大きくする 標準 小さくする

「差取りは悟り?既成概念の世界からいかに脱出するか?
-準備できていますか?2019年から2020年は、大きな変換の時です。その③」






  


 

バベル翻訳専門職大学院 学長 湯浅美代子


 
 皆様こんにちは、6月、7月に引き続き87日号の記事をお休みしました。表題にある通り、このところ進展している画期的な世界の変化に対応するためのリサーチやそれへの理解、試行=思考・錯誤に熱中、格闘する日々を過ごしているためです。

 そんな中で、切実に感じるのは、今回の変化は画期的で、まさに、既成概念に捉われない!!という理念との格闘だという実感です。つまり、現在、共通の認識、既成概念となっているこの世界が、我々現代人の概念体系、知識体系として、世界の隅々まで浸透し、共有され、その既成概念化が、半端ないレベルに達してまとわりついているということです。

 今、起きている変化が、単にテクノロジーの変化だと言う捉え方では、今回の変化を実感するのには不十分かもしれません。言わば、5Gの世界から始まる新世界のテクノロジーの本質を知るには、認識の拡大・変容が伴う必要があるのではないかと気づいたのです。そのような本質的大変化が起きようとしているのです。凄いワクワクですね。

 これは、翻訳を学び日頃から翻訳に従事されている読者の皆様にはお分かりのように、【翻訳とは異文化との衝突を乗り越えて通じ合わせる試み】と言えるのですから、恐れるに足らず、かもしれません。今起きているテクノロジーの変化は、ある意味、
翻訳の本質そのものが、世界の現象として表れているとも考えられるのです。

 それは、すなわち、既成の観念、事実となっているこれまでの文化・文明と、5Gをきっかけに表れてくる新たな文化・文明の衝突と言えますし、文明の衝突に匹敵する大きな変容・変化が起きてくる、というレベルなのです
変化・変容が起きるとは、私たちの外界認識、世界認識、自己認識などの【認識システム】に大きな揺らぎが起きて従来の価値観が変化していくことを示しています。

 
過去の認識方法のままでいると、現代の驚異的な情報の増殖、置き換えの時代には、これまでの蓄積した情報がすっかり古くなり、不適応誤訳 が予想されます。従って、変化に適応できる思考のためには、情報に対する感度をあげ、予想を立てては比較対照し推敲する、というように、従来の思考システムとの整合性を取りながら進めるプロセスが必要なので、結構時間と手間がかかります。今まで慣れてきた仕組みや生活習慣は、それなりに居心地がいいので、なかなか変えにくいからなのです。これまでのなじみ深い習慣が、変化の大敵!となってくるのですね。


全文を読む



 


 

 


 
 

サーカスの象

 



 


 



バベル翻訳専門職大学院(
USA)  副学長 堀田都茂樹





サーカスの象は、
逃げられないように、
足に小さな足かせと鉄球を
幼い頃からつけられると言います。

始めは逃げ出そうとして
一生懸命引っ張るのですが、
まだ幼く力がないため、
ビクともしません。

利口な象は、
「動かすのは無理なんだ」と悟り、
おもりを引っ張る努力をやめてしまいます。

しかし、その後こんなことが起こります。


全文を読む
第229号掲載記事
WEB版 The Professional Translator
2019年8月22日号 (第229号) <新創刊2010年2月24日第1号発行/通巻第657号>

全ての記事をお読みいただくためには!

定期購読のご案内は こちらから
※公開記事はどなたでもお読みいただけます

 ------------------------- < 目次 >-------------------
【公開記事】
世界の出版事情 ―各国のバベル出版リサーチャーより
第10回  カナダのティーン向け書籍レポート - クリーバー海老原章子


【公開記事】

絵本の世界・絵本と世界 
第14回 ことば・文字であそぶ絵本 その4
絵本のえらび方:ことばであそぼう!
松本由美


【公開記事】
【特集】
世界で活躍するビジネス・パーソンのパスポート―
アメリカCAP(Certified Administrative Professional)資格

第二十四回 私にとってのCAP資格 -河田幸

【公開記事】
第147回 Books and Rights Marketplace BRM NEWS


こんにちは、ロドリゲスです。

 本当に暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?
 夏といえば、”すいか“日本では各地の動物園でぞうにプレゼントして
 豪快に食べる様子が見られるようですが、アメリカでは全米で大きな
 イベントが行われます。フルーツの名前のついた大きなイベントは
 スイカだけでは?なぜでしょう。知っている方はぜひ教えてください。
 さて、スイカでも買いにいきましょうか? 
                             

今回もニュースを二つご紹介します。


日本で国際ブックフェアが開かれなくなった理由

The Disappearance of International Book Fairs in Japan

アンデルセンの名作『人魚姫』に隠された秘密
The Queer Secret Behind Andersen’s “The Little Mermaid”


【連載】
JTA News & Topics

第124回「英字新聞を徹底的に読み解く!(4)」セミナー第3回 
提供:(社)日本翻訳協会


【連載】
翻訳の歴史研究

第170回 柏木と女三宮の密通に対する光源氏 川村清夫



【連載】※毎月22日発行
『総合的な翻訳による英語教育』
16
成田一


【連載】※毎月22日発行
東アジア・ニュースレター 

第104回 東アジア・ニュースレター
―海外メディアからみた東アジアと日本 ― 前田 高昭


 

【ニュース&イベント】

タイトル
記事 『未来につながる働き方 じぶんサイズで起業しよう!』(鈴木淑子著)(SIBAA BOOKS)、2017年5月下旬、全国書店にて発売。
教育 四十言語目の語学参考書『初級ウクライナ語文法』刊行記念、黒田龍之助連続トークイベント開催
教育 <カナダからの災害復興支援> カナダの語学教育サービス企業が、自然災害被災地の語学教師向けに独自の給付型奨学金制度を開始
研究報告 日本薬学会 第136年会で研究発表 「霊芝菌糸体培養培地抽出物(MAK)の抗疲労効果」
記事 『スマホ老眼』の実態を調査 原因は“ピント調節筋”のコリ! 眼科医が語る対策ポイント
教育 日本人留学生500人が選ぶ、世界の語学学校ランキング「Japan Best School Award 2016」を発表
教育 英語教育の第一人者「東後勝明」特別講演会3月26日「英語の楽しみ方」NHKラジオ英会話でお馴染みの東後勝明先生の話が聞ける。どなたでもお気軽にご参加ください。
記事 メディカルフィットネスラボラトリー株式会社と医療法人ナイズ、スマホで遠隔医療
教育 「インターネットに助けを求める子どもを安全に支援団体と繋ぎたい」NPO法人3keysがクラウドファンディングで、 140万人の中高生の悩みに寄り添うサイト作成
出版 胸に突き刺さる言葉の重みで増刷が決定! 「新宿三丁目ゲイバー・ラブママのハーフカレンダー2016」が、11月10日より再びお目見えです

ログインが必要です

記事をご覧いただくには、購読者IDとパスワードによるログインが必要です。
ゲストメンバー登録されると最新号の記事のみご覧になれます。

【バベルグループのニュース】

[更新]

The Professional Translator

WEB版 The Professional Translator

>>定期購読はこちら

(定期購読されますと、以下のバックナンバーもPDFでご覧いただけますので大変お得です)


 


The Professional Translator 2010年1月号(PDF版)

>>ご購入はこちら

 

The Professional Translator 2009年10月号(PDF版)

>>ご購入はこちら 

 

The Professional Translator 2009年7月号

>>ご購入はこちら

 

The Professional Translator 2009年4月号

>>ご購入はこちら

 

The Professional Translator 2009年1月号

>>ご購入はこちら