大きくする 標準 小さくする

「 2019年 秋季、新たに8名の翻訳専門職修士が誕生!!」
 






  

 


バベル翻訳専門職大学院 学長 湯浅美代子
 


 
 皆さま、こんにちは、早くも11月22日号の配信となりました。今年もあと数日余りで12月。一年が経つのが早いです。

 先日、11月16日は、ハワイ州ホノルルにて、本学、バベル翻訳専門職大学院の「秋季・翻訳修士学位授与式」を開催いたしました。昨年来、ハワイ島の活火山、キラウエアの火山流の噴出が継続しておりましたので、もしも噴火ともなれば開催できるかどうか心配しておりました。しかし、相変わらず火山流の噴出は続いていますが、大きな噴火には至らず、無事に学位授与式を開催することができ、ここに新たに、8名の翻訳専門職修士号の学位取得者が誕生しました。
皆様、本当におめでとうございます!!とても感慨深いものがあります。

 本学、バベル翻訳専門職大学院の【翻訳専門職修士学位】授与式は、毎年2回、春季5月は東京の市谷にある学士会館にて行い、秋季11月は、本学所在地のハワイ州ホノルルにて開催しております。本学はハワイ州オアフ島ホノルルに大学院本部がありますが、インターネットを通じて学ぶシステム翻訳専門職大学院ですので、世界のどこにいながらでも入学することができ、いつでも、どこででも、自分のペースで学習可能なシステムとなっています。

 最近ではビジネス環境の大きな変化に伴い、アメリカの多くの通学制の大学、大学院がインターネットを通じて学習するシステムも取り入れるなど、様変わりをしてきています。本稿でずっと述べてきましたが、インターネット・テクノロジーの第五世代へと技術開発が進み、いまやあらゆる分野で、本学が採用してきたインターネット学習システムが、本格的な学習環境を提供することが可能であることを理解し、活用する方向へと変化していることを実感します。

 従来の通学制の学習スタイルは、学習システムとしては、小学校から高校くらいまでの低学年の学習環境としては必要なことは理解されますが、高校レベルになると自習能力が高まり、通信制の高校は既に登場しています。したがって、大学、大学院レベルになれば、インターネットを通じて学ぶことは、とても有利な実践プログラムとなっているのです。

 そこでは、実践的な翻訳トレーニング、ビジネス・学術情報リサーチ、多言語情報翻訳リサーチなどに加え、自主的学習システムをベースとした学習・研究を必要とする大学院レベルの学習環境においては、従来の通学型の大学のシステムは必ずしも十分ではなく、必須でもなくなってきています。

 その理由は、このインターネット・テクノロジー環境において、①情報検索、リサーチ、図書館データベース機能、②対話・コミュニケーション機能、③制作コンテンツの送信機能、④コンテンツの表現・表示機能、⑤計算機能、⑥同一コンテンツの共同制作・編集機能、⑦それらコンテンツの保存機能など、翻訳及び知的生産活動に必要なシステム・ツールであり、同時にデータベースであり、共同作業環境でもあるという万能システムとなっている、ということだからなのです。


 
全文を読む

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 
 

特集連載
『 翻訳で何をしたいのか 』再び

 
『ブレのない人生を送る-深い知恵』



 


 



バベル翻訳専門職大学院(
USA)  副学長 堀田都茂樹





1回 「翻訳のプロとして‘MY DOMAIN’を創る
   ― 翻訳者としてのエフィカシーをどう高めるか」 に続き
回 「抽象のはしごを自在に上り下りし、どこに至る」に行く前に

 閑話休題、『ブレのない人生を送る-深い知恵』を差し上げましょう。とは言いながら、その知恵は私のこれまでの人生をあたかもトレースしてくれて、その結論を導き出してくれたようにさえ思える田坂広志さんのお知恵を拝借します。

ここでは田坂広志氏の最新の著書『運気を磨く-心を浄化する三つの技法』(光文社新書)と関連書『すべては導かれている―逆境を越え、人生を拓く五つの覚悟』(小学館)をご紹介しましょう。 

https://www.amazon.co.jp/dp/4334044395/
http://amzn.to/2zLQ2tB
 

 これまでの田坂先生とのお付き合いは
20余年(本を通じてのお付き合いは30年以上)でしょうか。そもそもの出会いは私のつまらないミスがきっかけでした。私は(株)バベルの専務取締役として、1990年代、当時のほとんどの企業が目指していた、グローバル、そして、インターネットをキーワードに世界にどう打って出ようかと考えていた時期です。
 
 当時から書店にいくたびに田坂氏の新刊を探している自分がいました。あるとき、田坂氏が主宰されていたシンクタンク(ソフィアバンク-私は上智大学出身なのでこの名称も縁を感じていました)の業務内容を見ていた時、インターネットで配信している情報番組を見かけ、これは!!と思い、社員にこれを研究しようとメールを送ったのですが(送ったつもりでした)、それがなんと凡ミスで田坂氏本人に届いてしまったのです。
 
 ところが、田坂氏が待っていたというばかりに、堀田さん、お話をしましょう、という返答でした。おまけに、当時、私が働いていた六本木一丁目の泉ガーデンビルの3階上で働いていると言うではないですか。そんな不思議な縁から田坂先生とのお付き合いが始まりました。そこから田坂先生(ここからは私は田坂氏の主宰する田坂塾の塾生ですので先生と言わせていただきます)のご著書を英訳するというお付き合いが始まりました。先生の本を英訳して世界に!というのが私の役割でした。
 
