大きくする 標準 小さくする

<新>翻訳に役立つソフトウェア活用法

第1回 簡単にTMXが作成できる「Align Assist」

投稿日時:2013/05/25(土) 14:10


 
第1回 簡単にTMXが作成できる「Align Assist」
 
小室 誠一  翻訳システムテクノロジスト
(バベル翻訳大学院eトランステクノロジー研究所)
 
   
 
この連載では、翻訳ソフトや翻訳メモリソフトに限らず、翻訳業務の効率化に役立つソフトウェアを取り上げて、その活用法を紹介します。
 
対訳ファイルを作成するアラインメントツールは数多くあります。翻訳メモリ機能のある翻訳支援ツールに付属していることが多いのですが、なかなか「これだ!」と言えるものがありません。
今回はその中でも、無料で使い勝手のよい「Align Assist」を使ってみたいと思います。
 
■Align Assistを使ってみる
 
Align AssistはFelixという翻訳支援ツール用のソフトですが、これだけ単体で利用できます。しかも無料です。
以下のサイトからダウンロードできます。
http://jp.felix-cat.com/tools/align-assist/
 
対応するファイル形式も、Microsoft Word (.doc, .rtf)、PowerPoint (.ppt)、Excel (.xls, .csv)、HTML、XML、Text、PDFと、一通りそろっており、うれしいことに翻訳メモリの標準形式であるTMXファイルで保存できます。
 
起動してみると、基本画面はいたってシンプルです(図1)。
 
(図1) 
 
基本的な使い方は、「参照」ボタンをクリックして、「原文ファイル」と「訳文ファイル」を指定してから「整合」ボタンをクリックするだけです。
早速やってみましょう。
 
■Align Assistで翻訳メモリを作成する
 
試しに、短文の英文と和文を対訳にしてみます。
ファイルを選択してから「整合」をクリックします(図2)。
 
(図2) 
 
「文節の取り込みが完了しました」とステータスが表示されて、「整合」画面が開きます(図3)。
 
(図3) 
 
この画面で、正しく対訳になっているかどうか確認します。最初から100%正しく対訳にできるアラインメントツールはないと思ってください。最終的に目視でチェックする必要があります。
 
対訳がずれていたら、手作業で修正します。したがって、修正しやすいかどうかがアラインメントツールを選ぶ際のポイントとなります。
 
Align Assistには、「分割」「統合」削除」「交換」というメニューがあります。これらを使って正しい対訳に修正します。
 
ここで「整合」画面の右下のステータスを見てください。原文と訳文の行数が食い違っています。どかで訳文(和文)が1箇所余分に分割されているようです。
 
じっくり見ていくと、ありました(図4)。原文の1センテンスを2つに分割して訳している箇所が原因でした。文末判定は、英文の場合はピリオド、和文の場合は句点が基本です。
 
(図4) 
 
以下のように原文と訳文が1対2になっています。
 
The mock turkey was a failure, no one wanted to eat tofu for Thanksgiving.
まがいものの七面鳥は失敗であった。
感謝祭に豆腐を食べたい者は誰もいなかったのだ。
 
翻訳メモリは1対1が原則ですからどちらかに合わせなければなりません。英日翻訳の場合は、英文に合わせればよいでしょう。
 
訳文のセルを選択して「統合」をクリックします(図5)。
 
(図5) 
 
131と132の訳文が、131に統合されました(図6)。
 
(図6) 
 
このような調子で、2文のはずが1文の場合は「分割」を使用して2文にしたり、順番を入れ替えるときは「交換」を使用したりして調整してください。
 
調整が完了したら保存します。
「上書き保存」メニュー→「TMXメモリの保存」をクリックします(図7)。
 
(図7) 
 
TMXメモリの保存画面が開いたら、ファイル名を入力して「保存」をクリックします(図8)。
 
(図8) 
 
言語選択画面が開きますので、「Source language」には原文の言語、「Target language」には訳文の言語を指定します(図9)。
ここでは、「Source language」に「English(United states)」、訳文に「(Japanese)」を指定しています。
 
(図9) 
 
