夢中。

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】

ブログ一覧