 今回、これらの著書を紹介させていただこうと考えましたのは、この本をPRしようとの意図ではありません。この本を拝見していて、この本が私のこれまでの人生を整理していただき、背中を押していただいたように感じたからであり、これらの本こそ私が知己を得た多くの方に読んでほしいと考えたからです。また、この2冊は2つ合わせて一つのまとまりとなると思いますので、以下、そのようにお伝えします。
 
 田坂先生はこう語ります。

 筆者は、大学の工学部で長く研究者の道を歩み、科学的教育を受けた人間である。それゆえ、基本的には唯物論的な世界観によって研究に取り組んできた人間である。ただ、一方で、筆者は、これまでの68年の人生において、運気と呼ばざるを得ない出来事を数多く体験しており、それゆえ、この運気と呼ばれるものの存在を決して否定できないと感じている。従って、自身の科学研究者としての立場から、この運気というものの科学的根拠が存在するならば、それを明らかにしたいと考えた。

 そして、こう語ります。

 「良い運気」を引き寄せるため、心の世界をポジティブな想念で満たそうとしても、我々の心の奥深くには、すでに、多くのネガティブな想念が溢れている。そのため、そのネガティブな想念を消すことなく、ただ、ポジティブな想念を持とうとしても、すでに心の中に存在するネガティブな想念の力が、ポジティブな想念の力を打ち消してしまうのである。

さらに、無理にポジティブな想念を抱こうとすると、我々の心は「双極的な性質」を持っているため、無意識の世界に、逆に、ネガティブな想念が生まれてしまう。そのため、ポジティブ思考は、しばしば逆効果になってしまうのである。

 そして、続けます。

「無意識を変える方法」として最も大切なのは、
「ポジティブな想念」を抱く方法ではなく、
「ネガティブな想念」を消す方法なのである。


 そして、この「ネガティブな想念」を消す方法とは3つあると言います。

「人生の習慣を改める」、すなわち、「無意識のネガティブな想念」を浄化していく技法。
「人生の解釈を変える」、すなわち、「人生でのネガティブな体験」を陽転していく技法。
「人生の覚悟を定める」、すなわち、「究極のポジティブな人生観」を体得していく技法。


その一つ目、「人生の習慣を改める」、すなわち、「無意識のネガティブな想念」を浄化していく技法。
それは、三つの習慣を身に着けること。


全文を読む
第236号掲載記事
WEB版 The Professional Translator
2019年12月7日号 (第236号) <新創刊2010年2月24日第1号発行/通巻第664号>

全ての記事をお読みいただくためには!

定期購読のご案内は こちらから
※公開記事はどなたでもお読みいただけます

 ------------------------- < 目次 >-------------------
【公開記事】
特別寄稿
機械翻訳の現在 - 翻訳業界のMTの動向をどうとらえるか-小室誠一


【公開記事】

世界の出版事情 ―各国のバベル出版リサーチャーより
第16回
アメリカ発、多様な年末行事に関する書籍レポート
-柴田きえ美


 ハワイ絵本レポート
-ハワイの生き物を題材にした絵本-マリ・ピンダー



【公開記事】

絵本の世界・絵本と世界 
第21回 あそべる絵本 特集2 おとなが楽しむ 仕掛け絵本 
- 絵本のえらび方:
紙と物語のコラボレーション松本由美


【公開記事】
第154回 Books and Rights Marketplace BRM NEWS


こんにちは、ロドリゲスです。

さて、今回も2つのニュースをご紹介します。

日本国内の外国人児童約2万人、不就学の可能性

As Many as 20,000 Foreign Children in Japan Not Schooled

マルセル・プルーストの未発表作品、フランスで出版される
Lost Works of Marcel Proust to Published in France


【連載】
JTA News & Topics

第131回 英語歌詞翻訳(ロック・ポップス編)」セミナー
 
提供:(社)日本翻訳協会


【連載】
翻訳の歴史研究

第177
回 源氏物語と「御法」(みのり)川村清夫

【連載】
特許翻訳入門 
第11回 すんなり入れる特許翻訳
—機械分野の明細書翻訳-奥田百子 


【連載】※毎月7日発行
英文メディアで読む

第79回 「英文メディアで読む」
急展開する香港情勢
対応に迫られる共産党指導部-前田高昭
















 

【ニュース&イベント】

タイトル

ログインが必要です

記事をご覧いただくには、購読者IDとパスワードによるログインが必要です。
ゲストメンバー登録されると最新号の記事のみご覧になれます。

【バベルグループのニュース】

[更新]

The Professional Translator

WEB版 The Professional Translator

>>定期購読はこちら

(定期購読されますと、以下のバックナンバーもPDFでご覧いただけますので大変お得です)


 


The Professional Translator 2010年1月号(PDF版)

>>ご購入はこちら

 

The Professional Translator 2009年10月号(PDF版)

>>ご購入はこちら 

 

The Professional Translator 2009年7月号

>>ご購入はこちら

 

The Professional Translator 2009年4月号

>>ご購入はこちら

 

The Professional Translator 2009年1月号

>>ご購入はこちら