作成されたTMXファイルを秀丸エディタで開いてみましょう(図10)。
「encoding」がutf-16になっています。TMXのバージョンは1.4です。
 
(図10) 
 
作成したTMX形式の翻訳メモリは、マルチステップ翻訳処理でおなじみの、フリーの翻訳支援ソフトOmegaTの「tm」フォルダに入れるだけで使用できます(図11)。
 
(図11) 
 
 
無料のソフトでも、このように実務的な環境を整えることができます。
手軽に利用できるので、翻訳支援ツール初心者でも日ごろから使い慣れておくことをお勧めします。
 

コメント


バベル翻訳大学院
小室 誠一 様

初めてメールさせていただきます。
定年退職の7年前まで、大学の動物医療系学部におりまして、これまで居住地域の街興しにかかわってまいりましたが、プロジェクトが終了した今年から、脳の機能低下防止にと、医歯薬系の翻訳(日英)を始めて6カ月ほど経ちました、翻訳初心者です。
 最近、ほんの少しづつですが翻訳件数が増えてきつつありますので、翻訳メモリを利用して翻訳のスピード化を図りたいと思い、とりあえず、Google Translation Toolkit を利用して翻訳メモリにデータを蓄積したいと思っています。
しかし、実際に翻訳原文(今のところ、英文)をアップロードしようと試みるのですが、TMX ファイルを正常にアップロードするには、TMX 1.0 以降の仕様に準拠している必要があります と表示され、アップロードが実行できません。
 今、あわててTMXファイルについて検索し、どうすれば英文(.docx)ををTMX文章に変化できるかを自分なりに検討しておりました。
先ほど、先生のこのWebページを拝見し、かなりわかってきた気がいたします。まず、お示しいただいたFelixという翻訳支援ツール用のソフトをダウンロードし、文章のTMX化にチャレンジしたいと思っています。
 私の理解では、先生の示し頂いたWeb内容から推察し、ワード文章をこのFelixソフトを用いてTMXファイルに変換し、それをgoogle translation toolkit にアップロードし、機械翻訳を目視翻訳で修正し、翻訳メモリに保存する、という手順で進めていけるものと思いました。
 日ごろご多忙な先生からコメントをいただくには大変失礼とは思いますが、お時間が開いた時で構いませんので、私の理解に間違いがないか、あるいはFelixソフトの使用に関して、何かコメントでもいただけましたら幸甚に存じます。
 まずは、困っておりまし折に素晴らしいWebを拝見することができた喜びのあまりのメールとさせていただきました。

Posted by 川村清市 at 2013/08/21 12:51:58+09 PASS:

和文(原文)と英文(訳文)でやってみました。
「ソース原稿の文節」に和文が表示されませんでした(無表示)
操作画面は日本語になっています。
tmxファイルを作ったら、それには。和文と英文と、両方が取り込まれていました。

※「ソース原稿の文節」に和文が表示されない(無表示)原因は何でしょうか?また、その対策を教えてください。

Posted by 江府市停 at 2016/07/27 21:24:24.654738+09 PASS:

日本語が表示されないのは、フォントの指定が不適切なためだと思われます。
整合画面が開いたら、[ツール]→[書式]をクリックして、「フォント」画面を開きます。ここでフォントを変更してみてください。「メイリオ」がよいかと思います。

Posted by 小室 誠一 at 2016/10/07 10:40:19.819968+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
a468eef342f4f5445f06f48e05acd904.png?1511408163
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

プロフィール

小室誠一
1990年から機械翻訳のユーザーとして活用法の研究を行う。
バベル翻訳大学院で、翻訳者のためのテキスト処理など、ITスキルに関する講座を担当。
また、フリーの翻訳者として毎日CATツールを使うのが嬉しくてたまらない。
ブルーグラス、バードウオッチング、俳句をこよなく愛しているが、最近は孫と遊ぶのに夢中。

編集部宛投稿メール

編集部宛の投稿は以下のフォームからお送りください。

みなさまの投稿をお待ちしております。

 

【編集部宛メールフォーム】

ブログ一覧